製品をチェック

Dynamics GP ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Dynamics GP アイコン Dynamics GP ODBC Driver 相談したい

Dynamics GP ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなDynamics GP データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにDynamics GP にアクセスし、ベンダー、顧客、請求書、見積もりなどの読み、書き、更新を実行できます。

QlikView でDynamics GP データにODBC 接続で連携してビジュアライズ

Dynamics GP を使ってQlikView でデータビジュアライゼーションを作成する方法を紹介します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-04-05
dynamicsgp ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
QlikView ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData ODBC Drivers は、CRM からMA、Web 解析、広告など幅広い種類のデータソースのデータを扱うことを可能にします。この記事では、Dynamics GP に接続してQlikView でデータビジュアライゼーションを作成する簡単な手順を説明します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. Dynamics GP をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにDynamics GP データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてDynamics GP の接続を設定、2.QlikView 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとDynamics GP への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからDynamicsGP ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

Dynamics GP データをチャートに連携

下記の手順では、SQL クエリ結果をQlikView のビジュアライゼーションに提供します。 この記事では、次のクエリを使って棒グラフを作成します:

SELECT CustomerName, TotalAmount FROM SalesInvoice

    未指定の場合は、初めにODBC DSN (data source name) で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

    Dynamics GP 接続プロパティの取得・設定方法

    認証するには、User およびPassword 接続プロパティを設定します。

    接続するには、Url をWeb サービスのエンドポイントに設定します。例えば、http://{servername}:{port}/Dynamics/GPService です。さらに、CompanyId を設定します。この値は組織のセットアップウィンドウで「ツール」->「設定」->「組織」をクリックして取得できます。

    デフォルトでデータサマリを返し、パフォーマンスを節約します。Line items などの詳細を返すには、LookupIds をtrue に設定します。ただしエンティティは一度に一つずつ返される必要があります。

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  1. ツールバーで[Edit Script]ボタンをクリックして接続を追加します。
  2. [Data]タブの[Database]メニューから[ODBC]を選択して[Connect]をクリックします。
  3. ダイアログが表示されたら、[DSN]を選択します。次のようなコマンドが生成されます: ODBC CONNECT TO [My DSN];
  4. [Select]をクリックして[SELECT statement]ウィザードでクエリをビルドします。あるいは、SQL コマンドを使ってクエリを直接スクリプトに入力できます。
    A script that connects and executes an SQL query. (Salesforce is shown.)
  5. スクリプトエディタを閉じてドキュメントをリロードし、スクリプトを実行します。
  6. [Tools]>[Quick Chart Wizard]をクリックします。ウィザードでチャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  7. [First Dimension]メニューでCustomerName を選択します。
  8. 必要なサマリー機能をクリックし、メニューでTotalAmount を選択します。
  9. ウィザードを終了してチャートを生成します。

    A chart populated with the results of a query. (Salesforce is shown.)

Dynamics GP からQlikView へのデータ連携には、ぜひCData ODBC Driver をご利用ください

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。