Business b-ridge データをMySQL にレプリケーションするPowerShell スクリプト

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge Data Cmdlets

Business b-ridge データにリアルタイムアクセスできる簡単に使えるPowerShell Cmdlets セット。Cmdlets を使って、SQL サーバーと同じようにリアルタイムデータを簡単に読み出し、書き込み、更新、および削除できます。



PowerShell でシンプルなスクリプトを記述し、Business b-ridge data をMySQL データベースにレプリケーション(複製)。

CData Cmdlets for Business b-ridge をつかって、PowerShell からリアルタイムBusiness b-ridge data に連携できます。データ同期などのタスクの連携にぴったりの製品です。 本記事では、PowerShell からCData Cmdlets for Business b-ridge およびCData Cmdlets for MySQL を使って、同期スクリプトを作成して実行します。

まずは、PowerShell でBusiness b-ridge への接続を行います。レプリケーションは4つのステップがあります。

When connecting to Business b-ridge, CompanyKey, ProjectKey, and SubscriptionKey are required.

To obtain the SubscriptionKey, follow the steps below:

  • Log in to Business b-ridge API Protal and go to "Profile" in the "Your name" menu.
  • In your subscription section click "Main Key" to retrieve their respective values.

Authenticate to Business b-ridge Account

Set the following connection properties to connect:

  • CompanyKey: Set the Business b-ridge Company Key of the connection destination.
  • ProjectKey: Set the Business b-ridge Project Key of the connection destination.
  • SubscriptionKey: Set the value "Subscription Key".

Business b-ridge データの取得

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module BusinessBridgeCmdlets
  2. Business b-ridge への接続:

    $businessbridge = Connect-BusinessBridge
  3. 取得ターゲットのリソースの取得:

    $data = Select-BusinessBridge -Connection $businessbridge -Table "CDATA"

    Invoke-BusinessBridge cmdlet を使って、SQL-92 クエリを使用することもできます:

    $data = Invoke-BusinessBridge -Connection $businessbridge -Query 'SELECT * FROM CDATA WHERE ItemTypeId = @ItemTypeId' -Params @{'@ItemTypeId'='1'}
  4. 戻り値からカラム名のリストを保存します。

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name

Business b-ridge データをMySQL データベースに入れます

カラム名を指定できるようにして、データをMySQL データベースにレプリケーションします。

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module MySQLCmdlets
  2. MySQL DB に、MySQL Server 名、ユーザー、パスワード、レプリケーション先のデータベース名を指定して、接続します:

    $mysql = Connect-MySQL -User $User -Password $Password -Database $Database -Server $Server -Port $Port
  3. Business b-ridge、保存された値、そしてAdd-MySQL Cmdlet を使って、MySQL にデータを1レコードずつ挿入します。この例では、MySQL 側のテーブルは、Business b-ridge のリソース(CDATA)と同じテーブル名を持っている必要があります。

    $data | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "CDATA" -Columns $columns -Values $values }

これで、Business b-ridge データをMySQL に複製できました。これで、分析、BI などでBusiness b-ridge データをMySQL から使うことができるようになります。

Notes

  • 一度PowerShell でBusiness b-ridge とMySQL に接続したら、次からは1行のコマンドでレプリケーションを実施できます:

    Select-BusinessBridge -Connection $businessbridge -Table "CDATA" | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "CDATA" -Columns $columns -Values $values }
  • 別のPowerShell モジュールで、Business b-ridge を別のデータベースに複製する場合、Select-BusinessBridge cmdlet のデータから、カラム、接続およびテーブルを除外する方がいいでしょう。これらのデータは、CData cmdlet からデータを移動する際にのみ必要なものだからです。:

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name | ? {$_ -NotIn @('Columns','Connection','Table')}