製品をチェック

Exchange ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Microsoft Exchange アイコン Exchange ODBC Driver 相談したい

Microsoft Exchange ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなMicrosoft Exchange データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにExchange のメッセージ、フォルダー、カレンダーなどにアクセスし、電子メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。

Microsoft Access リンクテーブルからMicrosoft Exchange データに接続・更新する方法

CData Microsoft Exchange ODBC Driver を使って、Microsoft Access からリンクテーブルを作成してMicrosoft Exchange データを更新。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-09-07
exchange ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Access ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Microsoft Access はMicrosoft の提供するデータベースソフトであり、Excel ライクな操作で手軽にデータベースを扱えます。CData ODBC Drivers と組み合わせることで、Access からMicrosoft Exchange を含む270を超えるSaaS / DB と連携することができます。本記事では、CData ODBC Driver for Exchange を使って、Microsoft Access でMicrosoft Exchange を取得および更新する方法をご紹介します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Microsoft Exchange をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. Microsoft Access をはじめとする多様な自動化ツールやノーコードアプリ、BI ツールにMicrosoft Exchange データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてMicrosoft Exchange の接続を設定、2.Access 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

Microsoft Exchange との接続を作成

まずは、本記事右側のサイドバーからExchange ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

ODBC ドライバーのインストール完了時にODBC DSN 設定画面が立ち上がります。または、Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定できます。

Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法の詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Contacts データのリンクテーブルを作成

次の手順を実行することで、Access からリンクテーブルを作成してリアルタイムでMicrosoft Exchange のContacts データにアクセスできます。

  1. Access の「外部データ」タブで「新しいデータソース」->「他のソースから」->「ODBC データベース」をクリックします。
  2. ODBC データベースの接続画面を表示
  3. データの保存方法オプションで、インポートかリンクテーブルかを選択します。リンクテーブルを利用することで、Contacts テーブルを読み込むだけではなく、リアルタイムでの書き込みも可能になります。
  4. ODBC 接続ウィザードでリンクテーブルを選択
  5. 「コンピュータデータソース」タブで、先ほど設定した「CData Exchange Source」を選択します。
  6. コンピュータデータソースタブで、設定したデータソースを選択
  7. Contacts テーブルを選択します。このテーブルについての詳細は、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。
  8. 利用可能なテーブル一覧。

    リンクテーブルをダブルクリックで編集

    これでMicrosoft Exchange データへのリンクテーブルが作成できたので、自由にテーブル内のデータを読み込み・書き込みできます。リンクテーブルは常に最新のデータを持ち、すべての変更は元となるテーブルに反映されます。

    リアルタイムデータのリンクテーブル。

    おわりに

    このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをAccess からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

    日本のユーザー向けにCData ODBC Driver は、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。