製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

Salesforce Connect で外部WordPress オブジェクトを作成・編集する方法

CData Connect Cloud とSalesforce Connect を使用して、アプリやダッシュボードからアクセスできるWordPress オブジェクトを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-08-17
wordpress ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
Salesforce ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData Connect Cloud を使えば、Salesforce のようなクラウドベースのアプリケーションや、Salesforce Mobile App のようなモバイルアプリケーションからWordPress データにアクセスできます。この記事では、CData Connect Cloud とSalesforce Connect を使用して標準のSalesforce オブジェクトとともに外部のWordPress オブジェクトにアクセスします。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud を構成する

Salesforce Connect でWordPress データをリアルタイムで操作するには、Connect Cloud からWordPress に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してWordPress データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でWordPress に接続するユーザーを作成します。

  1. ユーザーページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send to invite the user をクリックします。 新しいユーザーを招待
  3. ユーザーページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud users

パーソナルアクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からWordPress に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 Adding a Connection
  2. Add Connection パネルから「WordPress」を選択します。 データソースを選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、WordPress に接続します。

    データに接続するには、Url を設定して認証を提供します。URL はワードプレスサイトに設定しなければなりません。そうしないと、サーバーが見つからない旨を示すエラーがスローされます。 例えば、あなたのサイトが'http://localhost/wp/wordpress' でホストされている場合、URL は'http://localhost' ではなく、'http://localhost/wp/wordpress' となるべきです。

    詳細はヘルプドキュメントを参照してください。

    Configuring a connection (NetSuite の例)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit WordPress Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

Connect Cloud にWordPress OData エンドポイントを追加する

WordPress に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. OData ページに移動し、 Add to create new OData endpoints をクリックします。
  2. WordPress 接続(例:WordPress1)を選択し、Next をクリックします。
  3. 使用するテーブルを選択し、Confirm をクリックします。 テーブルを選択(NetSuite の例)

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、Salesforce Connect からWordPress データに接続できます。

外部データソースとしてWordPress データに接続する

以下のステップに従って、Connect Cloud に生成されたフィードに接続します。

  1. Salesforce にログインし、「Setup」->「Integrations」->「External Data Sources」とクリックします。
  2. 「New External Data Source」をクリックします。
  3. 以下のプロパティに値を入力します。
    • External Data Sources:リストビューおよびレポートで使用するラベルを入力します。
    • Name:個別の識別子を入力します。
    • Type:「Salesforce Connect: OData 4.0」オプションを選択します。
    • URL:Connect Cloud OData エンドポイントのURL(https://cloud.cdata.com/api/odata/service) を入力します。
  4. 「Writable External Objects」オプションを選択します。
  5. 「Format」メニューから「JSON」を選択します。
  6. 「Authentication」セクションでは、以下のプロパティを設定します。
    • Identity Type:組織のすべてのメンバーが同じ認証情報を使用してConnect Cloud にアクセスする場合は、「Named Principal」を選択します。 各自の認証情報で接続する場合は、「Per User」を選択します。
    • Authentication Protocol:基本認証を使用するには、「Password Authentication」を選択します。
    • Certificate:Salesforce からサーバーへの通信を暗号化および認証するために使用する証明書を入力または参照します。
    • Username:Connect Cloud のユーザー名を入力します。(例:user@mydomain.com)
    • Password:ユーザーのPAT を入力します。
Configuration settings for the data source (NetSuite の例)

WordPress オブジェクトを同期する

外部データソースを作成したら、以下のステップに従って、データソースへの変更を反映するWordPress 外部オブジェクトを作成します。WordPress 外部オブジェクトの定義をWordPress テーブルの定義と同期します。

  1. 作成した外部データソースのリンクをクリックします。
  2. 「Validate and Scan」をクリックします。
  3. 外部オブジェクトとして使用するWordPress テーブルを選択します。
Select external objects (NetSuite の例)

WordPress データにSalesforce オブジェクトとしてアクセスする

WordPress データを外部データソースとして追加し、WordPress テーブルを外部オブジェクトとして同期すると、標準のSalesforce オブジェクトと同じように外部WordPress オブジェクトを使用できるようになります。

  • フィルタリストビューを使用して新しいタブを作成します。

    Viewing external objects from Salesforce (NetSuite の例)
  • 外部オブジェクトのレポートを作成します。

    Reporting on external objects from Salesforce (NetSuite の例)
  • Salesforce ダッシュボードから、WordPress オブジェクトを作成、アップデート、および削除します。

    Editing external objects from Salesforce (NetSuite の例)

クラウドアプリケーションからWordPress データへのアクセスを簡単に

これで、Salesforce からWordPress データへリアルタイムでクラウドベースの接続が可能です。Salesforce のようなクラウドアプリケーションから簡単に100を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL ソースのデータにアクセスする方法の詳細については、Connect Cloud ページを参照してください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。