製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

Sage 200 に接続したNintex ワークフローの作成

CData Connect Cloud を使用してNintex Workflow Cloud からSage 200 に接続し、Sage 200 データをリアルタイムで使用してカスタムワークフローを構築します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-03-07
sage200 ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Nintex Workflow Cloud ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Nintex Workflow Cloud は、コーディングなしでドラッグアンドドロップを使用して単純 / 複雑なプロセスを自動化するワークフローを設計できる、クラウドベースのプラットフォームです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジネスアプリケーション用にSage 200 データにクラウドベースでアクセスできます。この記事では、Connect Cloud にSage 200 の仮想データベースを作成し、Nintex でSage 200 データから単純なワークフローを構築する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Sage 200 にクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくNintex Workflow Cloud でリアルタイムSage 200 データからワークフローを作成できるようにします。Nintex では、SQL クエリを使用してデータに直接アクセスできます。CData Connect Cloud は、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をSage 200 に直接プッシュし、サーバー側の処理を利用して、要求されたSage 200 データを高速で返します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からSage 200 に接続する

CData Connect Cloud は直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続します。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションを追加
  2. Add Connection パネルから「Sage 200」を選択します。 データソースを選択
  3. 必要な認証情報を入力し、Sage 200 に接続します。
    • Schema:どのエディションのSage 200 に接続するかを決定します。StandardUK または ProfessionalUK を指定してください。
    • Subscription Key:接続を確立するために使用するAPI へのアクセスを提供します。まず、 Sage 200 API web サイトにログインして、アカウントにマッチするAPI エディションにサブスクライブしてください。 こちらから手順を実行できます。https://developer.columbus.sage.com/docs/services/api/uk. その後、Sage 200 へのログインするとプロファイル内でサブスクリプションキーを確認できます。
    コネクションの設定(Salesforce の例)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit Sage 200 Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限の更新

パーソナルアクセストークンを追加する

OAuth 認証をサポートしないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、フレームワークから接続する場合、パーソナルアクセストークン(Personal Access Token, PAT)を認証に使用できます。きめ細かくアクセスを管理するために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

    1. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
    2. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 新しいPAT を作成
    3. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

    接続が構成されたら、Nintex Workflow Cloud からSage 200 データに接続できるようになります。

    Nintex からSage 200 に接続する

    以下のステップは、(Connect Cloud を介して)Nintex からSage 200 データへの新しい接続を作成する方法の概要です。

    1. Nintex Workflow Cloud にログインします。
    2. Connections タブで「Add new」をクリックします。
    3. コネクタとして「Microsoft SQL Server」を選択し、「Connect」をクリックします。 Adding a new SQL Server Connection
    4. SQL Server の接続ウィザードで以下のプロパティを設定します。
      • Connection Name:a Connect Cloud
      • Username:Connect Cloud のユーザー名(例:user@mydomain.com)
      • Password:Connect Cloud のユーザーのPAT
      • Database Hosttds.cdata.com
      • Database Name:Sage 200 接続(例:Sage2001)
      Configuring the Connection to Connect Cloud
    5. 「Connect」をクリックします。
    6. 接続権限を構成し、「Save permissions」をクリックします。 Configuring permissions and saving the Connection

    単純なSage 200 ワークフローを作成する

    CData Connect Cloud への接続が構成され、Sage 200 にアクセスする単純なワークフローを作成する準備ができました。まずは、「Create workflow」ボタンをクリックします。

    開始イベントアクションを構成する

    1. 開始イベントタスクをクリックし、「Form」イベントを選択します。
    2. 「Design form」をクリックします。
    3. 「Text - Long」エレメントをForm にドラッグし、エレメントをクリックして設定します。
      • 「Title」を「Enter SQL query」に設定します。
      • 「Required」をtrue に設定します。
    4. 「Text - Short」エレメントを「Form」にドラッグし、エレメントをクリックして構成します。
      • 「Title」を「Enter desired result column」に設定します。
      • 「Required」をtrue に設定します。
    Designing the Start event Form

    「Execute a Query」アクションを構成する

    1. 「Start event: Form」アクションのあとに「Execute a query」アクションを追加し、クリックしてアクションを構成します。
    2. 「Start event」アクションから「SQL Script」を「Enter SQL Query」変数に設定します。
    3. 「Start event」アクションから「Column to retrieve」を「Enter desired result column」変数に設定します。
    4. 「Retrieved column」を新しい変数に設定します。(例:「values」)
    Configuring the SQL Server query action

    「Send an Email」アクションを構成する

    1. 「Execute a query」アクションののち、「Send an email」アクションを追加し、クリックしてアクションを構成します。
    2. 「Recipient email address」を設定します。
    3. 「Subject」を設定します。
    4. 「Message body」を取得したカラム用に作成された変数に設定します。
    Configuring the email action

    アクションを構成したら、「Save」をクリックしてワークフローに名前を付け、もう一度「Save」をクリックします。これで、SQL を使用してSage 200 をクエリし、結果をメールで送信する単純なワークフローができました。

    クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL データソースにリアルタイムアクセスする方法の詳細は、CData Connect Cloud を参照してください。無償トライアルにサインアップして、ご不明な点があればサポートチームにお問い合わせください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。