CSV にデータ連携するダッシュボードをTableau Server にパブリッシュする方法

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

CSV Tableau Connector



CData Tableau Connector for CSV をTableau Server から使用してCSV データをノーコードでビジュアライズで使う方法。

Tableau Server は、企業のデータ活用による問題解決の方法を変革させるビジュアルアナリティクスプラットフォームです。Tableau にCData Tableau Connector for CSV を組み合わせて使うことで、Tableau Server からシームレスにCSV データを連携利用することができるようになります。この記事では、Tableau Server でCSV データに接続してシンプルなチャートを作る方法と、Tableau Desktop でCSV データソースをパブリッシュする方法の二つを説明します。

CData Tableau Connectors は、Tableau でリアルタイムCSV データへのハイスピードなデータアクセスを可能にします。 Connector をインストールして、CSV への認証を行うだけで、すぐにレスポンシブで動的なビジュアライズやダッシュボードを作成しはじめられます。 Tabelau では、CSV データがネイティブデータタイプでアクセス可能になり、複雑なフィルタリング、集計、他の処理を自動的に行います。

NOTE: CData Tableau Connectors の日本語版は、Tableau 2020.4 以降のバージョンで使用可能です。それより前のTableau バージョンではCData ODBC Driver for CSV もしくは、CData JDBC Driver for CSV を使ってCSV に接続することができます。2020.4 より前のTableau Online からCSV に接続するには、CData Connect を使って連携できます。

Tableau Server にCSV Connector をインストール

Tableau Server をホストしているマシンにCData Tableau Connector をインストールします。

  1. Tableau Desktopがインストールされていない環境の場合、インストール中に「This setup could not copy important connector files to ...」というダイアログが表示されます。サーバーマシン上で、cdata.csv.tacocdata.tableau.csv.lic ファイルを、インストールディレクトリ(C:\Program Files\CData\CData Tableau Connector for CSV\lib\)からコピーします。
  2. コピーしたファイルをTableau Server Connectors のフォルダに貼り付けて「サインイン」をクリックして接続します。
    C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\vizqlserver\Connectors
  3. ファイルをコピーしたら、後のダイアログはOK ボタンをクリックしてインストールを完了します。
  4. Tableau Server を再起動します。

Tableau Server にブラウザからCSV データをビジュアライズ

Tableau Server にブラウザからアクセスして、ブラウザからCSV データに連携する設定を行い、CSV のダッシュボードを作成することができます。

Tableau Server でのCSV データへの接続

  1. Tableau Server サイトにブラウザでアクセスします。
  2. 「Create」 -> 「Workbook」でワークブックを作成します。「Connect to Data」ダイアログでConnectors タブを開きます。コネクタ一覧内の「CSV by CData」を選択します。
  3. 接続プロパティを設定して「SignIn」をクリックして接続を確立します。

DataSource プロパティにローカルフォルダ名を設定します。

.csv、.tab、.txt ではない拡張子のファイルを扱う場合には、IncludeFiles 使用する拡張子をカンマ区切りで設定します。Microsoft Jet OLE DB 4.0 driver 準拠の場合にはExtended Properties を設定することができます。別の方法として、Schema.ini ファイルにファイル形式を記述することも可能です。

CSV ファイルの削除や更新を行う場合には、UseRowNumbers をTRUE に設定します。RowNumber はテーブルKey として扱われます。

Amazon S3 内のCSV への接続

URI をバケットおよびフォルダに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

  • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
  • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

Box 内のCSV への接続

URI をCSV ファイルを含むフォルダへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

Dropbox 内のCSV への接続

URI をCSV ファイルを含むフォルダへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。

SharePoint Online SOAP 内のCSV への接続

URI をCSV ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

SharePoint Online REST 内のCSV への接続

URI をCSV ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

FTP 内のCSV への接続

URI をルートフォルダとして使用されるフォルダへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

Google Drive 内のCSV への接続

デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

Connection String での設定の場合には、スタートメニューのConnection Builder をクリック、もしくはインストールディレクトリのlib フォルダの.jar ファイルをダブルクリックしてConnection Builder を開き、プロパティを設定をすることでConnection String を取得することができます。「接続テスト」をクリックして、接続を確認します。Builder の「接続文字列」に表示された文字列をコピーしてTableau の接続画面のConnection String に貼り付けて「SignIN」をクリックして接続します。

接続したCSV データのビジュアライズをブラウザから作成

  1. 「Database」のプルダウンメニューが表示された場合にはCData もしくは表示されたデータベース名で使用するものを選択します。
  2. 「Schema」のプルダウンメニューが表示された場合にはCSV もしくは表示されたスキーマ名を選択します。
  3. 左ペインの「Table」にCSV で使用可能なテーブルが表示されます。ビジュアライズで使うテーブルをデータセット作成エリアにドラッグ&ドロップします。複数のテーブルを選択してドロップすることが可能です。複数のテーブルを選択して、リレーションを設定することが可能です。
  4. 右上の接続モード選択で、「ライブ」もしくは「抽出」を選択します。
  5. 「今すぐ更新」もしくは「自動更新」 をクリックします。「今すぐ更新」では、はじめの10,000行を取得します。取得する行数は個別に行ボックスで設定可能です。「自動更新」ではプレビューエリアのデータが自動的に更新されます。
  6. 「ワークシート」タブをクリックします。選択したデータのカラムがデータ型によりディメンションかメジャーとしてリスト表示されています。CData Tableau Connector は、自動的にデータ型を検出してくれるので、このようにすぐにデータをビジュアライズで使うことができます。
  7. 「ディメンション」 もしくは 「メジャー」「列」 もしくは 「行」 にドラッグ&ドロップします。
  8. 「表示形式」 タブから、お好みのグラフタイプを選択します。Tableau がデータを選択したグラフタイプで表示します。

Tableau Desktop からCSV データソースをTableau Server にパブリッシュ

Tableau Desktop 側にも同じCData Tableau Connectors 製品をインストール済の場合は、Tableau Desktop で作成したデータソースをTableau Server にパブリッシュして利用することが可能です。Tableau Desktop への CData Tableau Connectors製品のインストール手順はこちら を参照してください。

まずは、Tableau Desktop でCSV Connector でCSV データをデータソースとして設定します。

  1. 「サーバー -> 「サインイン」をクリックします。
  2. Tableau Server のURL をセットして、接続ボタンをクリックするとサインインダイアログが表示されるのでTableau Serve rにサインインします。
  3. Tableau Desktop のメニューで「サーバー」->「データソースのパブリッシュ」-> からパブリッシュするデータソース名をクリックします。
  4. Tableau Server にデータソースをパブリッシュするダイアログが表示されます。プロジェクトを選択して「パブリッシュ」をクリックします。
  5. ブラウザが起動してTableau Server のパブリッシュしたデータソースが表示されます。Connections タブ内のDataSource 右下の「...」をクリックして「Edit Connection...」を開きます。
  6. パスワードをコネクションに埋め込むために、Password を「Embedded password in conneciton」に変更してパスワードをセット、Test Connection で接続を確認してSave します。
  7. これで、New > Workbook using this datasource から本データソースを利用したワークブックが作成できるようになります。
  8. ビジュアライズを作成します。

このように、CData Tableau Connector for CSV を使うことで、Tableau Server で簡単にCSV データを扱うことができます。是非、30日の無償トライアル を使って、パワフルかつシンプルなデータ連携を体感してください。