製品をチェック

Salesforce ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Salesforce アイコン Salesforce ODBC Driver 相談したい

Salesforce ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなSalesforce.com アカウントデータに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにSalesforce データにアクセスし、潜在顧客、連絡先、営業案件、アカウントなどの読み、書き、更新を実行できます。

Crystal Reports にSalesforce を連携してSalesforce データを使った帳票を作成

レポート作成ウィザードを使って、最新のSalesforce データを使った帳票を作成。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-06-11

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

Crystal Reports には、ODBC 標準向けのサポートが組み込まれています。CData ODBC Driver for Salesforce は、Crystal Reports でレポート作成ウィザードやその他のツールを使ってSalesforce へのアクセスを可能にします。この記事では、Salesforce の機能を持つシンプルな帳票を作成する方法を説明します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. Salesforce をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにSalesforce データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてSalesforce の接続を設定、2.Crystal Reports 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとSalesforce への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからSalesforce ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってSalesforce 接続を作成します。

  1. ODBC 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • User
    • Password
    • SecurityToken

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

    Salesforce 接続プロパティの取得・設定方法

    Salesforce への接続には通常のログインの他、OAuth やSSO を利用できます。ログイン方式では、ユーザー名、パスワード、セキュリティトークンを使って接続します。Salesforce セキュリティトークンの取得についてはこちらの記事をご確認ください。

    ユーザー名、パスワードを使用しない、またはできない場合、OAuth 認証を利用できます。

    SSO (シングルサインオン) は、SSOProperties、SSOLoginUrl、TokenUrl プロパティを設定することでID プロバイダー経由で利用できます。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. 新しい帳票で、[Create New Connection]>[ODBC]をクリックします。

  3. ウィザードが表示されたら[Select Data Source]をクリックし、[Data Source Name]メニューでDSN を選択します。 The Salesforce DSN selected in the Report Wizard. (Salesforce is shown.)

Salesforce データに連携する帳票をデザイン

ODBC 接続をSalesforce に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってSalesforce を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、Account テーブルのIndustry およびAnnualRevenue カラムを使います。

    Salesforce tables in the Report Wizard. (Salesforce is shown.)
  2. チャートの種類を設定。 例えば、AnnualRevenue をIndustry で表すシンプルなチャートを作成します。 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はSalesforce に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、リアル隊うSalesforce に対してクエリを実行します。

    Chart type, axes, and summary type in the Report Wizard. (Salesforce is shown.)
  3. 必要に応じて、ほかのフィルタやレポートテンプレートを設定します。
  4. データのインポートが終わったら、レポートフィールドをサマライズもしくはソートするチャートやレポートオブジェクトを作成できます。[Insert]>[Chart]をクリックして、チャートエキスパートを開きます。Total AnnualRevenue by Industry を表すグラフを作成するには、Industry を[On Change Of]メニューセレクションの下のボックスに追加してからAnnualRevenue を[Show Values]の下のボックスに追加します。

    The x and y axes of the chart.

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。

A chart with null values filtered out. (Salesforce is shown.)

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。