製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはこちら

CData Connect

Power BI Service でリアルタイムREST データをビジュアライズ

CData Connect Server を使用してREST データの仮想SQL Server データベースを作成し、Power BI Service でカスタムレポートを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-01-03

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Power BI を使えば会社のデータを美しいビジュアルに変換して収集および整理することができるため、重要なことだけに集中できます。CData Connect Server と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボードなどのためにREST データを使用できます。この記事では、Power BI のREST データからデータセットをデータ構築して公開し、Power BI サービスのREST データに関するレポートを作成する方法について説明します。

CData Connect Server は、REST に純粋なSQL インターフェースを提供し、データベースにデータを複製することなくPower BI のリアルタイムREST データから簡単にレポートを作成できるようにします。ビジュアライゼーションを作成する際には、Power BI がデータを収集するためのSQL クエリを生成します。CData Connect Server は、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をREST に直接プッシュし、サーバーサイドの処理を利用して、REST データを素早く返します。

注意:(オンプレミスゲートウェイを使用する代わりに)Connect Server を介してREST データをPower BI にインポートすることもできます。詳細については、関連するKnowledge Base の記事を参照してください。

REST データの仮想SQL データベースを作成

CData Connect Server は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してAPI を生成します。

  1. Connect Server にログインし、「Databases」をクリックします。 データベースを追加
  2. 「Available Data Sources」から「REST」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、REST に接続します。

    データソースへの認証については、データプロバイダーのヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください: データプロバイダーはREST API を双方向データベーステーブルとして、XML/JSON ファイル(ローカルファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)を読み取り専用のビューとしてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。認証についての詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定し、認証値を指定したら、Format を"XML" または"JSON" に設定して、データ表現をデータ構造により厳密に一致させるようにDataModel を設定します。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、以下の基本的な設定を切り替えます。

    • Document (デフォルト):REST データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。データプロバイダーはネストされたエレメントをデータの集計として返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされたドキュメントとその親を単一テーブルとして暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれます。

    リレーショナル表現の構成について詳しくは、「REST データのモデル化」を参照してください。次の例で使用されているサンプルデータもあります。データには、人、所有している車、およびそれらの車で行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

Power BI からConnect Server に接続

Power BI サービスでリアルタイムREST データに接続してビジュアライズするには、オンプレミスデータゲートウェイをインストールしてPower BI サービスからゲートウェイにデータソースを追加し、Power BI Desktop からサービスにデータセットを公開します。

オンプレミスデータゲートウェイをインストール

Microsoft オンプレミスデータゲートウェイは、接続されたデータソースとさまざまなMicrosoft ツールおよびプラットフォーム間の安全なデータ転送を提供します。ゲートウェイの詳細については、Microsoft のドキュメントを参照してください。

Power BI サービスからゲートウェイをダウンロードし、インストールできます。

  1. PowerBI.com にログインします。
  2. 「Download」メニューをクリックし、「Data Gateway」をクリックします。 Download the Data Gateway
  3. インストールの手順に従ってゲートウェイの名前をメモします。

REST をデータソースとしてPower BI サービスに追加

データゲートウェイをインストールしたら、Connect Server をデータソースとしてPower BI サービスに追加します。

  1. PowerBI.com にログインします。
  2. 「Settings」メニューをクリックして「Manage gateways」をクリックします。 Settings -> Manage gateways
  3. 「ADD DATA SOURCE」をクリックしてConnect Server への接続を構成します。

    • Data Source Name をConnect_REST に設定します。
    • Data Source Type としてSQL Server を選択します。
    • Server をConnect Server インスタンスのアドレスに設定します。(例:CONNECT_SERVER_URL
    • Database を仮想REST データベースの名前に設定します。(例:restdb
    • Authentication Method をBasic に設定します。
    • UsernamePassword をConnect Server 資格情報に設定します。

Power BI デスクトップから、データセットを公開

ゲートウェイをインストールし、Connect Server をデータソースとしてPower BI サービスに追加すると、Power BI Desktop からサービスにデータセットを公開できます。

  1. Power BIを開いて「Get Data」->「More」とクリックし、SQL Server データベースを選択して「Connect」をクリックします。
  2. Create a new connection in Power BI
  3. 接続プロパティを設定設定し、「OK」をクリックします。
    • Server をConnect Server インスタンスのアドレスに設定します。(例:CONNECT_SERVER_URL
    • Database を仮想REST データベースの名前に設定します。(例:restdb
    • Data Connectivity mode をDirectQuery* に設定します。
    Connect to CData Connect Server instance * DirectQuery は、REST データのライブクエリ処理とリアルタイムのビジュアライゼーションを可能にします。
  4. 「authentication」ウィザードで「Database」を選択してUser namePassword のプロパティを設定し、「Connect」をクリックします。
  5. Authenticate the connection
  6. 「Navigator」ダイアログでテーブルを選択し、ビジュアライズします。
  7. 「Query Editor」では、REST カラムをフィルタリング、並べ替え、要約することでデータセットをカスタマイズできます。「Edit」をクリックしてクエリエディタを開きます。行をフィルターするには、行を右クリックします。カラムヘッダーを右クリックして、次のようなアクションを実行します。

    • カラムのデータタイプを変更
    • カラムの削除
    • カラムをグループ化

    Power BI は、Connect Server によって報告されたREST メタデータから、各カラムのデータタイプを検出します。

    Power BI は、クエリへの変更を「Applied Steps」セクションに記録し、リモートREST データに対して実行される、基礎となるデータ取得クエリを調整します。「Close and Apply」をクリックすると、Power BI はデータ取得クエリを実行します。

    もしくは、「Load」をクリックしてデータをPower BI にプルします。

  8. 「Relationships」タブで選択したエンティティ間の関係性を定義します。
  9. 「Home」メニューから「Publish」をクリックして「Workspace」を選択します。

Power BI Service のREST データでレポートとダッシュボードを作成

Power BI サービスにデータセットを公開したので、公開されたデータに基づいて新しいレポートとダッシュボードを作成できます。

  1. PowerBI.com にログインします。
  2. 「Workspaces」をクリックし、ワークスペースを選択します。
  3. 「Create」をクリックし、「Report」を選択します。
  4. レポートに使用する公開済みデータセットを選択します。 Select a dataset
  5. フィールドとビジュアライゼーションを選択してレポートを追加します。 Visualizing REST データ in the Power BI service

アプリケーションからREST データへSQL アクセス

Power BI サービスからリアルタイムREST データへの直接接続ができるようになりました。これで、REST を複製せずにより多くのデータソースや新しいビジュアライゼーション、レポートを作成することができます。

アプリケーションから直接250+ SaaS 、Big Data 、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Server を参照してください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。