製品をチェック

SQL Server ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Microsoft SQL Server アイコン SQL Server ODBC Driver 相談したい

ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからMicrosoft SQL Server 互換データベースに接続します。

ODBC ドライバーを使用すると、カレントおよびレガシーバージョンのMS SQL との広範な互換性により、標準のJava Database 接続経由でSQL Server にダイレクトモードでアクセスできます。SSL、Kerberos、Integrated Security などを介したセキュアなSQL 接続および認証をサポートします。

MicroStrategy Web でSQL Server ODBC Driver を使用

CData ODBC Driver を使用してMicroStrategy Web からSQL Server データに接続

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-02-16

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

MicroStrategy は、データドリブンイノベーションを可能にする分析およびモバイルプラットフォームです。MicroStrategy とCData ODBC Driver for SQL を組み合わせると、MicroStrategy からデータベースと同じ感覚でリアルタイムSQL Server データにアクセスできるようになり、より高度なレポートと分析が行えます。この記事では、MicroStrategy Web に外部データとしてSQL Server を追加し、SQL Server データの簡単なビジュアライゼーションを作成する方法について説明します。

CData ODBC ドライバーは、ドライバーに組み込みの最適化されたデータ処理により、MicroStrategy でリアルタイムSQL Server データとやり取りする上で最高のパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からSQL Server に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をSQL Server に直接プッシュし、サポートされていない操作(主にSQL 関数とJOIN 操作)は、組み込みのSQL エンジンを利用してクライアント側で処理します。ビルトインの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのMicroStrategy データ型を使用してSQL Server データをビジュアライズおよび分析できます。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. SQL Server をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにSQL Server データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてSQL Server の接続を設定、2.MicroStrategy Web 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとSQL Server への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからSQL ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

SQL Server への接続に関する情報と、Windows およびLinux 環境でのDSN の設定手順を以下で説明します。(ODBC Driver for SQL は、接続されたMicroStrategy Intelligence Server をホストしているマシンにインストールする必要があります。)

SQL Server 接続プロパティの取得・設定方法

Microsoft SQL Server への接続には以下を入力します。

  • Server: SQL Server が稼働するサーバー名。
  • User: SQL Server に接続するユーザー名。
  • Password: 接続するユーザーのパスワード。
  • Database: SQL Server データベース名。

Azure SQL Server およびAzure Data Warehouse への接続

Azure SQL Server およびAzure Data Warehouse には以下の接続プロパティを入力して接続します:

  • Server: Azure 上のサーバー。Azure ポータルの「SQL databases」(もしくは「SQL data warehouses」)-> データベースを選択 -> 「Overview」-> 「Server name」で確認が可能です。
  • User: Azure に認証するユーザー名。
  • Password: 認証するユーザーのパスワード。
  • Database: Azure ポータルでSQL databases (or SQL warehouses) ページに表示されるデータベース名。

DSN を構成する際にはMax Rows 接続プロパティも設定できます。これにより返される行数が制限されるため、レポートやビジュアライゼーションを作成するときのパフォーマンスを向上させることができます。

Windows

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。これはドライバーインストール時の最後の手順にあたります。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

Linux

CData ODBC Driver for SQL をLinux 環境にインストールする場合、ドライバーのインストールによってDSN が事前に定義されます。DSN を変更するには、システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集し、必要な接続プロパティを定義します。

/etc/odbc.ini

[CData SQL Sys] Driver = CData ODBC Driver for SQL Description = My Description User = myUser Password = myPassword Database = NorthWind Server = myServer Port = 1433

これらの設定ファイルの使用方法については、オンラインのヘルプドキュメントを参照してください。

MicroStrategy Web を使用してSQL Server データに接続し、ビジュアライズする

MicroStrategy Developer でデータベースインスタンスを作成してプロジェクトに接続すると、MicroStrategy Web からSQL Server データのデータインポートを実行できます。もしくは、ODBC Driver を使用して新しいデータソースを作成することもできます。*

  1. MicroStrategy Web を開き、プロジェクトを選択します。
  2. 「Add External Data」をクリックし、「Databases」を選択して「Import Option」として「Select Tables」を選びます。
  3. 「Import from Tables」ウィザードでクリックして新しいデータソースを追加します。
    • DSN Data Source を選択します。
    • DSN プロパティを、以前構成したDSN(CData SQL Sys)に設定します。
    • Version プロパティをGeneric DBMS に設定します。
    • User プロパティとPassword プロパティを設定(もしくはフィラー値を使用)します。
    • Data Source Name を設定します。
    Configuring the new Data Source
  4. データソースを作成したらカタログオプションをクリックして編集し、以下のクエリを設定して「OK」をクリックします。
    • 以下は、データソースで使用可能なテーブルを取得するためのSQL ステートメントです。
      SELECT
        CatalogName NAME_SPACE,
        TableName TAB_NAME
      FROM
        SYS_TABLES
          
    • 以下は、選択したテーブルのカラムを取得するためのSQL ステートメントです。
      SELECT DISTINCT 
        CatalogName NAME_SPACE, 
        TableName TAB_NAME, 
        ColumnName COL_NAME, 
        DataTypeName DATA_TYPE, 
        Length DATA_LEN, 
        NumericPrecision DATA_PREC, 
        NumericScale DATA_SCALE 
      FROM 
        SYS_TABLECOLUMNS 
      WHERE 
        TableName IN (#TABLE_LIST#) 
      ORDER BY
        1,2,3
          
  5. テーブルをペインにドラッグします。 Connecting to SQL Server data. Note:ライブ接続を作成するので、テーブル全体をインポートして、MicroStrategy 製品に固有のフィルタリングおよび集計機能を利用できます。
  6. 「Finish」をクリックして、ライブ接続するオプションを選択してクエリを保存し、新しいドシエを作成するオプションを選択します。 Save the query and create a new dossier.
  7. ビジュアライゼーションを選択して表示するフィールドを選択し、フィルタを適用してSQL Server データの新しいビジュアライゼーションを作成します。データ型は、動的なメタデータ検出によって自動的に検出されます。可能であれば、フィルタと集計によって生成された複雑なクエリはSQL Server にプッシュダウンされ、サポートされていない操作(SQL 関数とJOIN 操作を含む)は、ドライバーに組み込まれたCData SQL エンジンによってクライアント側で管理されます。 Visualize SQL Server データ.
  8. ドシエの設定が完了したら、「File」->「Save」とクリックします。

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。


Note:ODBC Driver を使用して接続するには、3- または 4-Tier Architecture が必要です。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。