製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はコチラ

  30日間無償トライアルへ

Excel 365 からリアルタイムImpala データに連携

CData Connect Cloud を使ってExcel 365 シートからリアルタイムImpala データに接続します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-07-24
impala ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Excel ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Microsoft Excel 365 はMicrosoft Excel のクラウドネイティブバージョンです。CData Connect Cloud と組み合わせることで、Excel 365 からImpala データに即座にアクセスして分析、共有、表計算などの用途に使用できます。この記事では、Connect Cloud でImpala に接続し、Excel 365 シートからImpala データにアクセスする方法を説明します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


CData Connect Cloud の特徴

Connect Cloud は、以下の特徴を持つクラウドアプリ間のリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  • クラウドアプリ間の連携機能を提供し、Excel 365 からImpala データへのリアルタイムアクセスを簡単に実現。
  • Microsoft 認定のConnect Cloud アドインを使用するだけで、ノーコードでテーブルを取得・更新でき、自分でカスタムクエリを書くことも可能。
  • データ処理のパフォーマンスも最適化されており、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタリング、JOIN など)をImpala に直接発行し、サーバーサイドで処理したImpala データを高速で取得。

以下のステップでは、CData Connect Cloud のインスタンスが必要になります。まずは、こちらからConnect Cloud の30日間無償トライアルにサインアップしてください。


サインアップが完了したら、以下のステップを実行することでImpala データにアクセスできます。

Connect Cloud からImpala への接続

CData Connect Cloud では、直感的なUI を使ってコーディングなしでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「Impala」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Impala に接続します。

    Apache Impala に接続するには、ServerPort、およびProtocolVersion を設定してください。オプションでデフォルトのDatabase を指定することもできます。 NOSASL、LDAP、またはKerberos といった別の方法で接続するには、オンラインのヘルプドキュメントを参照してください。

    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add Impala Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

コネクションの設定が完了したら、Excel 365 からImpala データに接続できます。

Impala のリアルタイムデータにExcel 365 からアクセス

以下のステップでは、Excel 365 からCData Connect Cloud に接続して新しいImpala データソースを作成する方法を説明します。

  1. Excel 365 にログインして、新しいシートを作成、または既存のシートを開きます。
  2. 「Insert」をクリックして「Office Add-ins」をクリックします(すでにアドインをインストールしている場合は、ステップ4に進んでください)。
  3. CData Connect Cloud アドインを検索してインストールします。 アドインをインストール
  4. 「Data」をクリックしてCData Connect Cloud アドインを開きます。 アドインを開く
  5. アドインのパネルで、「Authorize」をクリックしてご利用のCData Connect Cloud インスタンスを認証します。 Excel 365 のCData Connect Cloud パネル
  6. Excel 365 のCData Connect Cloud パネルで、「IMPORT」をクリックします。 Excel 365 のCData Connect Cloud パネル
  7. コネクション(例:ApacheImpala1)、テーブル(例:Customers)、カラムを選択してインポートします。 コネクション、テーブル、カラムを選択
  8. オプションでFilters(フィルタ)、Sorting(ソート)、Limit(取得数制限)の設定を追加することもできます。
  9. 「Execute」をクリックしてデータをインポートします。 クエリの実行

クラウドアプリケーションからImpala データへのライブアクセス

以上で、Excel 365 ブックからImpala リアルタイムデータへのクラウド連携を実現できます。データをさらに追加して表計算、集計、共有などの用途に使用できます。

インポートしたデータ(Salesforce の場合)

クラウドアプリケーションから、ノーコードで150を超えるSaaS 、ローコードアプリ、NoSQL データソースへのリアルタイムデータアクセスを実現するには、CData Connect Cloud の30日間無償トライアルをぜひお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。