製品をチェック

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ODBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIBM Cloud Object Storage にデータ連携。

IBM Cloud Object Storage データにデータベースと同感覚でアクセスして、IBM Cloud Object Storage データに使い慣れたODBC インターフェースで連携。

IBM Cloud Object Storage データをBoard に連携してビジュアライズを作成

IBM Cloud Object Storage をBI ツールのBoard にデータ接続して、データソースとする方法。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-12-23
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
board ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData ODBC Driver for IBMCloudObjectStorage は、ODBC 標準に準拠しており、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでIBM Cloud Object Storage への接続を提供します。 この記事では、CPM/BIツールのBoardからIBM Cloud Object Storage に接続、レポートを作成する方法を説明します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. IBM Cloud Object Storage をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにIBM Cloud Object Storage データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてIBM Cloud Object Storage の接続を設定、2.board 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとIBM Cloud Object Storage への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからIBMCloudObjectStorage ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

  1. インストール後、ODBCデータソースアドミニストレーターにて[システムDSN]タブをクリックし、CData IBM Cloud Object Storage Source Sys(64bit or 32bit)の接続情報を構成します。(※BoardはシステムDSNのみに対応しています。ユーザーDSNの場合接続できませんので、ご注意ください。)
  2. Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

  3. Board

Board DB の作成

最初にBoardの接続情報やキューブ等を格納するDBを作成します。

  1. Boardを立ち上げて、任意の接続先へ接続します。
  2. Board
  3. [Database]タブから[New DB]をクリックします。
  4. Board
  5. 開いたDB作成用ウィンドウにて、任意の[Database name][Language][From Year][To Year]を入力し[OK]をクリックします。
  6. Board

SQL FastTrackを用いたODBCデータソースからのデータロード

次にSQL FastTrackの機能を用いてODBCデータソースから IBM Cloud Object Storage のデータをBoard上にロードします。

  1. [Database]タブの[SQL FastTrack]をクリックし、Data souceの[New]ボタンをクリックします。
  2. Board
  3. 接続先を設定するためのウィンドウが表示されますので、[OLE-DB Wizard]をクリックします。
  4. Board
  5. 開いたデータリンクプロパティの[プロバイダー]タブから[Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers]を選択し、[次へ]をクリックします。
  6. Board
  7. [接続タブ]の[1.データソースを指定します]から事前に設定したODBC DSNを選択し、[3.使用する初期カタログを入力します]に[CData]を入力の上、[OK]をクリックします。
  8. Board
  9. 任意の[Name]を入力し[Save & Connect]をクリックします。
  10. Board
  11. SQL FastTrackの画面に戻った後、[Connect]をクリックします。
  12. Board
  13. Connectをクリック後、Data souce画面左側に IBM Cloud Object Storage のテーブル一覧が表示されます。分析対象とするテーブルをダブルクリックすると、自動的にSQL クエリが記述されます。記述内容を確認の上、[Execute Query]をクリックします。
  14. Board
  15. Execute Queryをクリックすると、テーブルに格納された項目一覧が以下の図のように表示されます。分析で使用したい任意の項目を[Code][Desc][Cube]のいずれかにチェックを入れ、Cube/Entityを入力し、Track実行ボタンをクリックします。
  16. Board
  17. 確認ダイアログが表示されますので、[Yes]をクリックします。
  18. Board
  19. SQL FastTrackの機能により、ODBC データソースからデータがロードされ、自動的にEntityとCubeが生成されます。
  20. Board
  21. 以下のダイアログが表示されれば、Boardへのデータロードは完了です。
  22. Board

グラフの作成

ロードしたデータを元に簡単なグラフの作成方法を紹介します。

  1. 最初に各種Screenを格納するためのCapsuleを作成します。[Home]タブを選択し[Capsule]から[New Capsule]をクリックします。
  2. raccoon
  3. 任意の[Capsule Name]を入力し[OK]をクリックします。
  4. raccoon
  5. 続いてScreenを作成するための画面が表示されるため任意の[Screen Name]を入力し[OK]をクリックします。
  6. raccoon
  7. Screenが作成されると、ChartやDataViewを配置することが可能になります。[Charts]から[Chart]を選択し、Screenにドラッグ・アンド・ドロップでChartを配置します。
  8. raccoon
  9. 以下のようにChartを配置後、右クリックメニューで[Layout]をクリックします。
  10. raccoon
  11. LayoutでChart上のValueとして扱う値を指定します。[Data]タブから[Double-click here to create a block]の箇所をダブルクリックします。
  12. raccoon
  13. [Data Selection]から先程のSQL FastTrackにてCubeの指定をした任意の値を選択し[OK]をクリックします。
  14. raccoon
  15. 続いて[Axes]タブをクリックし、先程指定した値の分析軸とするBy Rowに任意の項目を選択し[OK]をクリックします。
  16. raccoon
  17. 設定完了後、以下のようにグラフが表示されます。
  18. raccoon

このようにIBMCloudObjectStorage 内のデータをAPI を書くことなくBoard上で利用することができるようになります。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。