製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

CData Connect Cloud を経由してPower BI Service でRedis データをリアルタイムでビジュアライズ

CData Power BI コネクタとCData Connect を使用してRedis データをリアルタイムでPower BI のカスタムレポートに統合

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-03-07
redis ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Power BI ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Power BI を使えば、データを美しいビジュアルに可視化したり、重要な情報を整理してダッシュボード化できます。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボードでの使用のためにRedis データにアクセスできます。この記事では、CData Connect を使用してRedis のリアルタイム接続を作成し、Redis データをPower BI に接続してRedis データに関するレポートをPower BI で作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud とは?

CData Connect Cloud は、以下のような特徴を持ったクラウド型のリアルタイムデータ連携製品です。

  • SaaS やクラウドデータベースを中心とする150種類以上のデータソース
  • BI、アナリティクス、ETL、ローコードツールなど30種類以上のツールやアプリケーションから利用可能
  • リアルタイムのデータ接続に対応。データの複製を作る必要はありません
  • ノーコードでシンプルな設定

詳しくは、こちらの製品資料をご確認ください。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からRedis に接続する

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルから「Redis」を選択します。 データソースを選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Redis に接続します。

    次の接続プロパティを設定し、Redis インスタンスに接続します。

    • Server: Redis インスタンスが実行されているサーバーの名前またはアドレスに設定します。Port でポートを指定できます。
    • Password: Redis AUTH コマンドを使用するパスワード保護されたRedis インスタンスへの認証に使用されるパスワードに設定します。

    UseSSL を設定すると、接続時にSSL/TLS 暗号化をネゴシエートできます。

    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit Redis Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

接続が構成されたら、Power BI からRedis に接続できるようになります。

Connect Cloud Power BI コネクタをインストールする

バージョン: 2.112.603.0 (2022年12月)以降のバージョンのPower BI Desktop では、すでにCData Connect Cloud 用のMicrosoft 認定コネクタがPower BI Desktop に含まれています。Power BI Desktop で最初のデータセット設定が必要です。従来まではPower BI Desktop からデータソースの更新毎にデータセットを手動でパブリッシュもしくはオンプレミスGateway での定期リフレッシュが必要でした。今回のPower BI 提供のCData Connect 向けコネクタでは、一度Power BI Desktop からデータセットをパブリッシュした後のデータ更新はPower BI サービス(クラウド)上で実施できる点がポイントです! では、「データを取得」から「オンラインサービス」カテゴリを選び、「CData Connect Cloud」を選択します。

それより前のPower BI Desktop をご利用の場合には、CData Connect Cloud Power BI コネクタ をダウンロードしインストールします。インストールが完了すると、CData Connect Cloud を経由してPower BI のデータに接続できるようになります。

Installing the CData Connect Cloud Power BI Connector

Redis テーブルをクエリ

以下のステップに従って、Redis データをレポートにプルするクエリを作成します。

    「Power BI Desktop」を開いて「Get Data」->「Online Services」->「CData Connect Cloud」と進み、「Connect」をクリックします。 「Sign-in」をクリックしCData Connect Cloud のアカウントで認証します。 Authenticating with Connect Cloud
  1. サインイン後「Connect」をクリックします。 Connecting to Connect Cloud
  2. 「Navigator」ダイアログでテーブルを選択します。 The available tables.(Salesforce の表示)
  3. 「Load」をクリックしPower BI からRedis データの接続を確立します。

Redis データをビジュアライゼーションを作成する

Power BI にデータを接続した後、「Fields」ペインのフィールドをキャンバスにドラッグすることで、「Report」ビューでデータビジュアライゼーションを作成できます。チャートタイプと、ビジュアライズするディメンションとメジャーを選択します。

Visualizing data in Power BI (Salesforce データの表示)

Power BI サービス(クラウド)から最新のRedis データに更新

ここからが2022年12月以降の認定コネクタの最大のキモになります。発行したPower BI サービスで使用できるRedis データを使ったレポートのデータをPower BI 側から最新のデータに更新が可能です。まずは右上のメニュー から「データセットの表示」をクリックします。

refreshing Connect Cloud from Power BI Service

まずは、データソースであるCData Connect Cloud にアクセスする資格を設定する必要がありますので、「ファイル」→「設定」をクリックします。レポートで使用しているデータセットをワークスペースから選択し、「データソースの資格情報」を開き、「資格情報を編集」の文字をクリックします。

Setting the rights to access Connect Cloud

クリックすると再度CData Connect Cloud へのサインインを求められます。

  1. 認証方法:OAuth2 を選択
  2. このデータソースのプライバシーレベルの設定:適切なレベルを設定

「サインイン」ボタンをクリックして、CData Connect Cloud のユーザー名とパスワードでサインインします。

Connecting to Connect Cloud

これで、Power BI サービスからConnect Cloud 経由でRedis データソースを最新の状態に更新することができます。「更新」→「今すぐ更新」をクリックするとデータを更新できます。このように簡単にPower BI サービス(クラウド)側から外部データソースであるRedis のデータをリアルタイムで更新して分析利用することができました。

データアプリケーションからRedis データへのリアルタイムアクセス

CData Connect Cloud を使用してPower BI からRedis データへの直接接続ができるようになりました。これで、Redis を複製せずにより多くのデータをインポート、新しいビジュアライゼーションやレポートを作成することができます。

オンプレミスのBI やレポート、ETL、その他のデータアプリケーションから、250を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL ソース(Redis を含む)への直接のSQL データアクセスを取得するには、CData Connect ページにアクセスして無償トライアルを開始できます。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。