Excel データをSage 300 に移行

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Excel Add-In for Sage 300

Sage 300 Excel Add-In を使って、Microsoft Excel から直接Sage 300 データにアクセスできます。

Excel からSage 300 のInvoices、Receipts、Refunds データを読み書き更新。Excel での一括入力・一括編集、データクレンジング & 重複削除や、データ分析などに最適!



この記事では、Excel Add-In for Sage 300 をつかって、Excel からデータを Sage 300 に移行する方法を説明します。

CData Excel Add-In for Sage 300 を使えば、Excel から直接Sage 300 への編集や保存が可能になります。この記事では、Excel から Sage 300 にデータを移行する方法を説明します。 Sage 300 のデータを一度Excel にエクスポートして編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でSage 300 にインポートすることも可能です。 今回の記事では、OEInvoices テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。


接続の確立

Sage 300 への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[Sage 300]アイコンをクリックします。

Sage 300 には、Sage 300 Web API で通信するための初期設定が必要となるます。

  • Sage 300 のユーザー向けのセキュリティグループを設定します。Sage 300 のユーザーに、Security Groups の下にあるbSage 300 Web API オプションへのアクセスを付与します(各モジュール毎に必要です)。
  • /Online/Web/Online/WebApi フォルダ内のweb.config ファイルを両方編集して、AllowWebApiAccessForAdmin のキーを true 設定します。webAPI アプリプールを再起動すると設定が反映されます。
  • ユーザーアクセスを設定したら、https://server/Sage300WebApi/ をクリックして、web API へのアクセスを確認してください。

Basic 認証を使用してSage 300 へ認証します。

Basic 認証を使用して接続する

Sage 300 に認証するには、次のプロパティを入力してください。プロバイダーは、クッキーを使用してSage 300 が開いたセッションを再利用することに注意してください。 そのため、資格情報はセッションを開く最初のリクエストでのみ使用されます。その後は、Sage 300 が返すクッキーを認証に使用します。

  • Url:Sage 300 をホストするサーバーのURL に設定します。Sage 300 Web API 用のURL を次のように作成してください。 {protocol}://{host-application-path}/v{version}/{tenant}/ 例えば、 http://localhost/Sage300WebApi/v1.0/-/ です。
  • User:アカウントのユーザー名に設定します。
  • Password:アカウントのパスワードに設定します。

Sage 300 データの取得

Sage 300 にデータを挿入するには、まず該当するSage 300 のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとSage 300 のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し変更、もしくは追加した部分は文字が赤でハイライトされます。

  1. CData リボンからSage 300 ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、OEInvoices テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。