製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはこちら

CData Connect

Salesforce Connect で外部REST オブジェクトを編集および検索

CData Connect Server を使用すれば、REST データのOData フィードをスマートデバイスにセキュアに送信できます。CData Connect とSalesforce Connect を使用して、アプリやダッシュボードからアクセスできるREST オブジェクトを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2021-02-10

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData Connect Server を使用すると、Salesforce コンソールのようなアプリケーションや、Salesforce1 Mobile App のようなモバイルアプリケーションからREST データにアクセスできます。この記事ではCData Connect Server とSalesforce Connect を使用して、標準のSalesforce オブジェクトと外部のREST オブジェクトにアクセスします。

Connect Server を構成する

Salesforce Connect でリアルタイムREST データを操作するには、Connect Server からREST に接続し、新しい仮想データベースへのユーザーアクセスを提供してREST データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

Connect Server ユーザーを追加する

Reveal からConnect Server を介してREST に接続するユーザーを作成します。

  1. [Users]->[ Add]とクリックします。
  2. ユーザーを構成します。 Creating a new user
  3. [Save Changes]をクリックして新しいユーザーの認証トークンをメモします。 Connect Server users

Connect Server からREST に接続

CData Connect Server は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してAPI を生成します。

  1. Connect Server を開き、「Databases」をクリックします。 データベースを追加
  2. 「Available Data Sources」から「REST」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、REST に接続します。

    データソースへの認証については、データプロバイダーのヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください: データプロバイダーはREST API を双方向データベーステーブルとして、XML/JSON ファイル(ローカルファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)を読み取り専用のビューとしてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。認証についての詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定し、認証値を指定したら、Format を"XML" または"JSON" に設定して、データ表現をデータ構造により厳密に一致させるようにDataModel を設定します。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、以下の基本的な設定を切り替えます。

    • Document (デフォルト):REST データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。データプロバイダーはネストされたエレメントをデータの集計として返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされたドキュメントとその親を単一テーブルとして暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれます。

    リレーショナル表現の構成について詳しくは、「REST データのモデル化」を参照してください。次の例で使用されているサンプルデータもあります。データには、人、所有している車、およびそれらの車で行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

    Configuring a connection (NetSuite is shown).
  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。(Reveal に必要なのは、SELECT のみです。)

Connect Server にREST OData エンドポイントを追加する

REST に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. 「OData」->「Tables」->「Add Tables」とクリックします。
  2. REST データベースを選択します。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Next」をクリックします。 Selecting a Table (NetSuite is shown)
  4. (オプション)テーブルの定義を編集して特定のフィールドなどを選択します。
  5. 設定を保存します。

(オプション)Cross-Origin Resource Sharing (CORS) を構成する

複数の異なるドメインにアクセスして接続すると、クロスサイトスクリプティングの制限に違反する恐れがあります。その場合には、「OData」->「Settings」でCORS 設定を構成します。

  • Enable cross-origin resource sharing (CORS):ON
  • Allow all domains without '*':ON
  • Access-Control-Allow-Methods:GET、PUT、POST、OPTIONS
  • Access-Control-Allow-Headers:Authorization

設定への変更を保存します。

Configuring CORS settings

外部データソースとしてREST データに接続する

以下のステップに従って、CData Connect に生成されたフィードに接続します。

  1. Salesforce にログインし、「Setup」->「Integrations」->「External Data Sources」とクリックします。
  2. 「New External Data Source」をクリックします。
  3. 以下のプロパティに値を入力します。
    • External Data Source:リストビューおよびレポートで使用するラベルを入力します。
    • Name:固有の識別子を入力します。
    • Type:「Salesforce Connect: OData 4.0」オプションを選択します。
    • URL:CData Connect OData エンドポイントのURL を入力します。OData URL のフォーマットはCONNECT_SERVER_URL/api.rsc/ です。

  4. 「Writable External Objects」オプションを選択します。
  5. 「Format」メニューから「JSON」を選択します。

  6. 「Authentication」セクションでは、以下のプロパティを設定します。
    • Identity Type:組織のすべてのメンバーが同じ認証情報を使用してCData Connect にアクセスする場合は、「Named Principal」を選択します。各自の認証情報で接続する場合は、「Per User」を選択します。
    • Authentication Protocol:Basic 認証を使用するには、「Password Authentication」を選択します。
    • Certificate:Salesforce からサーバーへの通信を暗号化及び認証するために使用する証明書を入力、または参照します。
    • Username:CData Connect Server に追加したユーザーのユーザー名を入力します。
    • Password:ユーザーの認証トークンを入力します。
Configuration settings for the data source (NetSuite is shown)

REST オブジェクトを同期する

外部データソースを作成したら、以下のステップに従って、データソースへの変更を反映するREST 外部オブジェクトを作成します。REST 外部オブジェクトの定義をREST テーブルの定義と同期します。

  1. 作成した外部データソースのリンクをクリックします。
  2. 「Validate and Sync」をクリックします。
  3. 外部オブジェクトとして使用するREST テーブルを選択します。
Select external objects (NetSuite is shown)

Salesforce オブジェクトとしてREST データにアクセスする

REST データを外部データソースとして追加し、REST テーブルを外部オブジェクトとして同期すると、標準のSalesforce オブジェクトと同じように外部REST オブジェクトを使用できるようになります。

  • フィルタリストビューを使用して新しいタブを作成します。

    Viewing external objects from Salesforce (NetSuite is shown)
  • 外部オブジェクトのレポートを作成します。

    Reporting on external objects from Salesforce (NetSuite is shown)
  • Salesforce ダッシュボードから、REST オブジェクトを作成、更新、および削除します。

    Editing external objects from Salesforce (NetSuite is shown)

アプリケーションから簡単にREST データにアクセスする

この時点で、Salesforce からリアルタイムREST データに直接接続ができます。Salesforce のようなアプリケーションから簡単に100を超えるSaaS、Big Data、NoSQL ソースのデータにアクセスする方法の詳細は、Connect Server ページを参照してください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。