製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

Slingshot でTeradata のデータ連携してダッシュボードを作成

デジタルワークプレイスSlingshot のダッシュボードでTeradata データにCData Connect Server を使ってリアルタイム連携するレポートを作成。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2022-10-28

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

Slingshot はインフラジスティックス社が提供するオールインワンのデジタルワークプレイスサービスです。この記事では、CData Connect Server を経由してSlingshot からTeradata に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Server は、Teradata データのクラウド to クラウドの仮想OData インターフェースを提供し、Slingshot からリアルタイムにTeradata データへ連携することができます。

Teradata の仮想OData API エンドポイントを作成

まずCData Connect Server でデータソースへの接続およびOData API エンドポイント作成を行います。

  1. CData Connect Server にログインして、Databases をクリックします。 データベースを追加
  2. 利用できるデータソースアイコンから"Teradata" を選択します。
  3. Teradata に接続するために必要なプロパティを入力します。

    Teradata に接続するには、次の認証情報を提供し、データベースサーバー名を指定します。

    • User: Teradata ユーザーのユーザー名に設定。
    • Password: Teradata ユーザーのパスワードに設定。
    • DataSource: Teradata サーバー名、DBC 名、またはTDPID を指定。
    • Port: サーバーが実行されているポートを指定。
    • Database: データベース名を指定。指定されない場合は、CData 製品はデフォルトデータベースに接続されます。
    接続を設定
  4. Test Database をクリックします。
  5. Permission -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。
  6. API タブをクリックして OData API エンドポイントが生成されていることを確認します。

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、Slingshot からTeradata データに接続できます。

Slingshot にデータソースを追加する

CData Connect Server の設定が完了したら、Slingshot 側に接続設定を追加しましょう。

  1. Slingshot の対象のワークスペースに移動して「データソース」タブに移動し「+データソース」をクリックします。
  2. データソースの一覧から利用したいサービスを選択します。ここで先程CData Connect Server で設定したOData エンドポイントの接続を追加します。
  3. 「URL」にOData エンドポイントのURL を指定し「先制認証を使用する」にチェックを入れます。その上で「資格情報」を追加しましょう。
  4. 資格情報の種類は「汎用資格情報」になります。合わせてCData Connect Server のユーザー名を入力し、パスワードには先程生成したトークンを入力します。
  5. あとは「データソースの追加」をクリックすれば、データソースの接続設定は完了になります。

ダッシュボードを作成する

すべての準備が整ったのでTeradata のデータを活用してダッシュボードを作成していきましょう。

  1. 「ダッシュボード」タブに移動して「+ダッシュボード」をクリックします。
  2. 先程追加したCData Connect Server へのOData フィードデータソースが表示されるので、これを選択します。
  3. すると、事前にCData Connect Server 上で登録しておいたテーブルの一覧がエンティティのセットとして表示されるので、任意のエンティティを選択しましょう。
  4. これでSlingshot 上に対象のデータがシームレスに読み込まれます。あとは可視化するためのラベルや値を選択することで、以下のように簡単にビジュアライズが実施できます。

このように、CData Connect Server を経由することで、API を意識することなくSlingshot でダッシュボードを作成できます。他にも多くのデータソースに対応するCData Connect Server の詳細をこちらからご覧ください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。