データベース・ソリューションSkyLink でOData データを連携利用

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

OData ODBC Driver

OData ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなOData サービスに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、標準のデータベースのようにOData サービスにアクセスし、読み出し、書き込み、更新などを実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

データベース・ソリューションSkyLink と OData ODBC Driver を使ってOData データを利用する方法



SkyLink はイースト株式会社が提供するデータベース・ソリューションです。

この記事では、SkyLink と CData ODBC Driver を使って、SkyLink でOData のデータを活用する方法を紹介します。

OData データへの接続

まずCData ODBC Driver を対象の環境にセットアップします。

  1. ODBC DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    OData ソースへの接続には、OData サーバーのルートURI もしくはOData サービスのファイルをURL に指定します。Authentication セクションでは、User およびPassword を設定します。

  2. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

SkyLink のインストール

続いてSkyLink のインストールを行います。

  1. SkyLink はイースト株式会社のサイトから取得できます。インストーラーを入手後、Wizard に従ってSkyLinkのインストールを進めます。
  2. インストールの途中で「接続データベースの選択」がありますので、ここで「ODBC」を選択し、インストールを実施してください。

SkyLink からの接続

それでは実際にSkyLink からOData のデータに接続してみたいと思います。

  1. SkyLink を立ち上げて「新規作成」を選択し「OK」をクリックします。
  2. 接続可能なODBC DSN の一覧が表示されるので、先ほど構成したDSNを選択し、「OK」をクリックします。
  3. 接続が正常に完了すると、画面左側でOData のテーブル一覧を参照できるようになります。
  4. テーブルをダブルクリックすることで、コマンド画面に配置できます。あわせて取得したいカラムを選択してください。
  5. 選択完了後、画面右上の「検索」をクリックすることで
  6. OData のデータ一覧を確認することができます。
  7. このようにして作成したコマンドを用いて、SkyLink ではフォームや検索画面、Excel 連携を実施することができます。

このようにCData ODBC Driver for OData とSkyLink を組み合わせることで、簡単にOData データを活用した連携を実現できます。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。