製品をチェック

Zuora ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Zuora アイコン Zuora ODBC Driver 相談したい

Zuora ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからZuora にデータ連携。

Zuora データにデータベースと同感覚でアクセスして、Zuora に使い慣れたODBC インターフェースで連携。

Zuora のデータをTableau Desktop に接続して可視化やダッシュボード構築に活用する方法

CData ODBC Driver は、Tableau へのZuora 連携をノーコードで手軽に実現します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-09-07
zuora ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Tableau Desktop ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Tableau といえば、直感的に使えるUI と高度なデータ分析・ダッシュボード構築機能を備えた人気のBI ツールですね。このTableau をCData ODBC Driver for Zuora と組み合わせることで、Tableau からリアルタイムでZuora データにアクセスできます。本記事では、CData ODBC Driver のインストールからTableau Desktop でのZuora データへの連携、ダッシュボードの構築までをステップバイステップでご紹介します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Zuora をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. Tableau をはじめとする多様なBI・帳票・データ分析ツールにZuora データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてZuora の接続を設定、2.Tableau 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

Zuora のODBC 接続を構成する

まずは、本記事右側のサイドバーからZuora ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

インストール後自動で開かれるMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使って、ODBC DSN を作成および設定できます。

Zuora はユーザー認証にOAuth 標準を使用しています。OAuth 認証ついて詳しくは、オンラインヘルプドキュメントを参照してください。

Tenant プロパティの設定

プロバイダへの有効な接続を作成するには、アカウントの設定と合致するテナント値を1つ選択する必要があります。以下は、利用可能なオプションのリストです。

  • USProduction:リクエストはhttps://rest.zuora.com に送信されます。
  • USAPISandbox:リクエストはhttps://rest.apisandbox.zuora.com に送信されます。
  • USPerformanceTest:リクエストはhttps://rest.pt1.zuora.com に送信されます。
  • EUProduction:リクエストはhttps://rest.eu.zuora.com に送信されます。
  • EUSandbox:リクエストはhttps://rest.sandbox.eu.zuora.com に送信されます。

デフォルトではUSProduction テナントを使用します。

Zuora サービスの選択

データクエリとAQuA API の2つのZuora サービスを使用します。デフォルトでは、ZuoraServiceAQuADataExport に設定されています。

DataQuery

データクエリ機能は、非同期の読み取り専用SQL クエリを実行することで、Zuora テナントからのデータのエクスポートを実現します。 このサービスは、素早く軽量なSQL クエリでの使用を推奨します。

制限

  • フィルタ適用後の、テーブルごとの入力レコードの最大数: 1,000,000
  • 出力レコードの最大数: 100,000
  • テナントごとの、実行用に送信される同時クエリの最大数: 5
  • テナントごとの、同時クエリの制限に達した後に実行用に送信され、キューに追加されるクエリの最大数: 10
  • 1時間単位での、各クエリの最大処理時間: 1
  • GB 単位での、各クエリに割り当てられるメモリの最大サイズ: 2
  • Index Join を使用する際のインデックスの最大値。言い換えれば、Index Join を使用する際にWHERE 句で使われる一意の値に基づいた、左のテーブルから返されるレコードの最大数: 20.000

AQuADataExport

AQuA API のエクスポートは、すべてのオブジェクト(テーブル)のすべてのレコードをエクスポートするように設計されています。AQuA のクエリジョブには以下の制限があります。

制限

  • AQuA のジョブ内のクエリが8時間以上実行されている場合、ジョブは自動的に停止されます。
  • 停止されたAQuA のジョブは3回再試行可能で、その後失敗として返されます。

Tableau Desktop にODBC 接続を追加する

次に、Tableau Dekstop を開いて先ほど設定したZuora へのODBC 接続を、データソースとして追加しましょう。まずは、Tableau Desktop を起動します。

  1. 起動後最初に表示される画面で、「接続」パネルから、「その他」→「その他データベース(ODBC)」をクリックします。
  2. 接続パネルからODBC 接続画面を表示
  3. 表示される画面の「DSN」に、先ほど設定したCData Zuora Source を指定して、「接続」をクリックします。完了したら、「サインイン」ボタンをクリックします。
  4. ODBC 接続画面

Zuora データへの接続はこれだけで完了です!ここからは実際にZuora データを取得して、データを使ったダッシュボードを作っていきましょう。

Tableau でZuora データを可視化する

可視化・分析に使用するZuora データを選択する

まずはZuora から可視化 / 分析に使うデータを指定します。

  1. 「データ ソース」の画面が表示されたら、「データベース」ドロップダウンで「CData」を選択します。
  2. データベースドロップダウンでCData を選択
  3. 次に、「スキーマ」ボックスで「🔎」(検索)マークをクリックして、「Zuora」を選択します。
  4. スキーマボックスでZuora を選択
  5. 次に「テーブル」ボックスで、Zuora 内の可視化したいテーブル名を検索して選択します。または、「🔎」(検索)マークをクリックしてテーブルを一覧を表示してそこから選択したり、「新しいカスタム SQL」ボタンからSQL ベースでデータをクエリすることもできます。
  6. テーブルボックスでテーブルを選択
  7. テーブルを選択すると右側の画面に選択したテーブルが表示されるので、必要に応じてテーブル間の関連付けを行います。画面下部のペインで選択したテーブルのフィールドやプレビューを参照できます。
  8. テーブルを選択して関連付けを行う
  9. 右上の「接続」メニューで「ライブ」オプションをクリックすると、Tableau へのデータロードをスキップしてリアルタイムでデータを扱うことができます。

これで、可視化に使用するデータの準備が整いました。あとは、Tableau の強力な可視化機能をフル活用してデータを可視化 / 分析できます。

Zuora データを可視化する

それでは、実際にZuora のデータを可視化してみましょう。ここでは例としてInvoices テーブルのデータを使います。

  1. データソースからシートタブに移動して、「テーブル」以下に表示されているカラムから可視化したいカラムを選択して行と列にドラッグドロップします。Tableau が自動で適切なグラフを選択くれるので、これだけでデータを可視化できました。
  2. テーブルからカラムを選択してドラッグドロップ
  3. 複数のワークシートを作成すれば、組み合わせてダッシュボードを構築することもできます。
  4. シートを組み合わせてダッシュボードを構築

Zuora からTableau へのデータ連携には、ぜひCData ODBC Driver をご利用ください

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをTableau からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

日本のユーザー向けにCData ODBC Driver は、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。