CData BizTalk Adapter for Google Cloud Storage の要請応答送信ポートを構成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage BizTalk Adapter

パワフルなBizTalk Adapter を使って標準オーケストレーションで、 Google Cloud Storage データをBizTalk Server に連携。

Google Cloud Storage のBuckets、Objects データをGoogle Cloud Storage アダプターで簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!



アダプタ for Google Cloud Storage を要請応答送信ポートと共に使用して、BizTalk でアップデートグラムとデータ操作 SQL を実行します。

ここでは、CData BizTalk Adapter for Google Cloud Storage を使用し、静的な要請応答送信ポートを作成、構成、テストする手順を説明します。静的な要請応答送信ポートを使用してコマンドを実行し、BizTalk の結果にアクセスすることができます。送信ポートを使用することで、アップデートグラムコマンド、SQL コマンド、ストアドプロシージャ操作を実行できます。

送信ポートを作成し構成する

静的な要請応答送信ポートを作成し、アダプタをトランスポートタイプとして使用するように構成します。

  1. 未実行の場合、BizTalk 管理コンソールで BizTalk アプリケーションを開きます。
  2. BizTalk アプリのノードで、[Send Ports]を右クリックし、[New]->[Static Solicit-Response Send Port]を選択すると、送信ポートプロパティのダイアログが表示されます。
  3. 送信ポートのプロパティで、受信ポートの名前を入力します。
  4. [Transport Type]メニューで、CData.GoogleCloudStorage を選択します。
  5. [Send Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruTransmit]を選択します。
  6. [Receive Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruReceive]を選択します。

アダプタを構成する

[Transport Properties]ダイアログで、アダプタが実行するコマンドを定義します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]ボタンをクリックします。アダプタのトランスポートプロパティダイアログが表示されます。
  2. [CommandType]プロパティで、実行したいコマンドタイプを選択します。
  3. SQL コマンドを実行したい場合は、[SQL Command]のボックスにコマンドを入力してください。
プロパティとその機能についての説明は、ヘルプドキュメントの[Adapter Configuration]を参照してください。

Google Cloud Storage への接続を構成する

[Connection String Options]ダイアログで、Google Cloud Storage への接続に必要な資格情報とその他のプロパティを設定します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]をクリックします。アダプタのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [Connection String]プロパティのボタンをクリックします。[Connection String Options]ダイアログが表示されます。
  3. 接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    ProjectId='project1';

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  4. [Test Connection]をクリックして値を確認し、接続を確認します。
プロパティとその機能の説明については、ヘルプドキュメントの[Connection String Options]チャプターを参照してください。
アダプタfor Google Cloud Storage のアップデートグラムチュートリアル]では、要請応答送信ポートを使用して、Google Cloud Storage にアップデートグラムを挿入するシンプルなアプリケーションを作成する手順を説明します。