製品をチェック

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ODBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIBM Cloud Object Storage にデータ連携。

IBM Cloud Object Storage データにデータベースと同感覚でアクセスして、IBM Cloud Object Storage データに使い慣れたODBC インターフェースで連携。

データ変換ツールTranSpeed でIBM Cloud Object Storage のデータにアクセスする方法

TranSpeed でIBM Cloud Object Storage データに連携して、CSV ファイルに出力する方法を解説します。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2023-05-12
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
TranSpeed ロゴ

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

TranSpeed はユーザックシステムが提供するノンプログラミングデータ変換ツールです。豊富な変換ロジックと様々なRDB、CSVファイルなどに対応しているのが特徴で、RPAツール Autoジョブ名人のデータ変換機能としても利用されています。本記事では、TranSpeed からCData ODBC Driver を利用してIBM Cloud Object Storage データを取得、CSV ファイルに出力する方法を解説します。

TranSpeed ではRDB の取り込み設定という仕組みが標準提供されており、この機能を介してSQL Server やMySQL などにアクセスできるようになっています。そして、この機能とCData が提供しているODBC Driver ラインナップを組み合わせることで、各種クラウドサービスのAPI にアクセスすることができるようになります。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. IBM Cloud Object Storage をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにIBM Cloud Object Storage データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてIBM Cloud Object Storage の接続を設定、2.TranSpeed 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとIBM Cloud Object Storage への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからIBMCloudObjectStorage ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

インストール後、ODBC DSN(データソース名)で接続プロパティを設定します。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および設定できます。

Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

  1. IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

API キー

API キーは以下の手順で取得できます。

  1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. API キーページに移動します。
  3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
  4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

Cloud Object Storage CRN

デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

  • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
  • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

IBM Cloud Object Storage への接続

これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

  • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
  • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
  • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。



IBM Cloud Object Storage データをTranSpeed に連携

CData Driver の設定が完了したらTranSpeed 側の設定を進めます。まずはCData ODBC Driver 経由でIBM Cloud Object Storage へ接続するための「データベース接続定義」を追加しましょう。

  1. TranSpeed を立ち上げて、「マッピング設定」に移動します。
  2. マッピング設定
  3. 「データベース接続定義」に移動し「新規」ボタンをクリックします。表示される画面で「新たにデータベース接続定義を作成する」を選択し「OK」をクリック
  4. データベース接続定義を作成
  5. 先程作成したODBC DSN の情報を指定した接続情報を入力します。入力後、接続テストを実行し、正常に完了したら登録ボタンをクリックして保存します。以下は接続情報の設定例です。

    プロパティ名

    設定値例

    備考

    接続名

    IBM Cloud Object Storage

    任意の接続名を指定します。

    データベースエンジン種別

    その他

    接続方法

    Odbc

    データベース名

    IBM Cloud Object Storage

    接続文字列

    DSN=CData IBMCloudObjectStorage Source

    先程作成したODBC DSNの名前をDSN=以降に指定します。


    データ変換アプリケーションの作成

    ODBC の接続設定を追加したら、実際にデータ変換を行うアプリケーションを作成していきましょう。マッピング設定の画面から「システム」を選択し、「新規」ボタンをクリックします。

    アプリケーションの新規作成

    新しく作成するデータ変換アプリケーションの内容が表示されます。今回はそのままデフォルトで作成を開始します。必要に応じて各種名称を表示すると良いでしょう。

    入力データソースの設定

    アプリケーション定義画面が表示されたら、まず「入力データソース」を調整していきます。今回はIBM Cloud Object Storage からデータを取得するので、入力データソースのデータ種別で「データベース」を選択します。データベースを選択後、データベース接続IDとして先程作成したIBM Cloud Object Storage への接続情報を指定します。

    入力データソースの設定

    接続情報の指定が完了したら、対象となるテーブルを指定しましょう(IBM Cloud Object Storage のObjects など)。テーブル名を入力すると、各項目の「検索」ボタンから対象のフィールドを指定できるようになりますので、お好みのフィールドを選択してください。

    出力データソースの設定

    続いて出力データソースを設定します。今回はシンプルにCSVに出力する処理とするため、データ種別で「CSVテキスト」を選択しました

    項目定義の構成

    入力データソースと出力データソースの指定完了後、それぞれのデータソースの仲介の役割となる項目定義を追加します。

    入出力マッピングの構成

    最後に「入力データソース」「項目定義」「出力データソース」それぞれの項目を紐づける「入出力マッピング」を構成します。以下のような画面が表示されるので、それぞれの項目を紐づけていきましょう。

    入出力マッピングの構成

    これでデータ変換アプリケーションは作成完了です。

    テスト実行

    それでは作成したデータ変換アプリケーションをテスト実行してみましょう。画面左上の「テスト実行」ボタンから動作確認が実施できます。以下のような画面が表示されるので「実行」をクリックします。

    テスト実行

    正常に処理が完了すると、以下のように処理件数と完了のメッセージが表示されます。

    テスト実行結果

    CSVファイルを確認すると、IBM Cloud Object Storage のデータをもとにしたCSV ファイルが生成されています。

    おわりに

    このようにCData ODBC Driver を利用することで、各種クラウドサービスをTranSpeed の接続先として利用できるようになります。また、今回は入力データソースとして利用しましたが、出力データソースとしても対応可能になっています。 CData ではIBM Cloud Object Storage 以外にも250種類以上のデータソース向けにODBC Driver を提供しています。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

    日本のユーザー向けにCData ODBC Driver は、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。