製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

Choreo でMarketo とデータ連携するアプリを作成

CData Connect Cloud を使ってChoreo からMarketo に接続し、リアルタイムMarketo データと連携するカスタムアプリを構築します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-11-20
marketo ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Choreo ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

Choreo は、ローコードおよびクラウドネイティブなSaaS 開発のための多機能かつ包括的なプラットフォームです。 開発者は、高度なコーディングスキルがなくても、Choreo のローコード環境を利用することで簡単にアプリケーションを構築することができます。 さらにCData Connect Cloud と連携することで、アプリケーションにMarketo データへのクラウドベースのアクセスを即座に追加できます。 この記事では、Connect Cloud からMarketo に接続し、Choreo からリアルタイムMarketo データにアクセスするアプリケーションを作成する方法を紹介します。

CData Connect Cloud は、Marketo にクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくChoreo でリアルタイムMarketo データを使用するアプリケーションを構築できるようにします。 CData Connect Cloud は最適化されたデータ処理により、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をMarketo に直接発行し、サーバー側の処理を利用して要求されたMarketo データを高速で返します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からMarketo への接続

CData Connect Cloud を使うと、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルで「Marketo」を選択します。 Selecting a data source
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Marketo に接続します。

    REST およびSOAP API の両方をサポートしています。Schema プロパティで選択してください。

    REST API: OAuth とREST セクションでOAuthClientId、OAuthClientSecret、RESTEndpoint プロパティを設定。

    SOAP API: SOAP セクションでUserId、EncryptionKey、SOAPEndpoint プロパティを設定。

    詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Add Marketo Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 Updating permissions

パーソナルアクセストークンの取得

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。 きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

接続の設定が完了したら、Choreo からMarketo データに接続できるようになります。

Choreo からMarketo への接続

以下のステップでは、Choreo からCData Connect Cloud に接続し、リアルタイムMarketo データにアクセスできる新しいアプリケーションを作成する方法を紹介します。

コンストラクトを作成する

  1. Choreo プラットフォームにサインインします。Note:この記事は、Anonymously を選択した場合について説明しています。 Displaying Choreo landing page
  2. 左サイドバーからComponents を選択し、+Create をクリックします。次に、Manual Trigger を選択し、続けてStart from scratch を選択します。 Selecting manual trigger
  3. マニュアルトリガーのName とDescription を入力し、Create をクリックします。 Creating manual trigger
  4. トリガーが作成されたら、Edit Code をクリックします。 Clicking Edit Code
  5. Ballerina Low-Code IDE が表示されます。Choreo は、ローコードダイアグラムビューでコンストラクトを自動生成します。 このコンストラクトをハイライトしてゴミ箱アイコンをクリックし、削除します。 Showing Ballerina Low-Code IDE
  6. 画面上部の + アイコンをクリックし、右サイドのAdd Constructs ツールバーにあるMain を選択します。 続けてFunction Configuration フォームでSave をクリックします。 Adding a Construct

CData Connect Cloud コネクタを追加する

  1. 楕円形のSTART とEND の間にある + アイコンをクリックして、Connector をクリックします。
  2. Adding a Connector
  3. 右サイドバーのConnectors で「CData」を検索します。CData Connect をクリックしてConnector 設定ペインを開きます。
  4. Searching for CData Connector
  5. Connector 設定ペインで、構成の設定を入力します。
    • 使用するEndpoint Name を入力します。例では「connectEndpoint」を使用しています。
    • User フィールドに、CData Connect Cloud ユーザーのE メールアドレスを引用符で囲んで入力します(例:"[email protected]")。
    • Password フィールドに、前述の生成されたPAT を引用符で囲んで入力します(例:"SampleToken")。
  6. Configuring an endpoint
  7. Save をクリックすると、CData Connect Cloud のロゴがついたローコードエディタが表示されます。
  8. Displaying the new CData connector

クエリのアクションを追加する

  1. newend の間の + アイコンをクリックし、Action を選択して既存のコネクタエンドポイントを選択します。
  2. Creating an Action
  3. connector Operation クエリを選択します。右側にAction ペインが表示されます。
  4. Showing Action pane
  5. Marketo データを取得するためのSQL クエリを、querysqlQuery パラメータとして入力します。次に例を示します。 SELECT * FROM Marketo1.Marketo.Leads LIMIT 10
    • クエリを入力する際、カタログにConnection Name を、スキーマにData Source Name を必ず指定してください。例えば、Marketo1.Marketo です。
    • これらのパラメータはCData Connect Cloud ダッシュボードのConnections ページに表示されます。

Marketo データを反復処理する

  1. コードエディタの右上にあるShow Source アイコンをクリックします。
  2. ballerina/io ライブラリをインポートするimport 文を追加します。
    		
    		import ballerina/io;
    	
  3. 次に、SQL クエリの結果を繰り返し処理するために、query アクションの後にfrom 文を追加します。
  4. 		
    		check from record{} result in resultStream
    		do {
    			io:println("Full Leads details: ", result);
    		};
    	
  5. コンストラクトのコードは次のようになります。
  6. 			
    			import ballerinax/cdata.connect;
    			import ballerinax/cdata.connect.driver as _;
    			import ballerina/io;
    
    			public function main() returns error? {
    				connect:Client connectEp = check new (user = "connect_cloud_username", password="connect_cloud_pat");
    
    				stream<record {}, error=""?> resultStream =
    				connectEp->query(sqlQuery = `SELECT * FROM Marketo1.Marketo.Leads LIMIT 10`);
    
    				check from record{} result in resultStream
    				do {
    					io:println("Full Leads details: ", result);
    				};
    			}
    		
  7. Save をクリックしてアクションを保存します。次のようなダイアグラムになります。
  8. Displaying the new endpoint in Ballerina

プログラムをデプロイする

必要とするアクションをすべてプログラムに追加したら、次のステップに進みます。

  1. Web エディタで最終的なソースコードをコミットしてプッシュし、その変更をChoreo プラットフォームに同期します。
  2. Choreo Console の左ナビゲーションバーでDeploy をクリックします。
  3. Build Area でConfigure & Deploy をクリックし、プログラムをデプロイします。
  4. プロンプトが表示されたら、先ほど使用したCData Connect Cloud のユーザー名とパスワードを入力し、Deploy をクリックします。
  5. Deploying the program

Choreo でリアルタイムMarketo データにアクセスできるアプリケーションを作成できました。

CData Connect Cloud の入手

Choreo をCData Connect Cloud で連携するための詳細は、CData Connect Ballerina Guide を参照してください。 CData Connect Cloud の30日間無償トライアルを利用して、クラウドアプリケーションから100を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのダイレクトなSQL アクセスをお試しください!

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。