製品をチェック

Zoho CRM ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Zoho CRM アイコン Zoho CRM ODBC Driver 相談したい

Zoho CRM ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなZoho CRM アカウントデータに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにZoho CRM データにアクセスし、潜在顧客、連絡先、営業案件、アカウントなどの読み、書き、更新を実行できます。

業務アプリ構築ツールコンテキサーで、Zoho CRM と連携したアプリを作成する方法

コンテキサーでZoho CRM と連携したアプリを作成する方法を紹介します。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2023-03-17
zohocrm ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Contexer ロゴ

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

コンテキサーとは、株式会社アプストウェブが提供する業務アプリケーションを構築のための純国産ノンプログラミング開発ツールです。CSVファイルやクラウドデータベース、ODBC 経由でのRDBのデータをもとに、ノンプログラミングで様々な業務アプリケーションを短時間で開発できるのが特徴です。

コンテキサーではRDBと連携する仕組みが標準提供されており、この機能を介してSQL ServerやMySQLなどにアクセスできるようになっています。そして、この機能とCData ODBC Driver for ZohoCRM を組み合わせることで、各種クラウドサービスのAPIにアクセスすることができるようになります。

コンテキサー連携アプリ

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Zoho CRM をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにZoho CRM データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてZoho CRM の接続を設定、2.Active Query Builder 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとZoho CRM への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからZohoCRM ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

インストール後、ODBC DSN(データソース名)で接続プロパティを設定します。これはドライバーのインストールの最後の手順にあたります。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および設定できます。

Zoho CRM はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得しなければなりません。認証方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

Zoho CRM CData 製品はパフォーマンスを向上させるためにデフォルトでUseServerSideFiltering がTrue に設定されていますが、誤った結果が返される場合があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

Zoho CRM データをコンテキサーに連携

以下の手順で、コンテキサーでのアプリ作成を進めます。

  1. アプリを作る前に、データベースへの接続情報を追加します。「データ」タブから「データベース」をクリックします。 データベースをコンテキサーに追加(1)
  2. 以下のようにデータベース接続設定を追加する画面が表示されるので、「新規」ボタンをクリックし、先程作成したODBC 接続のDSN 名を入力します。 データベースをコンテキサーに追加(2)
  3. エンジンはCData Driver と相性の良いMySQL ベースで指定します。それ以外のサーバやデータベースなどの情報は指定不要です。 接続情報を指定
  4. 接続確認を行い、「接続に成功しました」というメッセージが表示されればOKです。「登録」をクリックしてデータベース接続情報を保存しましょう。

パネルの追加

データベース接続情報の追加が完了したら、アプリを作成していきます。今回はシンプルにZoho CRM の一覧を表示するアプリを作成します。

  1. 「定義」→「パネル追加」で「データベースから」を選択し、先程のDSN名でテーブルを一覧から選択します。今回はZoho CRM のAccounts を指定しました。 取得したいテーブルを指定
  2. 「読み込みする」ボタンをクリックします。
  3. パネルのフォーマットは任意ですが、今回は新しいシートに表形式で追加しました。
  4. これで以下のようにパネルが展開され、ODBC を経由してZoho CRM のデータがシームレスに読み込まれました! 取得したテーブルからパネルを作成

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコンテキサーからコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。