製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

Klipfolio でSage 200 に接続し、ビジュアライゼーションを作成

CData Connect Cloud を使用してKlipfolio からSage 200 に接続し、リアルタイムSage 200 データを使用してカスタムビジュアライゼーションを構築します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-03-07
sage200 ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Klipfolio ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Klipfolio は、チームやクライアント向けのリアルタイムダッシュボードを構築するための、オンラインダッシュボードプラットフォームです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやレポート用にSage 200 データにクラウドベースでアクセスできます。この記事では、Connect Cloud でSage 200 に接続し、Klipfolio でSage 200 データからビジュアライゼーションを構築する方法を説明します。

CData Connect Cloud とは?

CData Connect Cloud は、以下のような特徴を持ったクラウド型のリアルタイムデータ連携製品です。

  • SaaS やクラウドデータベースを中心とする150種類以上のデータソース
  • BI、アナリティクス、ETL、ローコードツールなど30種類以上のツールやアプリケーションから利用可能
  • リアルタイムのデータ接続に対応。データの複製を作る必要はありません
  • ノーコードでシンプルな設定

詳しくは、こちらの製品資料をご確認ください。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からSage 200 に接続する

CData Connect Cloud は直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続します。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルから「Sage 200」を選択します。 Selecting a data source
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Sage 200 に接続します。
    • Schema:どのエディションのSage 200 に接続するかを決定します。StandardUK または ProfessionalUK を指定してください。
    • Subscription Key:接続を確立するために使用するAPI へのアクセスを提供します。まず、 Sage 200 API web サイトにログインして、アカウントにマッチするAPI エディションにサブスクライブしてください。 こちらから手順を実行できます。https://developer.columbus.sage.com/docs/services/api/uk. その後、Sage 200 へのログインするとプロファイル内でサブスクリプションキーを確認できます。
    Configuring a connection (Salesforce is shown)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Add Sage 200 Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 Updating permissions

パーソナルアクセストークンを追加する

OAuth 認証をサポートしないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、フレームワークから接続する場合、パーソナルアクセストークン(Personal Access Token, PAT)を認証に使用できます。きめ細かくアクセスを管理するために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 新しいPAT を作成
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションが構成されたら、Klipfolio に接続できるようになります。

Klipfolio からSage 200 に接続する

以下のステップでは、Klipfolio からCData Connect Cloud に接続して新しいSage 200 データソースを作成する方法の概要を説明します。

  1. Klipfolio を開きます。
  2. Data Sources で をクリックして新しいデータソースを追加します。
  3. MSSQL をService として検索して選択します。 Adding a new datasource.
  4. 「Create a custom MSSQL data source」をクリックします。
  5. MSSQL 接続プロパティを設定してデータソースを構成します。
    • Hosttds.cdata.com
    • Port:14333
    • Database: データベース (例 Sage2001)
    • Driver:MS SQL
    • Username:Connect Cloud ユーザー(例:user@mydomain.com)
    • Password:上記のユーザーのPAT
    • SQL Query:データを取得するためのクエリ(例:SELECT * FROM Banks
    • 「Include column headers」チェックボックスをオンにします。
    • 「Use SSL/TLS」チェックボックスをオンにします。
    Configuring the connection to Connect Cloud.
  6. データモデルを構築する前に「Get data」をクリックしてSage 200 データをプレビューします。

データモデルを構築する

データを取得したら、「Model your data」チェックボックスを選択して「Continue」をクリックします。新しいウィンドウでデータモデルを構築します。

  1. 使用するすべてのカラムがモデルに含まれていることを確認します。
  2. モデルに名前を付けます。
  3. (オプション)Description を設定します。
  4. 「Header in row」を1に設定します。
  5. 「Exclude data before row」のトグルをクリックして値を2 に設定します。
  6. 「Save and Exit」をクリックします。 Configuring the data model.

Metric を作成する

データがモデル化されたことで、ダッシュボードやレポートなどのKlipfolio プラットフォームで使用されるデータのMetric(またはビジュアライゼーション)を作成することができるようになりました。

  1. 「Create metrics」をクリックします。
  2. データソースを選択します。
  3. Metric の値とデフォルトの集計を選択します。
  4. セグメントを選択します。
  5. 日時を選択します。
  6. データのシェイプを選択します。
  7. 表示設定を構成します。
  8. Save をクリックします。 Configuring a Metric
  9. Metric に移動し、ビジュアライゼーションをさらに設定します。 A configured Metric

クラウドアプリケーションからSage 200 データへのSQL アクセス

これで、リアルタイムSage 200 データから作成されたMetric ができました。新しいダッシュボードに追加したり共有したりすることができます。これで、Sage 200 を複製することなくより多くのデータソースや新しいビジュアライゼーション、レポートを簡単に作成することができます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud をお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。