製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はコチラ

  30日間無償トライアルへ

Zoho Analytics を使用してSplunk データをインポート

CData Connect Cloud を使用してZoho Analytics からSplunk に接続し、リアルタイムSplunk データをインポートします。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-12-13
splunk ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Zoho Analytics ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

Zoho Analytics はモダンなBI およびアナリティクスプラットフォームであり、データに接続、分析したりビジュアライゼーションやダッシュボードを作成して意思決定につながるインサイトを発見できます。 CData Connect Cloud と組み合わせると、Zoho Analytics はレポートや分析のためにSplunk データにクラウドベースで即座にアクセスできます。 Connect Cloud を使用してSplunk に接続し、Zoho Analytics でダッシュボードを作成してSplunk データを分析する方法を紹介します。

CData Connect Cloud は、Splunk にクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなく、Zoho Analytics でSplunk データの分析を実現します。 CData Connect Cloud は、最適化されたデータ処理により、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をSplunk に直接プッシュし、サーバー側の処理を利用して要求されたSplunk データを高速で返します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からSplunk への接続

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. Adding a Connection
  3. Add Connection パネルで「Splunk」を選択します。
  4. Selecting a data source
  5. 必要な認証プロパティを入力し、Splunk に接続します。

    リクエストを認証するには、 User、Password、およびURL プロパティを有効なSplunk クレデンシャルに設定します。デフォルトでは、CData 製品はポート8089 でリクエストを行います。

    デフォルトでは、CData 製品はサーバーとのTLS/SSL ネゴシエーションを試みます。TLS/SSL 設定について詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown)
  6. Create & Test をクリックします。
  7. Add Splunk Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 Updating permissions

パーソナルアクセストークンの取得

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。 きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、「User Profile」をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. Creating a new PAT
  5. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。
  6. 接続が構成されたら、CData Connect Cloud を使用してZoho Analytics からSplunk データへの接続、データのインポート、およびダッシュボードの作成が可能になります。

CData Connect Cloud を使用してZoho Analytics からSplunk へ接続

Zoho Analytics からCData Connect Cloud への接続を確立するには、次の手順を実行します

  1. Zoho Analytics にログインします。
  2. Logging into Zoho Analytics
  3. 新しい接続を作成し、Cloud Databases を選択して接続モーダルを開きます。
  4. Creating a new connection
  5. 次の情報を入力します。
    • Database Type - MS SQL Server を選択。
    • Endpoint - tds.cdata.com を入力。
    • SQL Server Instance Name - 空欄のまま。
    • Port - 14333 を入力。
    • Username - CData Connect Cloud のユーザー名を入力。ユーザー名はCData Connect Cloud のインターフェースの右上に表示されています。 例えばuser@domain.com です。
    • Password - Settings ページで生成したPAT を入力。
    • Database Name - 接続したいCData Connect Cloud データソースのConnection Name を入力。例えばSplunk1です。
    • 「Next」をクリック。
    • Displaying configuration settings
  6. DataModels など、インポートしたいテーブルを選択します。
  7. Choosing table to import
  8. テーブルのData Preview がポップアップします。次に、Zoho Analytics で参照できるように、Workspace Name とTable Name を入力します。「Next」をクリックします。
  9. Displaying data preview
  10. 定期的にインポートをスケジュールするオプションがあります。設定したら「Create」をクリックします。
  11. Scheduling the import
  12. インポートが開始されます。「OK」をクリックします。
  13. Initiating the import
  14. Zoho Analytics Explorer で新しい接続を表示します。
  15. Viewing new connection
  16. 新しい接続をクリックすると、テーブルが表示されます。
  17. Viewing the table
  18. Zoho Analytics は、以下のようにユーザーのためにダッシュボードを自動生成できます。
  19. Auto-generating a dashboard

Splunk データをZoho Analytics にインポートし、ダッシュボードを作成できました。

CData Connect Cloud の入手

CData Connect Cloud の30日間無償トライアルを利用して、クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのSQL アクセスをお試しください!

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。