今すぐお試しください!

製品の詳細SAP SuccessFactors PowerShell Cmdlets を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerShell でSAP SuccessFactors Data データをCSV に落としてみた

標準PowerShell cmdlets を使ってSAP SuccessFactors テーブルにアクセス。

CData Cmdlets Module for SAP SuccessFactors は、直感的なSAP SuccessFactors データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、SAPSuccessFactors Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

Creating a Connection to Your SAP SuccessFactors Data

Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

Basic 認証

SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • Password: アカウントのパスワードに設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

OAuth 認証

アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
  • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
  • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、[Registering your OAuth Client Application]でダウンロードした証明書に記載されています。
  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。

$conn = Connect-SAPSuccessFactors  -User "$User" -Password "$Password" -CompanyId "$CompanyId" -Url "$Url"

Selecting Data

Follow the steps below to retrieve data from the ExtAddressInfo table and pipe the result into to a CSV file:

Select-SAPSuccessFactors -Connection $conn -Table ExtAddressInfo | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myExtAddressInfoData.csv -NoTypeInformation

You will notice that we piped the results from Select-SAPSuccessFactors into a Select-Object cmdlet and excluded some properties before piping them into an Export-Csv cmdlet. We do this because the CData Cmdlets append Connection, Table, and Columns information onto each "row" in the result set, and we do not necessarily want that information in our CSV file.

The Connection, Table, and Columns are appended to the results in order to facilitate piping results from one of the CData Cmdlets directly into another one.

Deleting Data

The following line deletes any records that match the criteria:

Select-SAPSuccessFactors -Connection $conn -Table ExtAddressInfo -Where "city = Springfield" | Remove-SAPSuccessFactors

Inserting and Updating Data

The cmdlets make data transformation easy as well as data cleansing. The following example loads data from a CSV file into SAP SuccessFactors, checking first whether a record already exists and needs to be updated instead of inserted.

Import-Csv -Path C:\MyExtAddressInfoUpdates.csv | %{
  $record = Select-SAPSuccessFactors -Connection $SAPSuccessFactors -Table ExtAddressInfo -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  if($record){
    Update-SAPSuccessFactors -Connection $sapsuccessfactors -Table ExtAddressInfo -Columns ("address1","zipCode") -Values ($_.address1, $_.zipCode) -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  }else{
    Add-SAPSuccessFactors -Connection $sapsuccessfactors -Table ExtAddressInfo -Columns ("address1","zipCode") -Values ($_.address1, $_.zipCode)
  }
}

As always, our goal is to simplify the way you connect to data. With cmdlets users can install a data module, set the connection properties, and start building. Download Cmdlets and start working with your data in PowerShell today!

 
 
ダウンロード