製品をチェック

IBM Cloud Object Storage Power BI Connector の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage Power BI Connector 相談したい

IBM Cloud Object Storage データにPower BI から接続する最適解。ハイパフォーマンスなデータアクセス、リアルタイム連携、拡張メタデータ検出、強力なSQL-92 サポートを提供。

リアルタイムIBM Cloud Object Storage データをPowerBI.com にパブリッシュ(発行)

CData Power BI Connectors をPowerBI.com に接続するオンプレミスゲートウェイでリアルタイムデータを組織内で使用可能に。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-07-18
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

powerbi ロゴ画像
Power BI ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData Power BI Connector for IBMCloudObjectStorage は、Power BI のツールおよびウイザードにシームレスに統合します。PowerBI.com へのリアルタイムデータのパブリッシュも可能です。次のステップで、Power BI Gateway を使って、自動リフレッシュ設定で、データをPower BI に公開します。

Power BI データソースとしてIBM Cloud Object Storage を設定

CData Power BI Connector をインストールすると完了後にDSN 設定画面が開きます。ここでIBM Cloud Object Storage への接続を設定します。

接続作業はWindows のODBC データソースアドミニストレータでも設定可能です。CData PowerBI REST DSN を選択します。 Power BI のbit 数(32 bit or 64 bit)に合わせたアドミニストレータを使うように気を付けてください。DSN 設定画面で必要な項目を入力してIBM Cloud Object Storage データに接続します。入力後に接続のテストを行い、OK を押して接続を確立します。

Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

  1. IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

API キー

API キーは以下の手順で取得できます。

  1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. API キーページに移動します。
  3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
  4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

Cloud Object Storage CRN

デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

  • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
  • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

IBM Cloud Object Storage への接続

これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

  • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
  • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
  • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

IBM Cloud Object Storage テーブルをPower BI からクエリ

次の手順でIBM Cloud Object Storage からデータをPower BI からクエリできるようにします:

  1. Power BI Desktop を開き、[データ]->[データを取得]->[その他]-> CData IBMCloudObjectStorage を選択して接続を押します。次にサードパーティドライバーのプロンプトが出る場合には、そのまま続行します。
  2. CData PowerBI IBM Cloud Object Storage を[Data Source Name]欄に入力します。データ接続モードを選択します:
    インポート データをプロジェクトにインポートする。オンデマンドで更新が可能。
    DirectQuery リモートデータに直接アクセスする場合。
  3. ナビゲーターダイアログで使用するテーブルを選択します。 The available tables. (Salesforce is shown.)
  4. [データの変換]では、データをカスタマイズすることができます。クエリエディタを開いて、フィルタ、ソート、集計を設定できます。

    • カラムのデータ型の変更
    • カラムの削除
    • カラムのグルーピング

    Power BI は、コネクタが取得・検出したIBM Cloud Object Storage のカラム毎のデータ型をそのまま使えます。

    Power BI は、データ変換を取得して、指定した条件でクエリを発行し、IBM Cloud Object Storage からデータを取得します。

    [読み込み]をクリックすると、そのままのデータがコネクタ経由でPower BI にロードされます。

データビジュアライゼーションを作成

データをPower BI から取得したら、レポートビューで取得したIBM Cloud Object Storage フィールドをドラッグ&ドロップしてビジュアライゼーションを作成します。チャートの種類を可視化ペインから選択し、フィールドのカラムをドラッグして設定します。

A pie chart showing Account Names and Annual Revenue from Salesforce.

チャートの右上をクリックしてソートオプションを変更することもできます。

チャートの部分のハイライトも可能です。

A highlighted account in a pie chart. (Salesforce is shown.)

取得したデータのビジュアライズ上でのフィルタリングをフィルタリングペインで行うことができます。

Accounts and Annual Revenue filtered by Industry. (Salesforce is shown.)

[更新]をクリックするとその時点でのリアルタイムデータをIBM Cloud Object Storage から取得してレポートに反映させることができます。

オンプレミスデータゲートウェイでのPowerBI.com へのデータリフレッシュの設定

次の手順でPower BI オンプレミスゲートウェイ を使って、ローカルに設定したDSN のIBM Cloud Object Storage データをPower BI のクラウド上から定期的にリフレッシュすることが可能です。

ゲートウェイモードの選択

まずはゲートウェイのモードを選択します。

  • Gateway (個人用モード): Power BI にのみパブリッシュしてリフレッシュする場合はこちらを選択。ゲートウェイはWindows ユーザーアカウントで起動します。
  • Gateway (formerly Enterprise): ほかのAzure サービスでゲートウェイが必要な場合には、こちらを選択します。また、複数のユーザーがゲートウェイにアクセスする場合にもデフォルトゲートウェイが必要です。
    デフォルトゲートウェイでアクセスする場合にはシステムDSN で接続する必要があります。ユーザーDSN だと特定のアカウントのみがアクセスでき、システムDSN のようにシステム全体からアクセスすることができないためです。CData Power BI IBMCloudObjectStorage system DSN は、コネクタのインストールの最後のステップで設定します。

個人用モードゲートウェイの設定

Personal モードでのゲートウェイでのパブリッシュは、カスタムコネクタにアクセスできるゲートウェイをインストールする必要があります。

  1. CData Power BI Connector インストーラーを実行します。ダウンロードはこちらから 可能です。
  2. on-premises data gateway (personal mode) オプションを選択します。
  3. ゲートウェイにサインインします。
  4. ゲートウェイ名を設定し、Recovery Key を指定します。
  5. コネクタセクションで、カスタムデータコネクタオプションを有効化します。.pqx ファイルが置かれたパスをオルタナティブパスとして設定することもできます。
    Note: CData Power BI Connectors は、デフォルトフォルダ(Your User Home\Documents\Power BI Desktop\Custom Connectors)に.pqx ファイルをインストールします。

ゲートウェイの設定

ゲートウェイ経由のパブリッシュには、コネクタへのアクセスが可能なゲートウェイのインストールとPowerBI.com からのIBM Cloud Object Storage DSN への接続が必要です。

1. ゲートウェイのセットアップ

次の手順でマシン上にゲートウェイを設定します:

  1. CData Power BI Connector インストーラーを起動します。Power BI Gateway のダウンロード も必要です。
  2. on-premises data gateway (recommended) オプションを選択します。
  3. ゲートウェイにサインインします。
  4. ゲートウェイ名を設定し、Recovery Key を指定します。
  5. ゲートウェイがCData Power BI Connector を見に行くフォルダを指定します。この記事では C:\Users\PBIEgwService\Documents\Power BI Desktop\Custom Connectors\ を使います。CData Connector の.pqx ファイル(C:\Users\USERNAME\Documents\Power BI Desktop\Custom Connectors\) を指定したフォルダに移します。

    NOTE: 指定されたサービスアカウント(NT SERVICE\PBIEgwService) は、ゲートウェイのアクセスフォルダに指定される必要があります。必要な場合には、ゲートウェイインストーラーのサービス設定で変更ができます。

  6. コネクタセクションで、CData.PowerBI.IBMCloudObjectStorage が表示されていることを確認します。 CData Power BI Connectors in the On-Premises Data Gateway.

2. PowerBI.com からIBM Cloud Object Storage データに接続する

  1. ゲートウェイにデータソースを追加: PowerBI.com にログインして、設定メニューから[ゲートウェイの管理]を選択して、ゲートウェイクラスターの設定を実行。
  2. [このゲートウェイクラスターでユーザーのクラウドデータソースを更新することを許可する]オプションをクリック。
  3. 適用を押して設定を保存します。
  4. 続いてCData Power BI Connectorをデータソースとして追加します。
  5. データソース設定セクションで、データソース名を入力し、データソースの種類にはCData Power BI Connector for IBMCloudObjectStorage をドロップダウンから選択します。
  6. Data Source Name には、システムDSN 名を入力します:CData Power BI IBMCloudObjectStorage。
  7. 設定後[すべての接続をテスト]ボタンをクリックし、[接続成功]が表示されれば、設定完了です。

PowerBI.com へのパブリッシュ

これでIBM Cloud Object Storage データソースに連携してデータを更新できるレポートが発行できます。次の手順でデータセットを含むレポートをパブリッシュします。

  1. Power BI Desktop で、[発行]ボタンを押して、レポートをPower BI へパブリッシュします。
  2. PowerBI.com で、発行したワークスペースを選択します。
  3. [データセット]セクションで、設定したIBM Cloud Object Storage データセットのオプションメニューをクリックして、[設定]をクリックします。
  4. [ゲートウェイ接続]セクションで、[データゲートウェイを使用する]を有効にします。状態がグリーンであることを確認し、適用を押して保存します。
  5. 個人用モードでのゲートウェイ理世うでは、[データソースクレデンシャル]をクリックして、サインインします。

データセットの更新(リフレッシュ)

これでPower BI サイドからレポートのデータをIBM Cloud Object Storage の最新のデータに更新できるようになりました。

  • データの手動更新には、[ワークスペース]-> データセット]に進み、更新ボタンをクリックします。
  • スケジュール更新には、[ワークスペース]->[データセット]に進み、更新のスケジュールをクリックします。データの更新オプションを有効にして、更新頻度を設定します。
  • レポートビューでは、更新を押してレポートを最新のデータに同期できます。

The uploaded Power BI report. (Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。