製品をチェック

Exchange ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Microsoft Exchange アイコン Exchange ODBC Driver 相談したい

Microsoft Exchange ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなMicrosoft Exchange データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにExchange のメッセージ、フォルダー、カレンダーなどにアクセスし、電子メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。

Active Query Builder を使用してMicrosoft Exchange 駆動型アプリを素早く開発

Active Query Builder SQL インターフェースビルダーと、.NET データアクセスの簡単さを活用し、データ駆動型のWinForms とASP.NET アプリを作成します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-05-26
exchange ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
.NET ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

SQL インターフェースを介してMicrosoft Exchange を公開する標準.NET を記述します。Active Query Builder は、開発者がSQL インターフェースを作成するのに役立ちます。CData ODBC Driver for Exchange は、Microsoft Exchange への標準ベースのアクセスを可能にします。この統合では、ODBC ドライバーとActive Query Builder オブジェクト間のブリッジとして、Microsoft ADO.NET Provider for ODBC を使用してビジュアルSQL コンポーザーを構築します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Microsoft Exchange をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにMicrosoft Exchange データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてMicrosoft Exchange の接続を設定、2.Active Query Builder 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとMicrosoft Exchange への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからExchange ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

未指定の場合は、初めにODBC DSN (data source name) で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

SQL を使用してMicrosoft Exchange と対話

以下のステップに従ってWinForms ビジュアルクエリビルダーを作成します。

  1. 新しいWindows Forms プロジェクトで、QueryBuilder を[Toolbox]からフォームにドラッグします。
  2. ActiveQueryBuilder.ODBCMetadataProvider への参照を追加します。
  3. OdbcConnection を追加し、最初のセクションで作成したDSN に接続文字列を設定します。 OdbcConnection connection = new OdbcConnection(); connection.ConnectionString = "DSN=Exchange"
  4. ODBCMetadataProvider インスタンスとGeneralSyntaxProvider インスタンスを初期化し、ODBCMetadataProvider オブジェクトのConnection プロパティをOdbcConnection に設定します。 GenericSyntaxProvider syntaxProvider = new GenericSyntaxProvider(); ODBCMetadataProvider metadataProvider = new ODBCMetadataProvider(); metadataProvider.Connection = connection;
  5. QueryBuilder オブジェクトの、対応するMetadataProvider プロパティとSyntaxProvider プロパティを設定します。 queryBuilder1.MetadataProvider = metadataProvider; queryBuilder1.SyntaxProvider = syntaxProvider;
  6. QueryBuilder クラスのInitiatelizeDatabaseSchemaTree メソッドを呼び出してMicrosoft Exchange メタデータを取得し、Microsoft Exchange テーブルのツリーデビューを生成します。 queryBuilder1.InitializeDatabaseSchemaTree();
  7. QueryBuilder を作成したら、それをTextBox に接続するか、使用する場合は、ActiveQueryBuilder SQLTextEditor に接続しますSQLTextEditor をデザイナにドラッグし、ドロップします。

  8. 以下のコードをSQLTextEditor のValidating イベントに追加します。 private void sqlTextEditor1_Validating(object sender, CancelEventArgs e) { try { // Update the query builder with manually edited query text: queryBuilder1.SQL = sqlTextEditor1.Text; } catch (SQLParsingException ex) { e.Cancel = true; // Set caret to error position sqlTextEditor1.SelectionStart = ex.ErrorPos.pos; // Report error MessageBox.Show(ex.Message, "Parsing error"); } }
  9. SQLUpdated イベントに以下を追加します。 private void queryBuilder1_SQLUpdated(object sender, EventArgs e) { sqlTextEditor1.Text = queryBuilder1.FormattedSQL; }
  10. これで、クエリをビジュアルに作成できます。[Columns Pane Area]のテーブルをダブルクリックすると、[entity/relationship]ダイアグラムが[Query Building Area]に表示されます。ダイアグラムで選択したカラムがクエリに追加されます。

Building queries interactively with Active Query Builder.

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。