製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

CData Connect Server を介してPower BI でリアルタイムDropbox データの可視化を作成

CData Connect Server を使用してDropbox データの仮想データベースを作成し、Power BI でカスタムレポートを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2021-02-05

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Power BI を使えば、データを美しいビジュアルに可視化したり、重要な情報を整理してダッシュボード化できます。CData Connect Server と組み合わせることで、可視化やダッシュボードなどのためにDropbox データを使用できます。この記事では、CData Connect Server を使用してDropbox の仮想データベースを作成し、Dropbox データを使ったレポートをPower BI で作成する方法を説明します。

Dropbox データの仮想データベースを作成する

CData Connect Server は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、データを取得します。まずは、右側のサイドバーのリンクからConnect Server をインストールしてください。

  1. Connect Server にログインし、「CONNECTIONS」をクリックします。 データベースを追加
  2. 一覧から「Dropbox」を選択します。
  3. Dropbox に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    OAuth では認証するユーザーにブラウザでDropbox との通信を要求します。CData 製品は、以下のようにさまざまな方法でこれを容易にします。 ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、CData 製品にアクセス許可を与えます。CData 製品がOAuth プロセスを完了します。

    他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

    なお、Dropbox Driver はDropbox のファイルの一覧表示やユーザー管理情報の取得用です。Dropbox に保管されているExcel、CSV、JSON などのファイル内のデータを読み込みたい場合には、Excel DriverCSV DriverJSON Driver をご利用ください。

    コネクションを設定(Salesforce の場合)。
  4. Test Connection」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、Power BI からDropbox に接続して可視化することができます。

Power BI Connector のダウンロードと接続設定

次に、Connect Server とPower BI Desktop を連携するためのコネクタをインストールします。Connect Server の「CLIENTS」ページにある「Power BI Desktop」の「Download」をクリックすると、ダウンロードが開始します。完了したら、実行ファイルをクリックして製品をインストールしてください。

インストールが完了すると、以下の「DSN Configuration」画面が表示されます。この画面にCData Connect Server への接続に必要となる次の情報を入力します。

  • Auth Sceme:Basic
  • User:Connect Server で設定したユーザー名
  • Password:上記ユーザーのパスワード
  • URL:https://<Connect Server のURL>/rest.rsc/
  • Default Catalog:Connect Server で設定したコネクション名(Dropbox1 など)
  • (オプション)SSL Server Cert:サーバー側でSSL を設定していない場合のみ「*」
Connect Server への接続を設定

以上の設定が完了したら、「Test Connection」をクリックして接続をテストします。「The connection test was successful」などと表示されれば、接続テストは成功です。ここから実際にPower BI でデータを取得していきます。

Power BI からDropbox テーブルをクエリ

以下のステップを実行して、Dropbox データを取得します。

  1. 「Power BI Desktop」を開いて「データを取得」画面を表示します。検索ボックスに「cdata connect」と入力すると「CData Connect」が表示されるので、これを選択して「接続」をクリックします。 デーを取得画面でCData Connect を選択
  2. PowerBI Connector の設定画面が表示されるので、「Data Source Name」に「Power BI Connect」と入力して「OK」をクリックします。 CData Connect のコネクタ名を入力
  3. ユーザー名とパスワードを入力するよう求められるので、CData Connect Server で設定したユーザー名とパスワードを入力して、「接続」をクリックします。 CData Connect のクレデンシャルを入力
  4. 「ナビゲーター」画面で取得したいテーブルを選択します。 取得したいテーブルを選択(Salesforce の例)
  5. 「読み込み」をクリックして、Power BI にデータをインポートします。

Dropbox データの可視化を作成

Power BI にデータを接続したら、「フィールド」ペインのフィールドをキャンバスにドラッグすることで、レポートビューにデータを可視化できます。図表の種類と、ビジュアライズするディメンションおよびメジャーを選択します。

Dropbox データをPower BI で可視化

「更新」をクリックしてデータの変更をレポートに同期します。

データアプリケーションからDropbox データへのSQL アクセス

以上で、CData Connect Server を使用してPower BI からDropbox データに接続できるようになりました。これで、Dropbox データを複製することなく多くのデータをインポートしたり、新しい可視化やレポートを作成することができます。

オンプレミスのBI やレポート、ETL、その他のデータアプリケーションから、250を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソース(Dropbox を含む)への直接のSQL データにアクセスするには、CData Connect Server のページにアクセスして無料トライアルをダウンロードしてください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。