製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

クラウドRPA BizteX Connect でREST データにアクセス

CData Connect Server を使ってREST データのOData API エンドポイントを作成し、BizteX Connect からREST データにアクセスする方法。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2021-12-23

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

BizteX Connect は BizteX 社が提供する国産iPaaS です。ノーコードでkintone やChatwork などさまざまなクラウドサービスと連携したフローを作成し、業務の自動化・効率化を実現することができます。この記事では、CData Connect Server を経由して BizteX Connect からREST データを取得し活用する方法を説明します。

CData Connect Server は、REST データのクラウド to クラウドの仮想OData インターフェースを提供し、BizteX Connect からリアルタイムにREST データへ連携することができます。
BizteX Connect からREST にデータ連携。

REST の仮想OData API エンドポイントを作成

まずCData Connect Server でデータソースへの接続およびOData API エンドポイント作成を行います。

  1. CData Connect Server にログインして、Databases をクリックします。 データベースを追加
  2. 利用できるデータソースアイコンから"REST" を選択します。
  3. REST に接続するために必要なプロパティを入力します。

    データソースへの認証については、データプロバイダーのヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください: データプロバイダーはREST API を双方向データベーステーブルとして、XML/JSON ファイル(ローカルファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)を読み取り専用のビューとしてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。認証についての詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定し、認証値を指定したら、Format を"XML" または"JSON" に設定して、データ表現をデータ構造により厳密に一致させるようにDataModel を設定します。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、以下の基本的な設定を切り替えます。

    • Document (デフォルト):REST データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。データプロバイダーはネストされたエレメントをデータの集計として返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされたドキュメントとその親を単一テーブルとして暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれます。

    リレーショナル表現の構成について詳しくは、「REST データのモデル化」を参照してください。次の例で使用されているサンプルデータもあります。データには、人、所有している車、およびそれらの車で行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

    接続を設定
  4. Test Database をクリックします。
  5. Permission -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。
  6. API タブをクリックして OData API エンドポイントが生成されていることを確認します。

プロジェクト・シナリオの作成

CData Connect Server 側の準備が完了したら、早速BizteX Connect 側でプロジェクト・シナリオの作成を開始します。

  1. まずはプロジェクトとシナリオ(フロー)を作成します。シナリオ(フロー)はプロジェクト単位でまとめて管理できるようです。
  2. 「新規プロジェクト作成」をクリック
  3. 任意の名称でプロジェクトを作成します。
  4. その後「+新規シナリオ作成」をクリックして、REST データ連携シナリオの作成を進めていきます。

起動イベントの設定

シナリオの作成で一番最初に設定することが、起動イベントの構成です。BizteX Connect ではさまざまな起動イベントが存在しますが、今回は検証用途として「手動」実行にしてみました。

  1. 「アプリ選択」の一覧から「一般」を選択し
  2. 「ボタンを押して実行」を選択します。
  3. それぞれのイベントでは出力データが変数として格納されます。内容を確認して「完了して次へ」をクリックしましょう。

HTTP コネクタの構成

今回のシナリオでは、REST のデータを取得して BizteX Connect で扱えるようにします。

  1. CData Connect Server へのアクセスには「HTTPコネクタ」が利用できるので、アプリの一覧から選択します。
  2. アクションは「HTTPリクエスト」を指定します。
  3. 続いて、データを取得するためのAPI リクエストを指定します。今回はデータを取得するのでGET リクエストです。対象のURL はCData Connect Server のAPI ドキュメントから取得してきて指定しましょう。
  4. 基本設定が完了したら、オプションを指定します。ここで最低限必要になるオプションはCData Connect Server への認証情報の指定です。以下のようなJSON 形式でx-cdata-authtoken のプロパティにCData Connect Server で構成したユーザーのトークンを指定すれば接続が行えます。
  5. すべての設定が完了したら出力結果を確認してみましょう。以下のようにBody の中の「value」オブジェクトの中に配列形式でデータが格納されていることが確認できます。正常にBizteX Connect からREST のデータが取得できていますね。
  6. あとはBizteX Connect の各種機能を活用して、さまざまなサービスとの連携を実現できます。

このように、CData Connect Server を経由することで、API 側の複雑な仕様を意識せずにREST と連携をしたシナリオをBizteX Connect で作成できます。他にも多くのデータソースに対応するCData Connect Server の詳細をこちらからご覧ください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。