製品をチェック

PCA Accounting ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

PCA Accounting アイコン PCA Accounting ODBC Driver 相談したい

PCA クラウド会計 ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーション からライブなPCA クラウド会計データに直接接続できる強力なツールです。標準のODBC ドライバー インタフェースを使用して、データベースのようにPCA クラウド会計にアクセスし、顧客、商品、伝票などの読み出し、書き込み、および更新を実行できます。

FoxPro でPCA Accounting データを操作

PCA Accounting をFoxPro データベースにロードします。この記事では、完全なコードとプロセスのウォークスルーを提供します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-06-26
pcaaccounting ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
FoxPro ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData ODBC Driver for PCAAccounting は、ODBC スタンダードを使用してPCA Accounting にアクセスすることを可能にします。また、CData ODBC Driver for PCAAccounting を使用して、PCA Accounting をFoxPro プロジェクトに統合することも可能です。以下のステップは、含まれているコードサンプルのウォークスルーを提供します。このコードでは、PCA Accounting データをFoxPro データベースのテーブルに保存します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. PCA Accounting をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにPCA Accounting データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてPCA Accounting の接続を設定、2.FoxPro 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとPCA Accounting への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからPCAAccounting ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

未指定の場合は、初めにODBC DSN(data source name)で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

NOTE:[Map To WVarchar]接続プロパティをFALSE に設定します。(FoxPro はODBC W API を使用し、値タイプのWCHAR を返します。)

PCA クラウド会計DX では、OAuth 2 認証標準を使います。

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。接続に最小限必要な接続プロパティは、次のとおりです。

  • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使って、OAuth 交換や、手動での接続文字列のアクセストークン設定の繰り返しを避けられます。
  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントId に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • CallbackURL:アプリケーション設定のリダイレクトURL に設定。
  • ApiVersion:接続するPCA API Server バージョンを設定。
  • DefaultDataArea:接続するデータ領域を設定。
  • DataCenter:接続するサーバーのDataCenter 名を設定。
  • ProductCode:PCA 製品コード名を設定。
  • InputModuleName:PCA InputSlip のInputModuleName を設定。

接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでPCA Accounting OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、CData 製品にアクセス許可を与えます。CData 製品がOAuth プロセスを完了します。

ヘッドレスマシンの認証など、他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

接続して転送

開始するには、コードサンプルを新しいプロジェクトに追加します。以下のコマンドを実行することで、テーブルをすべて表示することなく保存できます。

DO C:\Temp\sqldump.prg WITH "CData PCAAccounting Source", "TESTDB", .f.

以下は、プログラムが従うプロセスです。

  1. 新しいFoxPro データベースを作成します。
  2. 以下の行でPCA Accounting への接続を開きます。

    m.hSQLconnection = SQLCONNECT(m.cODBCDSN)
  3. 接続が成功したら、SQLTABLES 関数を使用してテーブルのリストを取得できるようになります。以下のコードは、テーブルのリストをsys_tables.dbf に保存します。

    WAIT WINDOW "Fetching tables for data source '" + m.cODBCDSN + "'..."NOWAIT NOCLEAR m.nSQLTABLES = SQLTABLES(m.hSQLconnection) IF lUseDistinctConnections WAIT WINDOW "Closing ODBC Connection for data source '" + m.cODBCDSN + "'..."NOWAIT NOCLEAR SQLDISCONNECT(m.hSQLconnection) m.hSQLconnection = 0 * SQLCONNECT needs to be called again ENDIF IF m.nSQLTABLES > 0 * create local table containing list of tables in db COPY TO (m.cImportData + "sys_tables") USE * convert each table to DBF USE (m.cImportData + "sys_tables") ALTER TABLE DBF("sys_tables") ; ADD COLUMN records i ; ADD COLUMN dbfname m
  4. 各テーブルをスキャンしてDBF ファイルに保存します。関数ODBCtoDBF は、テーブルをDBF ファイルに格納し、lBrowse パラメータがtrue に設定されている場合はグリッドを開きます。 FUNCTION ODBCtoDBF (cTableName as String, cTableType as String, lBrowse as Logical, lhSQLConnection as Integer) WAIT WINDOW ; "Converting " + m.cTableType + ' "' + m.cTableName + '" to DBF...' ; NOWAIT NOCLEAR ACTIVATE SCREEN * strip characters incompatible with FoxPro out of the name of the DBF file m.cTableAlias = "" m.nTableNameLen = LEN(m.cTableName) m.nTableNameStart = 1 FOR m.nTableNameStart = 1 TO m.nTableNameLen m.cCharacter = SUBSTR(m.cTableName, m.nTableNameStart, 1) IF !ISALPHA(m.cCharacter) .and. (m.nTableNameStart = 1 .or. !ISDIGIT(m.cCharacter)) m.cTableAlias = m.cTableAlias + "_" ELSE m.cTableAlias = m.cTableAlias + m.cCharacter ENDIF ENDFOR m.cFromTable = m.cTableName m.cTempViewAlias = m.cTableType + "_" + m.cTableAlias LOCAL loException as Exception LOCAL lnResultSets TRY * run query m.lnResultSets = SQLEXEC(m.lhSQLConnection, ; "SELECT * FROM " + m.cFromTable, ; m.cTempViewAlias, ; aSQLResult) IF m.lnResultSets#1 SET STEP ON ENDIF ACTIVATE SCREEN CATCH TO m.loException ACTIVATE SCREEN ?"Error opening " + m.cTempViewAlias + ":" ? m.loException.Message ? m.loException.Details ENDTRY IF !USED(m.cTempViewAlias) RETURN ENDIF * copy records from view cursor to disk SELECT * FROM (m.cTempViewAlias) ; INTO TABLE (m.cImportData + m.cTableAlias) IF USED(m.cTableAlias) ACTIVATE SCREEN FLUSH && flush the buffer to write the data to disk IF m.lBrowse * pop the table up on screen SELECT (m.cTableAlias) BROWSE NORMAL NOMODIFY NOWAIT ACTIVATE SCREEN ELSE * close on-disk table for now USE IN (m.cTableAlias) ACTIVATE SCREEN ENDIF ENDIF IF USED(m.cTempViewAlias) USE IN &cTempViewAlias && close SQL view ACTIVATE SCREEN ENDIF WAIT CLEAR ENDFUNC
  5. これで、PCA Accounting のテーブルをDBF ファイルとして保存できます。

以下は、FoxPro 9 構文の完全なコードです。

PARAMETERS cODBCDSN, cDatabaseName, lBrowseAfterConvert * cODBCDSN The ODBC data source name, used for the name of the folder where the DBF tables are stored. * cDatabaseName The name of the FoxPro database to use.This database is created if it does not exist.The default is DATABASE_NAME. * * lBrowseAfterConvert If ".t." display each table with the BROWSE command after importing it.If ".f." close each table before moving on to the next one. #define ODBC_DATASOURCE "DataSourceName" #define DATABASE_NAME "odbcdata" m.m_tpath = ".\" && root directory for data ON ERROR SET SAFETY OFF IF VARTYPE(m.cODBCDSN)#"C" .or.EMPTY(m.cODBCDSN) m.cODBCDSN = ODBC_DATASOURCE ENDIF IF VARTYPE(m.cDatabaseName)#"C" .or.EMPTY(m.cDatabaseName) m.cDatabaseName = DATABASE_NAME ENDIF m.cImportData = m.cODBCDSN + "\" CLOSE TABLES ALL CLOSE DATABASES ALL IF !DIRECTORY(m.cImportData) MKDIR (m.cImportData) ENDIF CREATE DATABASE (m.cDatabaseName) CREATE CONNECTION (m.cDatabaseName) DATASOURCE (m.cODBCDSN) DATABASE (m.cDatabaseName) WAIT WINDOW "Opening ODBC Connection for data source '" + m.cODBCDSN + "'..."NOWAIT NOCLEAR m.hSQLconnection = SQLCONNECT(m.cODBCDSN) IF m.hSQLconnection > 0 * Connection successful; get list of tables WAIT WINDOW "Fetching tables for data source '" + m.cODBCDSN + "'..."NOWAIT NOCLEAR m.nSQLTABLES = SQLTABLES(m.hSQLconnection) IF m.nSQLTABLES > 0 * Create local table containing list of tables in db COPY TO (m.cImportData + "sys_tables") USE * Convert each table to DBF USE (m.cImportData + "sys_tables") ALTER TABLE DBF("sys_tables") ; ADD COLUMN records i ; ADD COLUMN dbfname m SCAN m.cCurrentTable = TRIM(sys_tables.table_name) m.cCurrentTableType = TRIM(sys_tables.table_type) && Valid values are "SYSTEMTABLE", "TABLE", and "VIEW". IF m.cCurrentTableType = "TABLE" or m.cCurrentTableType = "VIEW" ODBCtoDBF(m.cCurrentTable, m.cCurrentTableType, m.lBrowseAfterConvert, m.hSQLConnection) ELSE ACTIVATE SCREEN ?"ERROR:", m.cCurrentTable, "Couldn't open ODBC connection." =MESSAGEBOX("couldn't open data source " + m.cODBCDSN + " for table " + m.cCurrentTable + ".") ENDIF ENDSCAN BROWSE NORMAL NOWAIT ELSE =MESSAGEBOX("No tables found in data source " + m.cODBCDSN + ".") SET STEP ON ENDIF SQLDISCONNECT(m.hSQLconnection) ELSE =MESSAGEBOX("Could not open data source " + m.cODBCDSN + ".") SET STEP ON ENDIF FUNCTION ODBCtoDBF (cTableName as String, cTableType as String, lBrowse as Logical, lhSQLConnection as Integer) WAIT WINDOW ; "Converting " + m.cTableType + ' "' + m.cTableName + '" to DBF...' ; NOWAIT NOCLEAR ACTIVATE SCREEN * Strip characters incompatible with FoxPro out of the name of the DBF file m.cTableAlias = "" m.nTableNameLen = LEN(m.cTableName) m.nTableNameStart = 1 FOR m.nTableNameStart = 1 TO m.nTableNameLen m.cCharacter = SUBSTR(m.cTableName, m.nTableNameStart, 1) IF !ISALPHA(m.cCharacter) .and. (m.nTableNameStart = 1 .or. !ISDIGIT(m.cCharacter)) m.cTableAlias = m.cTableAlias + "_" ELSE m.cTableAlias = m.cTableAlias + m.cCharacter ENDIF ENDFOR m.cFromTable = m.cTableName m.cTempViewAlias = m.cTableType + "_" + m.cTableAlias LOCAL loException as Exception LOCAL lnResultSets TRY * Run query m.lnResultSets = SQLEXEC(m.lhSQLConnection, ; "SELECT * FROM " + m.cFromTable, ; m.cTempViewAlias, ; aSQLResult) IF m.lnResultSets#1 SET STEP ON ENDIF ACTIVATE SCREEN CATCH TO m.loException ACTIVATE SCREEN ?"Error opening " + m.cTempViewAlias + ":" ? m.loException.Message ? m.loException.Details ENDTRY IF !USED(m.cTempViewAlias) RETURN ENDIF * Copy records from view cursor to disk SELECT * FROM (m.cTempViewAlias) ; INTO TABLE (m.cImportData + m.cTableAlias) IF USED(m.cTableAlias) ACTIVATE SCREEN FLUSH && Flush the buffer to write the data to disk IF m.lBrowse * Display the table on screen SELECT (m.cTableAlias) BROWSE NORMAL NOMODIFY NOWAIT ACTIVATE SCREEN ELSE * Close on-disk table USE IN (m.cTableAlias) ACTIVATE SCREEN ENDIF ENDIF IF USED(m.cTempViewAlias) USE IN &cTempViewAlias && Close SQL view ACTIVATE SCREEN ENDIF WAIT CLEAR ENDFUNC

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。