Salesforce のタスクをExcel で一括更新

by 小野未雅 | 2022年12月19日

こんにちは。CData Software Japan カスタマーサクセスの小野です。
今年もあっという間に年の瀬ですね。仙台では、雪が降り始めてきています。

今回は、Salesforce のタスク名をきれいにそろえる管理方法について、弊社のExcel Add-Inを使って紹介していきます。
この記事は、CData Software Advent Calendar 2022 19日目です。

Excel Add-Ins とは

多くの学校・企業で使われているMicrosoft Excel からSaaS やクラウドDB データの一括編集、一括挿入、データクレンジング、さらにExcel でのデータ分析やグラフ化ができる製品がExcel Add-Insです。

Excel Add-In for Salesforce


まずは、Excel Add-In for Salesforce をこちらからダウンロードします。
https://www.cdata.com/jp/drivers/salesforce/download/excel/

STEP1 : Salesforce をExcel に接続する


Excel Add-In for Salesforce をインストールしたら、いつも使っているMicrosoft Excel を開いてください。下記のように、[CData] リボンが追加されていることを確認したら、[データの取得] を選択します。


データの取得から、[Salesforce] を選び、Login URLなどの情報を入れていきます。

[接続テスト(T)]を押すと、OAuth 認証が成功したとブラウザ上に出てきます。


「サーバーに接続できました。」と出てきたら、[OK] →[OK]を押します。 これで、Salesforce への接続は完了です。

STEP 2: Salesforce のデータを取得する

次に、テーブル/ ビュー(T)の選択をクリックします。



今回は、タスク名を変更したいので、Task と検索をかけて、[CData Salesforce Task (テーブル)]を選びます。



そのままOKボタンを押します。



これで、Salesforce のタスクリストに入っていたタスクを取得できました。

STEP 3: Excel でタスク名を一括更新する


タスク名を編集すると、編集した箇所が赤字に変わります。今回はほとんどのタスク名を変更するので、真っ赤になりました。