Data Connectivity: IT システムの
ミッシングリンク

CData では、550人のデータオペレーション(Ops)およびIT の意思決定者を対象に、所属企業のデータ接続・データ連携の実態を調査しました。調査結果をまとめた本レポートでは、企業がデータ接続・データ連携を実現しようとする際に直面する課題、そしてデータ接続へのハードルがどのようにデータ利活用を阻むのか、そのインサイトをお伝えします。

レポートをダウンロード
Data Connectivity: IT システムのミッシングリンク

インサイト

57%

57%のIT 担当者が業務時間の半分以上をデータリクエストへの対応に消費しています。

68%

68%のIT 担当者が、データを効率的に扱うために必要なテクニカルリソースの量に圧倒されています。

61%

61%のIT 担当者が、情報共有の最大のストッパーはセキュリティリスクと認識しています。

Window tiles

本レポートについて

CData では、従業員数200人以上の企業に所属する550人のデータオペレーション(Ops)およびIT の意思決定者に対し、データ接続の課題、および業務に関するインサイトを得るためにどのようにデータを活用しているのか、について調査を実施しました。本レポートでは、こうしたデータ接続の課題がビジネスに与える影響、そしてデータコネクティビティソリューションが、業務データへのセキュアな接続を提供することでどのように、より良い意思決定に欠かせない情報の活用を実現するのか、詳しくご紹介します。

貴社のIT・Ops チームはデータ接続の
課題を抱えていませんか?

貴社のデータ接続課題へのソリューションをご紹介します。