製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

Salesforce Connect で外部HCL Domino オブジェクトを作成する方法

CData Connect Cloud とSalesforce Connect を使用して、アプリやダッシュボードからアクセスできるHCL Domino オブジェクトを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-08-17
domino ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Salesforce ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData Connect Cloud を使えば、Salesforce のようなクラウドベースのアプリケーションや、Salesforce Mobile App のようなモバイルアプリケーションからHCL Domino データにアクセスできます。この記事では、CData Connect Cloud とSalesforce Connect を使用して標準のSalesforce オブジェクトとともに外部のHCL Domino オブジェクトにアクセスします。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud を構成する

Salesforce Connect でHCL Domino データをリアルタイムで操作するには、Connect Cloud からHCL Domino に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してHCL Domino データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でHCL Domino に接続するユーザーを作成します。

  1. ユーザーページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send to invite the user をクリックします。 新しいユーザーを招待
  3. ユーザーページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud users

パーソナルアクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からHCL Domino に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルから「HCL Domino」を選択します。 データソースを選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、HCL Domino に接続します。

    Domino 接続プロパティの取得・設定方法

    接続の前に

    CData 製品を経由してDomino に接続するには、「Proton コンポーネント」のインストールが必要です。通常、 Proton はAppDev パックの一部として配布されています。Proton またはAppDev パックの入手およびインストール方法については、HCL のドキュメントを参照してください。

    CData 製品は匿名アクセス、またはクライアント証明書の提供によりProton を認証できます。 これらのオプションは両方ともDomino で特定の設定が必要です。

    次の2セクションでは、接続に必要な事前設定について説明します。使用したい認証方法に対応するセクションを参照してください。

    クライアント証明書による認証の設定

    クライアント証明書による認証では、CData 製品は専用のユーザーアカウントとして接続します。このユーザーには、接続するすべてのデータベースに対するdesigner またはそれ以上のアクセス権が付与する必要があります。

    また、CData 製品を使用するためにはユーザーがインターネット証明書を取得する必要があります。サーバーコンソールで以下のコマンドを実行することで、Proton にこの証明書を作成させることができます。 APPUSER はCData 製品でアクセス設定するユーザーアカウント名、ADMINISTRATOR は証明書を受け取るユーザー名です。

    load proton --setupclient "APPUSER" --sendto "ADMINISTRATOR"

    新しい証明書は、Notes のADMINISTRATOR メールボックスから利用できます。証明書は、クライアント証明書(clientcert)およびキー(clientkey)の2ファイルに分けて送信される場合があります。 キーファイルのテキストを証明書ファイルの末尾にコピーアンドペーストして、2つのファイルを結合する必要があります。

    匿名認証の設定

    匿名アクセスでは、CData 製品はAnonymous という一般的なユーザーアカウントで接続します。 接続するすべてのデータベースには、次の2つの権限が設定される必要があります。

    • Anonymous ユーザーには、designer またはそれ以上のデータベースへのアクセス権が付与される必要があります。
    • データベースは、Maximum Internet name and password オプションがdesigner またはそれ以上のアクセスに設定される必要があります。 この設定は、データベースのAccess Control List オプションのAdvanced タブにあります。

    Domino への接続

    接続するには以下を設定します。

    • Server:Proton サービスを使ってDomino を実行中のサーバーのIP アドレス。
    • Port:Proton サービスがリッスンしているポート番号。
    • Database:.nsf 拡張子を含むデータベースファイル名。
    • SSLServerCert:サーバーが受け入れ可能なTLS/SSL 証明書に設定。コンピュータによって信頼されていない他の証明書はすべて拒否されます。または、"*" を設定するとすべての証明書を受け入れます。

    Domino への認証

    CData 製品は、クライアント証明書を使用してProton に認証することも、匿名アクセスで認証することも可能です。

    クライアント証明書による認証

    クライアント証明書で認証するには以下を設定します。

    • AuthSchemeSSLCertificate に設定。
    • SSLClientCertType:これは、証明書ファイルの形式と一致する必要があります。 通常、.pem 証明書の場合はPEMKEY_FILE、.pfx 証明書の場合はPFXFILE のいずれかになります。
    • SSLClientCert:証明書ファイルへのパス。

    匿名認証

    匿名認証を使用するには、AuthSchemeAnonymous に設定します。

    Configuring a connection (NetSuite の例)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit HCL Domino Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

Connect Cloud にHCL Domino OData エンドポイントを追加する

HCL Domino に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. OData ページに移動し、 Add to create new OData endpoints をクリックします。
  2. HCL Domino 接続(例:Domino1)を選択し、Next をクリックします。
  3. 使用するテーブルを選択し、Confirm をクリックします。 テーブルを選択(NetSuite の例)

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、Salesforce Connect からHCL Domino データに接続できます。

外部データソースとしてHCL Domino データに接続する

以下のステップに従って、Connect Cloud に生成されたフィードに接続します。

  1. Salesforce にログインし、「Setup」->「Integrations」->「External Data Sources」とクリックします。
  2. 「New External Data Source」をクリックします。
  3. 以下のプロパティに値を入力します。
    • External Data Sources:リストビューおよびレポートで使用するラベルを入力します。
    • Name:個別の識別子を入力します。
    • Type:「Salesforce Connect: OData 4.0」オプションを選択します。
    • URL:Connect Cloud OData エンドポイントのURL(https://cloud.cdata.com/api/odata/service) を入力します。
  4. 「Format」メニューから「JSON」を選択します。
  5. 「Authentication」セクションでは、以下のプロパティを設定します。
    • Identity Type:組織のすべてのメンバーが同じ認証情報を使用してConnect Cloud にアクセスする場合は、「Named Principal」を選択します。 各自の認証情報で接続する場合は、「Per User」を選択します。
    • Authentication Protocol:基本認証を使用するには、「Password Authentication」を選択します。
    • Certificate:Salesforce からサーバーへの通信を暗号化および認証するために使用する証明書を入力または参照します。
    • Username:Connect Cloud のユーザー名を入力します。(例:user@mydomain.com)
    • Password:ユーザーのPAT を入力します。
Configuration settings for the data source (NetSuite の例)

HCL Domino オブジェクトを同期する

外部データソースを作成したら、以下のステップに従って、データソースへの変更を反映するHCL Domino 外部オブジェクトを作成します。HCL Domino 外部オブジェクトの定義をHCL Domino テーブルの定義と同期します。

  1. 作成した外部データソースのリンクをクリックします。
  2. 「Validate and Scan」をクリックします。
  3. 外部オブジェクトとして使用するHCL Domino テーブルを選択します。
Select external objects (NetSuite の例)

HCL Domino データにSalesforce オブジェクトとしてアクセスする

HCL Domino データを外部データソースとして追加し、HCL Domino テーブルを外部オブジェクトとして同期すると、標準のSalesforce オブジェクトと同じように外部HCL Domino オブジェクトを使用できるようになります。

  • フィルタリストビューを使用して新しいタブを作成します。

    Viewing external objects from Salesforce (NetSuite の例)
  • 外部オブジェクトのレポートを作成します。

    Reporting on external objects from Salesforce (NetSuite の例)

クラウドアプリケーションからHCL Domino データへのアクセスを簡単に

これで、Salesforce からHCL Domino データへリアルタイムでクラウドベースの接続が可能です。Salesforce のようなクラウドアプリケーションから簡単に100を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL ソースのデータにアクセスする方法の詳細については、Connect Cloud ページを参照してください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。