PowerShell Cmdlets でXML データをCSV にエクスポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

XML Cmdlets

PowerShell Cmdlets は、XML へのリアルタイム連携機能を提供します。Cmdlets を使って、データに直接連携し、読み書き更新をDB と同感覚で行うことができます。



標準PowerShell cmdlets を使ってXML テーブルにアクセスして、CSV にエクスポート。

CData Cmdlets Module for XML は、直感的なXML データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、XML Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

XML への接続を設定

データソースを認証するには、データプロバイダーのドキュメント内の「はじめに」セクションをご覧ください。 データプロバイダーはXML API を双方向データベーステーブルとしてモデル化し、XML ファイルをread-only ビュー(ローカルファイル、人気のクラウドサービスに格納されたファイル、およびFTP サーバー)としてモデル化します。 HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、およびFTP を含む主な認証スキームはサポートされています。認証のガイドについては、データプロバイダーのドキュメント内の「はじめに」セクションをご覧ください。

URI と認証値を設定した後で、DataModel を設定することでデータの構造によりよくマッチするようデータの抽象化を調整できます。

DataModel プロパティはデータがどのようにテーブルとして抽象化されるかを制御するプロパティであり、次の基本的な設定を調整します。

  • Document(デフォルト):XML データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。データプロバイダーは入れ子化した要素をデータの集約値として返します。
  • FlattenedDocuments:入れ子化したドキュメントとその親を結合して単一のテーブルに入力します。
  • Relational:個別の関連テーブルを階層化されたデータから返します。テーブルは主キーと、親ドキュメントにリンクする外部キーを含みます。

リレーショナルな抽象化の設定についての詳細は、「XML データのモデリング」セクションを参照してください。次の例で使用されているサンプルデータも存在します。 このデータには、人名、その人たちが所有する車、車に施されたさまざまなメンテナンスに関する情報が含まれます。

$conn = Connect-XML  -URI "$URI" -DataModel "$DataModel"

XML データを取得してCSV にパイプライン

次の手順で、people テーブルデータを取得して、結果をCSV ファイルにエクスポートします:

Select-XML -Connection $conn -Table people | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\mypeopleData.csv -NoTypeInformation

このように、Select-XML から取得した結果を、Select-Object cmdlet に流し、Export-Csv cmdlet に渡す前にいくつかのプロパティを除外しています。これは、CData Cmdlets が接続情報、テーブル、およびカラム情報が結果セットのそれぞれの"行"に挿入されるためです。それらの情報を表示したくない場合に、Export-Csv cmdlet に渡す前に除外を先に行い、それからCSV ファイルにエクスポートします。。

CData Cmdlets から、次のCmdlets にデータをパイプラインするところでは、接続、テーブル、カラムの情報が必要です。

データの削除

以下のように、指定に合致するレコードを削除することができます:

Select-XML -Connection $conn -Table people -Where "[ personal.name.last ] = Roberts" | Remove-XML

データの挿入と更新

CData Cmdlets は、データの加工やクレンジングを行うことができます。以下の手順では、CSV ファイルのデータを、挿入対象のオブジェクトに同じレコードが存在するかを確認した上で、存在する場合にはデータの更新、存在しない場合にはデータの挿入を行います。

Import-Csv -Path C:\MypeopleUpdates.csv | %{
  $record = Select-XML -Connection $XML -Table people -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  if($record){
    Update-XML -Connection $xml -Table people -Columns ("[ personal.name.first ]","[ personal.name.last ]") -Values ($_.[ personal.name.first ], $_.[ personal.name.last ]) -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  }else{
    Add-XML -Connection $xml -Table people -Columns ("[ personal.name.first ]","[ personal.name.last ]") -Values ($_.[ personal.name.first ], $_.[ personal.name.last ])
  }
}

このように、CData Cmdlets でデータ連携をシンプルに構成できます。Cmdlets では、モジュールのインストール、接続プロパティの設定だけで、データ連携の構築を始めることができます。是非、CData PowerShell Cmdlets の無償試用版をダウンロードして、シンプルかつパワフルなデータ連携を体感してください。