DBArtisan でSage 200 データに連携

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

Sage 200 ODBC Driver

Sage 200 ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからSage 200 にデータ連携。

Sage 200 データにデータベースと同感覚でアクセスして、Sage 200 のProducts、SalesOrders、Suppliers データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



DBArtisan のウィザードを使って、Sage 200 をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for Sage 200 は、DBArtisan などのデータベースツールとSage 200 data を連携し、RDB のような感覚でSage 200 データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でSage 200 データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にSage 200 Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Sage 200 への接続に必要なプロパティを設定します。

  • Schema: Determines which Sage 200 edition you are connecting to. Specify either StandardUK or ProfessionalUK.
  • Subscription Key: Provides access to the APIs that are used to establish a connection. You will first need to log into the Sage 200 API website and subscribe to the API edition that matches your account. You can do so here: https://developer.columbus.sage.com/docs/services/api/uk. Afterwards, the subscription key may be found in your profile after logging into Sage 200.

次の方法で、プロジェクトにSage 200 データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してSage 200 への接続を完了します。Sage 200 のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにSage 200 データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。