製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

Infragistics Reveal でExcel データを分析

CData Connect Server を使用してExcel の上にOData API を作成し、Ingragistics Reveal でリアルタイムExcel データをビジュアライズします。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2022-10-01

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

Reveal は、Infragistics が提供するデータビジュアライゼーションツールであり、CData Connect Server およびExcel Connector と組み合わせることでExcel データから動的なダッシュボードを構築できます。CData Connect Server は、Excel の仮想データベースを作成し、Excel のOData API(Reveal でネイティブに使用可能)を生成するために使用できます。この記事では、Connect Server でのExcel への接続と、Infragistics Reveal からのConnect Server への接続について説明し、簡単なダッシュボードを作成します。

Connect Server ユーザーの追加

Reveal からConnect Server を介してExcel に接続するユーザーを作成します。

  1. 「Users」->「 Add」とクリックします。
  2. ユーザーを構成します。 Creating a new user
  3. 「Save Changes」をクリックして新しいユーザーの認証トークンをメモします。 Connect Server users

Connect Server からExcel に接続

CData Connect Server は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してAPI を生成します。

  1. Connect Server を開き、「Databases」をクリックします。 データベースを追加
  2. 「Available Data Sources」から「Excel」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Excel に接続します。

    Authentication セクションのExcelFile には有効なExcel ファイルを設定する必要があります。

    Amazon S3 内のExcel への接続

    URI をバケット内のExcel ファイルに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

    • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
    • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

    Box 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

    Dropbox 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。

    SharePoint Online SOAP 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

    SharePoint Online REST 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

    FTP 内のExcel への接続

    URI をExcel ファイルへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

    Google Drive 内のExcel への接続

    デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. Test Database 」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。(Reveal に必要なのは、SELECT のみです。)

Connect Server にExcel OData エンドポイントを追加する

Excel に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. 「OData」->「Tables」->「Add Tables」とクリックします。 Adding a new resource
  2. Excel データベースを選択します。 Selecting a connection (Salesforce is shown)
  3. 使用するテーブルを選択し、「Next」をクリックします。 Selecting a Table (Salesforce is shown)
  4. (オプション)リソースを編集して特定のフィールドなどを選択します。
  5. 設定を保存します。

(オプション)Cross-Origin Resource Sharing (CORS) を構成する

Ajax などのアプリケーションから複数の異なるドメインにアクセスして接続すると、クロスサイトスクリプティングの制限に違反する恐れがあります。その場合には、「OData」->「Settings」でCORS 設定を変更します。

  • Enable cross-origin resource sharing (CORS):ON
  • Allow all domains without '*':ON
  • Access-Control-Allow-Methods:GET, PUT, POST, OPTIONS
  • Access-Control-Allow-Headers:Authorization

設定への変更を保存します。

Configuring CORS settings

Reveal でダッシュボードを作成

Connect Server を構成すると、Reveal でExcel データをビジュアライズできます。

  1. Reveal にログインし、「Dashboards」->「 New」とクリックします。 Adding a new dashboard
  2. Data Source」->「OData Feed」とクリックします。 Adding a new OData data source
  3. 「API」->「Discovery」->「Base URL」でConnect Server API エンドポイントURLを指定します。(例:https://www.cdatacloud.com/myinstance/api.rscConfiguring the OData URL
  4. 「Generic Credentials」を選択し、Connect Server のユーザー名と認証トークンを指定します。 Configuring the credentials
  5. ビジュアライズするエンティティを選択します。 Selecting an entity to visualize (Salesforce is shown.)
  6. フィールドを選択し、チャートの種類を選択します。 Visualizing data in Reveal (Salesforce is shown.)

詳細と無料トライアル

これで、リアルタイムExcel データから簡単なダッシュボードが作成できました。Excel (および150 を超えるほかのソース)からのOData フィードの作成方法の詳細については、Connect Server ページにアクセスしてください。30 日間無料トライアルをダウンロードしてOData API を使用するツールでExcel データをリアルタイムに活用しましょう。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。