製品をチェック

Impala ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 30日間の無償トライアルへ

製品の詳細

Apache Impala アイコン Impala ODBC Driver 相談したい

Impala ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからImpala にデータ連携。

Impala データにデータベースと同感覚でアクセスして、Impala データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。

Impala のデータをTableau Desktop に接続して可視化やダッシュボード構築に活用する方法

CData ODBC Driver は、Tableau へのImpala 連携をノーコードで手軽に実現します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-09-07
impala ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Tableau Desktop ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Tableau といえば、直感的に使えるUI と高度なデータ分析・ダッシュボード構築機能を備えた人気のBI ツールですね。このTableau をCData ODBC Driver for ApacheImpala と組み合わせることで、Tableau からリアルタイムでImpala データにアクセスできます。本記事では、CData ODBC ドライバのインストールからTableau Desktop でのImpala データへの連携、ダッシュボードの構築までをステップバイステップでご紹介します。

CData ODBC ドライバとは?

CData ODBC ドライバは、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Impala をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. Tableau をはじめとする多様なBI・帳票・データ分析ツールにImpala データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定

CData ODBC ドライバでは、1.データソースとしてImpala の接続を設定、2.Tableau 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

Impala のODBC 接続を構成する

まずは、本記事右側のサイドバーからApacheImpala ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

インストール後自動で開かれるMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使って、ODBC DSN を作成および設定できます。

Apache Impala に接続するには、ServerPort、およびProtocolVersion を設定してください。オプションでデフォルトのDatabase を指定することもできます。 NOSASL、LDAP、またはKerberos といった別の方法で接続するには、オンラインのヘルプドキュメントを参照してください。

Tableau Desktop にODBC 接続を追加する

次に、Tableau Dekstop を開いて先ほど設定したImpala へのODBC 接続を、データソースとして追加しましょう。まずは、Tableau Desktop を起動します。

  1. 起動後最初に表示される画面で、「接続」パネルから、「その他」→「その他データベース(ODBC)」をクリックします。
  2. 接続パネルからODBC 接続画面を表示
  3. 表示される画面の「DSN」に、先ほど設定したCData Impala Source を指定して、「接続」をクリックします。完了したら、「サインイン」ボタンをクリックします。
  4. ODBC 接続画面

Impala データへの接続はこれだけで完了です!ここからは実際にImpala データを取得して、データを使ったダッシュボードを作っていきましょう。

Tableau でImpala データを可視化する

可視化・分析に使用するImpala データを選択する

まずはImpala から可視化 / 分析に使うデータを指定します。

  1. 「データ ソース」の画面が表示されたら、「データベース」ドロップダウンで「CData」を選択します。
  2. データベースドロップダウンでCData を選択
  3. 次に、「スキーマ」ボックスで「🔎」(検索)マークをクリックして、「Impala」を選択します。
  4. スキーマボックスでImpala を選択
  5. 次に「テーブル」ボックスで、Impala 内の可視化したいテーブル名を検索して選択します。または、「🔎」(検索)マークをクリックしてテーブルを一覧を表示してそこから選択したり、「新しいカスタム SQL」ボタンからSQL ベースでデータをクエリすることもできます。
  6. テーブルボックスでテーブルを選択
  7. テーブルを選択すると右側の画面に選択したテーブルが表示されるので、必要に応じてテーブル間の関連付けを行います。画面下部のペインで選択したテーブルのフィールドやプレビューを参照できます。
  8. テーブルを選択して関連付けを行う
  9. 右上の「接続」メニューで「ライブ」オプションをクリックすると、Tableau へのデータロードをスキップしてリアルタイムでデータを扱うことができます。

これで、可視化に使用するデータの準備が整いました。あとは、Tableau の強力な可視化機能をフル活用してデータを可視化 / 分析できます。

Impala データを可視化する

それでは、実際にImpala のデータを可視化してみましょう。ここでは例としてCustomers テーブルのデータを使います。

  1. データソースからシートタブに移動して、「テーブル」以下に表示されているカラムから可視化したいカラムを選択して行と列にドラッグドロップします。Tableau が自動で適切なグラフを選択くれるので、これだけでデータを可視化できました。
  2. テーブルからカラムを選択してドラッグドロップ
  3. 複数のワークシートを作成すれば、組み合わせてダッシュボードを構築することもできます。
  4. シートを組み合わせてダッシュボードを構築

Impala からTableau へのデータ連携には、ぜひCData ODBC ドライバをご利用ください

このようにCData ODBC ドライバと併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをTableau からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

日本のユーザー向けにCData ODBC ドライバは、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。