データベース・ソリューションSkyLink でJira データを連携利用

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Jira ODBC Driver

JIRA ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからJIRA のリアルタイムデータ連携を実現するパワフルなツールです。

RDB にアクセスするときと同感覚でJIRA にアクセスし、標準ODBC Driver インターフェースを通じて読み出し、書き込み、更新が可能に。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

データベース・ソリューションSkyLink と Jira ODBC Driver を使ってJira データを利用する方法



SkyLink はイースト株式会社が提供するデータベース・ソリューションです。

この記事では、SkyLink と CData ODBC Driver を使って、SkyLink でJira のデータを活用する方法を紹介します。

Jira データへの接続

まずCData ODBC Driver を対象の環境にセットアップします。

  1. ODBC DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    JIRA への接続には、User、Password およびURL を使います。URL はhttps://yoursitename.atlassian.net などです。

  2. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

SkyLink のインストール

続いてSkyLink のインストールを行います。

  1. SkyLink はイースト株式会社のサイトから取得できます。インストーラーを入手後、Wizard に従ってSkyLinkのインストールを進めます。
  2. インストールの途中で「接続データベースの選択」がありますので、ここで「ODBC」を選択し、インストールを実施してください。

SkyLink からの接続

それでは実際にSkyLink からJira のデータに接続してみたいと思います。

  1. SkyLink を立ち上げて「新規作成」を選択し「OK」をクリックします。
  2. 接続可能なODBC DSN の一覧が表示されるので、先ほど構成したDSNを選択し、「OK」をクリックします。
  3. 接続が正常に完了すると、画面左側でJira のテーブル一覧を参照できるようになります。
  4. テーブルをダブルクリックすることで、コマンド画面に配置できます。あわせて取得したいカラムを選択してください。
  5. 選択完了後、画面右上の「検索」をクリックすることで
  6. Jira のデータ一覧を確認することができます。
  7. このようにして作成したコマンドを用いて、SkyLink ではフォームや検索画面、Excel 連携を実施することができます。

このようにCData ODBC Driver for Jira とSkyLink を組み合わせることで、簡単にJira データを活用した連携を実現できます。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。