製品をチェック

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ODBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIBM Cloud Object Storage にデータ連携。

IBM Cloud Object Storage データにデータベースと同感覚でアクセスして、IBM Cloud Object Storage データに使い慣れたODBC インターフェースで連携。

データ統合ツールQlik Replicate を使ってIBM Cloud Object Storage のデータをMySQL にレプリケートする方法

Qlik Replicate でIBM Cloud Object Storage をMySQL にレプリケートする方法。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2023-09-07
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Qlik Replicate ロゴ

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

Qlik Replicate はBI ツールのQlik Sense で有名な、Qlik 社が提供するデータ分析基盤のためのデータパイプライン・データ統合ツールです。主要なプラットフォームに多く対応しているのが特徴で、AWS・GCP・Azure・Oracle・Snowflake などのDWH に各種データを取り込むことが可能です。

Qlik Replicate ではODBC インターフェースが用意されているので、CData ODBC Driver for IBMCloudObjectStorage と組み合わせることで、各種クラウドサービスのAPI にアクセスすることができるようになります。本記事では、CData ODBC Driver を使ってQlik Replicate からIBM Cloud Object Storage データをMySQL にレプリケートする方法をご紹介します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. IBM Cloud Object Storage をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにIBM Cloud Object Storage データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてIBM Cloud Object Storage の接続を設定、2.Qlik Replicate 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとIBM Cloud Object Storage への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからIBMCloudObjectStorage ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

インストール後、ODBC DSN(データソース名)で接続プロパティを設定します。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および設定できます。

Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

  1. IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

API キー

API キーは以下の手順で取得できます。

  1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. API キーページに移動します。
  3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
  4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

Cloud Object Storage CRN

デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

  • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
  • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

IBM Cloud Object Storage への接続

これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

  • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
  • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
  • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

Qlik Replicate にODBC データソースを追加

CData ODBC Driver の設定が完了したら、Qlik Replicate を立ち上げてレプリケーション構成を進めていきましょう。Qlik Replicate ではタスクという単位でレプリケーション処理を構成していきますが、まずタスクで利用するデータソースとレプリケーション先のコネクション情報を登録する必要があるので、この設定を行います。

  1. Qlik Replicate の管理画面に移動したら、 「Manage Endpoint Connections…」をクリックします。 データソースをQlik Replicate に追加
  2. その後表示される画面で、「+New Endpoint Connection」をクリック。この画面からデータソースとレプリケーション先(ターゲット)のコネクションを構成していきます。 データソースをQlik Replicate に追加
  3. まずはデータソースとなるIBM Cloud Object Storage へのコネクションを構成します。前述の通り、IBM Cloud Object Storage への連携はCData ODBC Driver を経由して行うため、「Role:Source」「Type:ODBC」でコネクションを構成します。 エンドポイントのロールとタイプを指定
  4. そして、事前に構成しておいたIBM Cloud Object Storage のDSN を指定します。任意のName を指定したあと、Test Connection がパスできれば設定完了です。

MySQL Target 接続を追加

続いて、レプリケーション先となるMySQL へのコネクションも追加します。

  1. 先程と同じように「+New Endpoint Connection」をクリックします。
  2. 「Role: Target」「Type: MySQL」を指定して、Server アドレスやUserName、Password などMySQL 接続に必要な接続情報をそれぞれ指定し、保存します。 MySQL 接続を追加

Task の構成

コネクションの作成が完了したら、実際のレプリケーション処理であるTask の作成を進めていきましょう。

  1. 「+New Task」をクリックし、任意の名称でTask を作成します。Replication Profileは「Unidirectional:単方向」でTask Optionsは「Full Load」を指定します。
  2. 新規Task を作成
  3. タスク作成後の画面で、データソースには先程作成したIBM Cloud Object Storage のコネクションを、ターゲットにはMySQL のコネクションを、ドラッグドロップでそれぞれ指定します。
  4. Task の設定画面

レプリケーション対象のテーブルを選択

データソースとターゲットを決めたら、レプリケーション対象のテーブルを指定しましょう。

  1. 「Table Selection」をクリックします。
  2. Table Selection をクリック
  3. 「Search」をクリックして、対象となるテーブルを検索します。以下のようにIBM Cloud Object Storage のテーブル一覧が表示されるので、任意のテーブルを選択していきます。
  4. テーブルを検索
  5. これで以下のように選択されればOK です。ちなみにデフォルトではテーブルの全レコード・全カラムをレプリケーションしますが、Global Rules から細かな条件や項目の設定がチューニング可能です。
  6. テーブルを選択

作成したTask を実行

それでは作成したTask を実際に実行してみましょう。

  1. 「Run」をクリックすることで、レプリケーションを開始できます。
  2. Run をクリック
  3. レプリケーションが進むとMonitor 画面に遷移し、レプリケーション結果を確認できます。Completed が表示されればOKです。
  4. 実際にMySQL のテーブルを確認してみると、以下のようにテーブルが自動生成され、データが正常に複製されていました。
  5. MySQL 画面

おわりに

このようにCData ODBC Driver を利用することで、各種クラウドサービスをQlik Replicate の接続先として利用できるようになります。また、今回は入力データソースとして利用しましたが、出力データソースとしても対応可能になっています。 CData ではIBM Cloud Object Storage 以外にも270種類以上のデータソース向けにODBC Driver を提供しています。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

日本のユーザー向けにCData Sync は、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。