製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

Qlik Sense Cloud でMarketo データを使ったアプリを作成

CData Connect Cloud を使用してMarketo のOData API を作成し、Qlik Sense Cloud のリアルタイムMarketo データからアプリを構築します。

加藤龍彦
デジタルマーケティング

最終更新日:2022-03-07
marketo ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Qlik Sense ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Qlik Sense Cloud を使用すると、データのビジュアライゼーションを作成および共有できます。CData Connect Cloud はMarketo へのリアルタイム接続を提供するので、Qlik Sense Cloud をCData Connect Cloud と組み合わせることで、すべてのSaaS およびクラウドベースのビッグデータとNoSQL データソースへ、データを移行したり統合したりする必要なくクラウドベースで接続できます。Qlik Sense Cloud からConnect Cloud に接続するだけで、Marketo データに瞬時にリアルタイムアクセスできます。

CData Connect Cloud とは?

CData Connect Cloud は、以下のような特徴を持ったクラウド型のリアルタイムデータ連携製品です。

  • SaaS やクラウドデータベースを中心とする150種類以上のデータソース
  • BI、アナリティクス、ETL、ローコードツールなど30種類以上のツールやアプリケーションから利用可能
  • リアルタイムのデータ接続に対応。データの複製を作る必要はありません
  • ノーコードでシンプルな設定

詳しくは、こちらの製品資料をご確認ください。

この記事では、2つの接続方法について説明します。

  1. Connect Cloud からMarketo に接続する
  2. Qlik Sense Cloud からConnect Cloud に接続してモデルを作成し、シンプルなダッシュボードを構築する

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud を構成する

INSERT TOOL HERE でMarketo データを操作するには、Connect Cloud からMarketo に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してMarketo データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でMarketo に接続するユーザーを作成します。

  1. ユーザーページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send to invite the user をクリックします。 新しいユーザーを招待
  3. ユーザーページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud users

パーソナルアクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、CData Connect Cloud OData サービス認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からMarketo に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルから「Marketo」を選択します。 Selecting a data source
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Marketo に接続します。

    REST およびSOAP API の両方をサポートしています。Schema プロパティで選択してください。

    REST API: OAuth とREST セクションでOAuthClientId、OAuthClientSecret、RESTEndpoint プロパティを設定。

    SOAP API: SOAP セクションでUserId、EncryptionKey、SOAPEndpoint プロパティを設定。

    詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit Marketo Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

接続が構成されたら、Qlik Sense Cloud からMarketo に接続できるようになります。

Marketo データからQlik Sense アプリケーションを作成する

このセクションではMarketo データを追加してQlik Sense でビジュアライズ、分析、レポートなどを行う手順を紹介します。

新しいアプリケーションの作成とデータのアップロード

  1. Qlik Sense インスタンスにログインし、ボタンをクリックして新しいアプリケーションを作成します。 Creating a new app
  2. 新しいアプリケーションに名前を付けて構成し、「Create」をクリックします。
  3. ワークスペースでクリックし、新しいアプリケーションを開きます。
  4. クリックして、ファイルやその他のデータソースからデータを追加します。 Selecting a connector
  5. Microsoft SQL Server コネクタを選択し、構成プロパティを設定します。
    • Servertds.cdata.com に設定します。
    • Port を14333に設定します。
    • Database を先ほど設定した接続の名称(例:Marketo1)に設定します。
    • User name をCData Connect Cloud のユーザー名(例:[email protected])に設定します。
    • Password を上記のユーザーのPAT に設定します。
    接続の設定
  6. 接続のオーナーを選択します。
  7. 参照するMarketo のエンティティ(テーブル)を選択します。 アプリへのデータの追加(表示はSalesforce)
  8. Next をクリックし、画面を設定したら、Qlik Sense にデータをロードします。

インサイトの生成またはアプリのカスタマイズ

データがQlik Sense にロードされると、インスタンスが表示されます。Marketo データの実用的な洞察を得るために設計されたカスタムのビジュアライゼーション、レポート、ダッシュボードを作成できます。

リアルタイムデータからインサイトを取得(表示はSalesforce)

詳細と無償トライアル

これで、リアルタイムMarketo データから簡単で強力なダッシュボードが作成されました。Marketo(および100を超えるほかのデータソース)からのOData フィードの作成方法の詳細については、Connect Cloud ページにアクセスしてください。無償トライアルにサインアップして、Qlik Sense Cloud でリアルタイムMarketo データの操作をお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。