今すぐお試しください!

製品の詳細CData BizTalk Adapter for IBM Cloud Object Storage を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Receive Location for the CData BizTalk Adapter for IBM Cloud Object Storage を構成

CData BizTalk Adapter for IBM Cloud Object Storage を使用して、BizTalk のIBM Cloud Object Storage をプルします。受信場所を使用して、IBM Cloud Object StorageでSQL コマンドを実行し、アクションを自動化します。

この記事の手順に従ってIBM Cloud Object Storage に接続し、静的な一方向の受信場所を構成します。また、それを使用してIBM Cloud Object Storage を取得し、XML ファイルに書き込むという簡単なテストを実行できます。

受信場所はSQL コマンドを実行し、その結果を含むBizTalk メッセージを作成することができます。アップデートグラムコマンドを実行したい場合は、送信ポートを使用してください。

受信ポートを作成する

アプリケーションに受信場所を追加するには、まず受信ポートを追加する必要があります。受信ポートは複数の受信場所からのデータを受け取ることができます。

  1. 未実行の場合、BizTalk Administration Console でアプリケーションを開きます。
  2. アプリケーションを開いたら、[Receive Ports]を右クリックし、[New] -> [Static One-Way Receive Port]と進みます。受信ポートプロパティのダイアログが表示されます。
  3. [Name]メニューで、受信ポートの名前を入力します。

受信場所を作成する

受信ポートの作成後、受信場所を作成し、トランスポートタイプとしてSalesforce アダプタを使用するように構成します。

  1. [Receive Locations]を右クリックし、[New] -> [One-Way Receive Location]と進みます。
  2. 新しい受信場所がメンバとなる適切な受信ポートを選択します。受信場所プロパティのダイアログが表示されます。
  3. [Name]メニューで、受信場所の名前を入力します。
  4. 受信場所のプロパティで、[Transport Type]メニューのCData.IBMCloudObjectStorage を選択します。
  5. [Receive Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruReceive]を選択します。

アダプターを構成する

[Transport Properties]ダイアログで、アダプターが実行するコマンドを定義します。

  1. 受信場所のプロパティで、[Configure]をクリックします。アダプタの[Transport Properties]ダイアログが表示されます。
  2. [SQL Command]プロパティで、コマンドを入力します。この例では、SELECT * FROM Objectsを使用します。
使用可能なアダプタ構成プロパティについては、[Adapter Configuration]のチャプターを参照してください。

接続文字列を構成する

Connection String Options ダイアログで、資格情報とその他の接続プロパティを設定します。

  1. 受信場所のプロパティで、[Configure]をクリックします。アダプターのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [Connection String]プロパティのボタンをクリックします。
  3. [Connection String]プロパティのボックスをクリックします。[Connection String Options]ダイアログが表示されます。
  4. 接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

  5. [Test Connection]をクリックして値を確認し、接続を確認します。

プロパティとその機能についての説明は、ヘルプドキュメントを参照してください。

送信ポートを使用し、XML ファイルにデータを書き込む

静的な一方向の受信場所を送信ポートとともに使うことができます。送信ポートは、受信場所で作成されるBizTalk メッセージと関連付けられていなければなりません。ファイルにデータを書き込むために、ファイル送信ポートを作成します。

  1. [BizTalk Administration]コンソールで右クリックし、[Send Ports] -> [New] -> [Static One-Way Send Port]と進みます。
  2. 構成ウィンドウの最初で送信ポートの名前を入力し、[Type]メニューから[FILE]を選択します。

  3. 宛先フォルダを構成します。これは、ディスク上にファイルが作成される場所になります。
  4. ファイル名にマクロを使用すれば、ファイルの作成日を簡単に識別できます。デフォルトでは、%MessageId%.xml が使用されます。これはランダムに生成されたBizTalk Id であり、ユーザーフレンドリーな命名ではありません。 Objects_yyyy-MM-dd.xml の形式でファイルを作成するには、Objects_%Date%.xml と入力します。

    Noteマクロの詳細については、ヘルプドキュメントの[BizTalk Configuration]のセクションを参照してください。

  5. [OK]をクリックします。URI フィールドに値が含まれるはずです。
  6. 送信ポートの、構成画面の左側にある[Filters]をクリックします。
  7. 次のプロパティを設定します。
    プロパティ:メニューから、[BTS.InboundTransportLocation]を選択します。
    オペレーター:メニューから、[==]を選択します。
    :受信場所のURI を入力します。受信場所のプロパティに、URI が表示されます。

送信ポートを使用して、受信場所から送信されたファイルを書き込むことができます。

ロケーションとポートをエンリストして有効にする

最後に、送信ポートをエンリストし、受信場所を有効にします。送信ポートを右クリックし、[Enlist]をクリックします。次に、受信場所を右クリックし、[Enable]をクリックします。

Note最後に受信場所を有効にすることで、送信ポートによって、ファイルが書き込み用として確実にピックアップされます。

トラブルシューティング

エラーが発生しているかどうかを確認するには、[Administration Console]のナビゲーションツリーで[Event Viewer (Local)]を展開します。Windows ログを展開し、[Applications]をクリックします。

ログにはシステム上のすべてのアプリケーションのエラ-メッセージが含まれるため、エラーメッセージのソースが[CData BizTalk IBM Cloud Object Storage Receive Adapter]であることを確認することが必要です。エラーメッセージの詳細から、エラーの理由を知ることができます。エラー解消のガイダンスについては、support@cdata.com/jpにお問い合わせください。
 
 
ダウンロード