製品をチェック

OData ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

OData アイコン OData ODBC Driver 相談したい

OData ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなOData サービスに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、標準のデータベースのようにOData サービスにアクセスし、読み出し、書き込み、更新などを実行できます。

PHP でMySQL からOData データにアクセス

PHP から標準MySQL ライブラリを介してOData に接続。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-07-18

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData SQL Gateway とODBC Driver for OData を使用することで、ETL を実行したりデータをキャッシュしたりすることなく、MySQL クライアントからOData にアクセスできます。以下のステップに従って、PHP の標準MySQL インターフェースであるmysqliPDO_MySQL を介してOData データにリアルタイムで接続します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. OData をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにOData データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてOData の接続を設定、2.MySQL 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとOData への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからOData ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

必要な接続プロパティの値が未入力の場合には、データソース名(DSN)で入力します。組み込みのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用し、DSN を構成できます。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

OData ソースへの接続には、OData サーバーのルートURI もしくはOData サービスのファイルをURL に指定します。Authentication セクションでは、User およびPassword を設定します。

SQL Gateway を構成する

OData データへの接続を、仮想MySQL データベースとして設定する方法については、「SQL Gateway Overview」を参照してください。クライアントからのMySQL リクエストをリッスンするMySQL リモートサービスを構成します。このサービスはSQL Gateway UI で設定できます。

Creating a MySQL Remoting Service in SQL Gateway (Salesforce is shown)

PHP から接続する

以下の例は、オブジェクト指向インターフェースを使用してクエリを接続および実行する方法を示します。 以下のパラメータを使用して接続オブジェクトを初期化し、仮想MySQL データベースに接続します。

  • Host:サービスが実行されているリモートホストの場所を指定します。この例では、サービスがローカルマシンで実行されているため、"localhost" をリモートホスト設定に使用します。
  • Username:SQL Gateway の「ユーザー」タブで認証したユーザーのユーザー名を指定します。
  • Password:認証されたユーザーアカウントのパスワードを指定します。
  • Database Name:データベース名としてシステムDSN を指定します。
  • Port:サービスが実行されているポートを指定します。この例では3306 を指定します。

mysqli

<?php
$mysqli = new mysqli("localhost", "user", "password", "CData OData Sys","3306");
?>

PDO

<?php
$pdo = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=CData OData Sys;port=3306', 'user', 'password');
?>

PHP からクエリする

接続が確立されると、テーブルにアクセスできます。以下のステップでは、例を説明します。

  1. テーブル(Orders)をクエリします。結果は、連想配列として$result オブジェクトに保存されます。
  2. 各行とカラムを順番に処理して、値を出力してPHP ページに表示することができます。
  3. 接続を閉じます。

mysqli

$result = $mysqli->query("SELECT Orders.Freight, Customers.ContactName FROM Customers INNER JOIN Orders ON Customers.CustomerId=Orders.CustomerId");
while($row = $result->fetch_assoc()) {
  foreach ($row as $k=>$v) {
    echo "$k : $v";
    echo "<br />"; 
  }
}
$mysqli->close();

PDO

$result = $pdo->query("SELECT Orders.Freight, Customers.ContactName FROM Customers INNER JOIN Orders ON Customers.CustomerId=Orders.CustomerId");
while($row = $result->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)) {
  foreach ($row as $k=>$v) {
    echo "$k : $v";
    echo "<br />"; 
  }
}
$result = null;
$pdo = null;

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。