製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

YouTube Analytics データに連携するAppSheet アプリを作成

CData Connect Server を使って、ノーコードでYouTube Analytics に連携する業務アプリケーションをAppSheet で作成。

宮本航太
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2022-04-17

こんにちは!プロダクトスペシャリストの宮本です。

AppSheet は、業務アプリケーションをノーコードで開発できるGoogle 提供のサービスです。モバイル、タブレット、ウェブアプリケーションをノーコードで作成できます。AppSheet とCData Connect Server を一緒に使うことで、簡単にYouTube Analytics データに連携する業務アプリを開発できます。この記事では、AppSheet とConnect Server を使ってYouTube Analytics に連携するシンプルなアプリケーションを作成する方法を紹介します。

CData Connect Server は、YouTube Analytics データのインターフェースを仮想SQL Server として提供し、AppSheet でネイティブにサポートされたデータと同じように連携するアプリケーションが作成できます。AppSheet でデータにアクセスするアプリでは、内部でSQL クエリを発行しています。CData Connect Server がAppSheet が発行するSQL クエリ(フィルタリングやJOIN も可能)をパースしてYouTube Analytics に送り、AppSheet にYouTube Analytics からのデータを返します。インテリジェントなサーバーサイドプロセスで、多様なクエリをパフォーマンス良く利用できます。

ホスティングについて

AppSheet からCData Connect Server に接続するには、利用するConnect Server インスタンスをネットワーク経由での接続が可能なサーバーにホスティングして、URL での接続を設定する必要があります。CData Connect がローカルでホスティングされており、localhost アドレス(localhost:8080 など)またはローカルネットワークのIP アドレス(192.168.1.x など)からしか接続できない場合、AppSheet はCData Connect Server に接続することができません。

クラウドホスティングでの利用をご希望の方は、AWS MarketplaceGCP Marketplace で設定済みのインスタンスを提供しています。


YouTube Analytics の仮想SQL Server データベースを作成

まずは、右側のサイドバーからCData Connect Server の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。CData Connect Server では、直感的なインターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行えます。

  1. Connect Server にログインして、「CONNECTORS」をクリックします。 データベースを追加
  2. 利用できるデータソースアイコンから"YouTube Analytics" を選択します。
  3. YouTube Analytics に接続するために必要なプロパティを入力します。

    YouTube Analytics への接続には、OAuth 認証標準を使います。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。組織全体のアクセススコープをCData 製品に許可するには、サービスアカウントが必要です。下記で説明するとおり、CData 製品はこれらの認証フローをサポートします。

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次を設定して、接続してください。ChannelId:YouTube チャンネルのId に設定。指定しない場合、認証されたユーザーのチャンネルのデータが返されます。ContentOwnerId:コンテンツ所有者のレポートを生成する場合に設定。接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。CData 製品がOAuth プロセスを完了します。

    他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. 「Test Connection」をクリックします。
  5. 「Permission」をクリックして、接続で使用したいユーザーに適切な権限を指定します。

これで、YouTube Analytics の仮想データベースが作成でき、AppSheet からの連携が可能になりました。

AppSheet でYouTube Analytics データを連携利用

以下の手順を実行することで、CData Connect Server を使ってAppSheet からYouTube Analytics データソースにアクセスできます。

  1. まずはAppSheet にログイン。
  2. メニューの「Account settings」をクリックします。
  3. 「Sources」タブをクリックして、「+New Data Source」ボタンから新しいデータソースを追加します。 AppSheet で新規データソースを作成
  4. 「Cloud Database」を選択して、接続情報を設定します。
    • Type:SQL Server
    • Server: 接続するCData Connect Serverインスタンス、例:CONNECT_SERVER_URL:1433
    • Database:仮想データベース名、例: YouTubeAnalytics1
    • Username:Connect Server で接続許可を与えたユーザー名
    • Password:Connect Server ユーザーのパスワード
    • SSL:Don't Require SSL
    Connect Server への接続情報を指定
  5. 「Test」をクリックします。
  6. 「Authorize Access」をクリックします。

アプリを作成

これで、YouTube Analytics のデータソースが作成されました。いよいよYouTube Analytics に連携するアプリを開発します。メニューから「My apps」をクリックします。

  1. 「Create」->「App」->「Start with existing data」の順にクリックして、新しいアプリの作成を始めます。 新しいアプリの作成
  2. アプリの名前と適切なカテゴリーを設定します。
  3. 新しく作成したデータソース (例:database-1) を選択します。
  4. 次の画面で、データソースのテーブルとビューの一覧を確認できます。アプリ作成で使用したいデータを選択してください。 テーブルの選択

これで、選択したテーブルからカラムを選んで、アプリをデザインできます。Preview パネルでデザインしたアプリを確認して、パブリッシュしましょう。

Connect Server でデータ連携したアプリをデザイン。

アプリケーションから250以上のSaaS、ビッグデータ、NoSQL、会計、CRM、MA などのツールにSQL でデータ連携するには、CData Connect Server をぜひお試しください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。