製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

GMO MakeShop データをMySQL にレプリケーションするPowerShell スクリプト

PowerShell でシンプルなスクリプトを記述し、GMO MakeShop data をMySQL データベースにレプリケーション(複製)。

CData Cmdlets for GMO MakeShop をつかって、PowerShell からリアルタイムGMO MakeShop data に連携できます。データ同期などのタスクの連携にぴったりの製品です。 本記事では、PowerShell からCData Cmdlets for GMO MakeShop およびCData Cmdlets for MySQL を使って、同期スクリプトを作成して実行します。

まずは、PowerShell でGMO MakeShop への接続を行います。レプリケーションは4つのステップがあります。

GMO MakeShop に接続するには、MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId が必要です。

GMO MakeShop へのアクセスの設定

MembersAccessCode、OrdersAccessCode、ProductsAccessCode、およびShopId を取得するには、以下の手順に従ってください。

  • GMO MakeShop には各API のAccessCode が必要です。
  • GMO MakeShop Store Manager にログインし、メニューの[ショップ作成]をクリックします。
  • 左ナビゲーションメニューの[外部システム連携]から任意の連携対象設定ををクリックします(メニューに表示されない場合は別途GMO MakeShop にご確認ください)。
  • 商品データ連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。
  • 注文データ連携設定の場合:最初に[注文情報参照]と[注文情報変更]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、OrdersAccessCode を取得します。
  • 会員データ連携設定の場合:最初に[会員情報の(参照・登録・変更・削除)]の設定を選択します。選択後、認証コードの[発行]ボタンをクリックし、MembersAccessCode を取得します。
  • 会員認証連携設定の場合:認証コードの[発行]ボタンをクリックし、ProductsAccessCode を取得します。

GMO MakeShop アカウントの認証

次の接続プロパティを設定して接続します。

  • ShopId:接続先のGMO MakeShop Store ID を設定。GMO MakeShop Store ID はログイン用の ID と同じです。
  • OrdersAccessCode:[注文データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • ProductsAccessCode:[商品データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Products テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • MembersAccessCode:[会員データ連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは Members テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • MemberAuthenticationCode:[会員認証連携設定]から取得した[認証コード]を設定。このプロパティは MemberAuthenticationConfirm を実行する場合に必要です。
  • Password:GMO MakeShop Store Manager のログインユーザーのパスワードを指定。このプロパティは ProductCategoryRegistrationOrModification,ProductMemberGroupPriceRegistrationOrModification,ProductOptionRegistrationOrModification,ProductRegistrationOrModification を実行する場合に必要です。

GMO MakeShop データの取得

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module GMOMakeShopCmdlets
  2. GMO MakeShop への接続:

    $gmomakeshop = Connect-GMOMakeShop -ShopId $ShopId -ProductsAccessCode $ProductsAccessCode -MembersAccessCode $MembersAccessCode -OrdersAccessCode $OrdersAccessCode
  3. 取得ターゲットのリソースの取得:

    $data = Select-GMOMakeShop -Connection $gmomakeshop -Table "Products"

    Invoke-GMOMakeShop cmdlet を使って、SQL-92 クエリを使用することもできます:

    $data = Invoke-GMOMakeShop -Connection $gmomakeshop -Query 'SELECT * FROM Products WHERE BrandCode = @BrandCode' -Params @{'@BrandCode'='99a87c0x3'}
  4. 戻り値からカラム名のリストを保存します。

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name

GMO MakeShop データをMySQL データベースに入れます

カラム名を指定できるようにして、データをMySQL データベースにレプリケーションします。

  1. モジュールのインストール:

    Install-Module MySQLCmdlets
  2. MySQL DB に、MySQL Server 名、ユーザー、パスワード、レプリケーション先のデータベース名を指定して、接続します:

    $mysql = Connect-MySQL -User $User -Password $Password -Database $Database -Server $Server -Port $Port
  3. GMO MakeShop、保存された値、そしてAdd-MySQL Cmdlet を使って、MySQL にデータを1レコードずつ挿入します。この例では、MySQL 側のテーブルは、GMO MakeShop のリソース(Products)と同じテーブル名を持っている必要があります。

    $data | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "Products" -Columns $columns -Values $values }

これで、GMO MakeShop データをMySQL に複製できました。これで、分析、BI などでGMO MakeShop データをMySQL から使うことができるようになります。

Notes

  • 一度PowerShell でGMO MakeShop とMySQL に接続したら、次からは1行のコマンドでレプリケーションを実施できます:

    Select-GMOMakeShop -Connection $gmomakeshop -Table "Products" | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "Products" -Columns $columns -Values $values }
  • 別のPowerShell モジュールで、GMO MakeShop を別のデータベースに複製する場合、Select-GMOMakeShop cmdlet のデータから、カラム、接続およびテーブルを除外する方がいいでしょう。これらのデータは、CData cmdlet からデータを移動する際にのみ必要なものだからです。:

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name | ? {$_ -NotIn @('Columns','Connection','Table')}
 
 
ダウンロード