Open Exchange Rates JDBC Driver

Java/J2EE アプリケーションからOpen Exchange Rates の外国為替データにアクセス

  • 標準JDBC 経由でOpen Exchange Rates にアクセス。
  • Java/J2EE アプリケーションからリアルタイム外国為替レート連携機能を実装。

  ダウンロード   注文

BI、帳票、ETL ツールから簡単にデータ連携

Open Exchange Rates JDBC Driver を使って、あらゆるJOBC 対応のアプリケーション・ツールからリアルタイムOpen Exchange Rates data にデータ連携できます。 ドライバーによってRDB データソースのODBC と同じ感覚で、Open Exchange Rates にSQL でデータ連携が可能になります。 CData ドライバーは単体で機能し、追加のソフトウェアのインストールは不要です。

エンタープライズレベル JDBC 接続

Open Exchange Rates JDBC Driver を使って、Java / J2EE アプリケーションから簡単に Open Exchange Rates にデータ連携することができます。RDB へのアクセスと同じ感覚で、Open Exchange Rates Driver を使うだけでデータに標準SQL でアクセス。CData ドライバーは単体で機能し、追加のソフトウェアのインストールは不要です。

  • さまざまなツールを使ってOpen Exchange Rates data にアクセス。JDBC インターフェースを使って、Java ベースのアプリケーションおよび開発テクノロジーからOpen Exchange Rates data にアクセス可能です。
  • リモート接続の高度なワイヤプロトコルSSL セキュリティ。
  • アプリケーションの配布および設定の高速化。

BI、ETL、帳票ツールからOpen Exchange Rates に接続

JDBC はJava ベースのアプリケーションをデータに接続するためのインターフェースで、幅広くサポートされています。多くのBI、帳票、ETL、データベース、およびアナリティクスツールが、JDBC 接続でデータの読み書きを行う機能を備えています。

  • Aqua Data Studio
  • Cisco Information Server
  • CloverETL
  • ColdFusion
  • Crystal Reports
  • DBeaver
  • DbVisualizer
  • IBM WebSphere
  • Informatica
  • IntelliJ
  • JBoss
  • Jetty
  • KNIME
  • NetBeans IDE
  • Oracle WebLogic
  • Oracle WareHouse Builder
  • RazorSQL
  • ... ほか

Open Exchange Rates Driver により、標準準拠のJava JDBC ドライバーでOpen Exchange Rates サービスに複雑な操作なしにデータ連携ができます。アプリケーションからOpen Exchange Rates Driver を通じてシンプルなTransact-SQLを使い、Open Exchange Rates にアクセスします。

CData JDBC Driver for Open Exchange Rates はデータ連携の問題を解決し、パワフルなセキュリティ機能、スマートキャッシング、バッチ処理、ソケットマネジメントなどを実現します。

Open Exchange Rates アプリケーション統合

Open Exchange Rates Driver はConnection、Statement、ResultSet を含む、MySQL やOLEDB 向けのJDBC ドライバーと同じJDBC アーキテクチャを有します。そのため、Open Exchange Rates データに使い慣れた方法で連携できます。Open Exchange Rates Driver は標準的なIDE(Eclipse、IntelliJ、NetBeans、etc.)で利用できます。馴染みのあるクラスでのコーディングや、Swing やEclipse SWT Widgets などのデータコントロールから利用できます。

例:

Connection conn = 
	DriverManager.getConnection("jdbc:openexchangerates:user=myuseraccount;password=mypassword;");

boolean ret = stat.execute("SELECT * FROM ");
ResultSet rs=stat.getResultSet();
while(rs.next()){
  for(int i=1;i<=rs.getMetaData().getColumnCount();i++)
  {
    System.out.println(rs.getMetaData().getColumnName(i) +"="+rs.getString(i));
  }
}


双方向連携:CRUD をフルサポート

Open Exchange Rates Driver はRead-only 機能にとどまらず、CRUD 処理(作成、取得、更新、削除)をフルサポートしています。アプリケーションのエンドユーザーはRDB を利用するように、Open Exchange Rates Driver が表示するデータを簡単に活用できます。

Connection conn = 
	DriverManager.getConnection("jdbc:openexchangerates:user=myuseraccount;password=mypassword;");
	
String query = "UPDATE  SET Where= ..."; 

PreparedStatement pstmt = conn.prepareStatement(query);
pstmt.setString(1, "Location");
pstmt.setString(2, "UID");
pstmt.execute();
int count=pstmt.getUpdateCount();


ドライバー 機能

  • Pure Java タイプ 4/5* 準拠のドライバー: Java アーキテクチャ完全準拠で、クライアント側のライブラリに依存しないネイティブプロトコルを実現します。
    * CData ドライバーはタイプ5ドライバーの定義を満たします(正式にはJDBCは4タイプ)。
  • All-In-One 配布: JDBC 3.0、JDBC 4.0要件、およびJVM 1.5版を満たすシングルJAR。
  • 互換性認証済み*: CData ドライバーは広範囲な水準のテストを行っているほか、SAP Crystal Reports、Pentaho、Business Objects、Crystal Reports などの業界トップクラスのアナリティクス・帳票ツールから互換性認証を受けています。
    * こちらから ナレッジベース how-to 記事をご覧ください。
  • 開発者にやさしい: clipse、IntelliJ、NetBeans などの主要なJava IDE をデザインタイムでサポート。
  • JDBC リモーティング: CData のリモーティング機能を使って、異なるプラットフォーム(Java、.NET、C++、PHP、Python、etc.)のさまざまなクライアントからの接続(ODBC、JDBC など)が可能なJDBC 接続をホストすることができます。JDBC リモーティングにより、MySQL ワイヤプロトコルサーバーが利用できます。
  • レプリケーションとキャッシング: CData のレプリケーションやキャッシングコマンドにより、簡単にローカルおよびクラウドデータストア(Oracle、SQL Server、Google Cloud SQL、etc.)へのデータのコピーができます。レプリケーションコマンドはインテリジェントな差分更新によるデータのキャッシュを行う機能を備えています。
  • 文字列型、日付型、数値型のSQL 関数群: CData ドライバーは50以上の関数ライブラリを持ち、カラムと出力フォーマットを操作します。代表的な例では正規表現、JSON、およびXML 処理機能があります。
  • コラボラティブクエリ処理: CData ドライバーはクライアント側における追加処理を実現することにより、接続するデータソースの機能を高め、SUM、AVG、MAX、MIN などの分析集計を可能にします。
  • カスタマイズや設定が容易: JDBC ドライバーのデータモデルはテーブル / カラムの追加や削除、データ型の変更などのカスタマイズが簡単に行えます。追加ビルドは不要です。カスタマイズは、human-readable スキーマを使ってランタイムで編集ができます。
  • セキュアな接続: すべてのクライアント - サーバー間接続において、TLS / SSL データ暗号化などのエンタープライズレベルのセキュリティ機能が備わっています。

エンタープライズレベルのリモーティング

Open Exchange Rates データのMySQL / SQL エントリーポイント

CData JDBC ドライバーには完全に統合されたパワフルなリモーティング機能が備わっており、バーチャルにどこからでもOpen Exchange Rates data にアクセスできます。CData ドライバーは、インカミングSQL およびMySQL クライアント接続の受容と、データベースの標準リクエストへのサービスのオプション機能を備えています。

CData JDBC ドライバーを使って、SQL Server またはMySQL をサポートするあらゆるクライアントからOpen Exchange Rates データに連携できます。ウェブやモバイルアプリケーションからCRM、CMS システム、SQL Server Analysis Services のようなBI ツール、さらにはMySQL Workbench のような馴染みのあるマネージメントアプリケーションなどでの連携が可能です。

  • 外部データにアクセスできるいかなるアプリケーションからでも、Open Exchange Rates data にバーチャルにアクセスします。SQL Server またはMySQL データにアクセスできるアプリケーションであれば、このドライバーを使ってOpen Exchange Rates に接続できます。
  • Open Exchange Rates data をSQL Server Analysis Services のような馴染みのあるBI ツールに接続できます。
  • SQL リンクサーバー接続経由で、エンタープライズOpen Exchange Rates data 統合を実現します。
  • リモートデータベース接続の業界標準であるMySQL およびSQL (TDS) リモートアクセスプロトコルをサポートしています。
  • リモート接続には高度なワイヤプロトコル SSL セキュリティを提供しています。


コーディングによるOpen Exchange Rates データへの接続

Open Exchange Rates ドライバーはSQL Server またはMySQL の標準インターフェースを備え、データの読み出し / 書き込み(CRUD)をサポートします。どのソリューションアーキテクチャであっても、このパワフルなリモーティング機能を使ってアプリケーションを簡単にOpen Exchange Rates data に接続できます。

標準的なクライアントライブラリの一つを使ってNET、Java、PHP、Python、Ruby、Objective-C、etc. からSQL / MySQL にアクセスし、Open Exchange Rates への統合を始めましょう。


JDBC Driver パフォーマンス

伝統的なリモートアクセスのアプローチでは、パフォーマンスがアプリケーションのボトルネックです。アプリケーションが社内利用であれ、商用であれ、ウェブやモバイルアプリケーションであれ、スローなパフォーマンスはプロジェクトの成功を妨げます。リモートソースにアクセスすること自体がパフォーマンス悪化の問題をはらんでいるのです。以下は代表的な問題です。

  1. ネットワーク接続 - モバイルアプリケーションでよくある、スローなネットワーク接続や遅延の問題。
  2. サービスの遅れ - サーバー側のハードウェアやソフトウェアの更新によるサービスの中断がもたらす遅れ。
  3. 大容量データ - 大容量データの意図的な、もしくは意図しない要求。
  4. 切断 - ネットワーク接続の切断。

CData JDBC Driver for Open Exchange Rates のパワフルなスマートキャッシング技術を使って、パフォーマンスを大幅に向上させアプリケーションのボトルネックを解消できます。

スマートキャッシング

スマートキャッシングをオプションとして設定可能です。クエリされたデータをローカルデータベースにソートできます。スマートキャッシングを有効にすると、パーシスタントなローカルキャッシュデータベースが作成され、リモートソースから取得したデータのレプリカが保持されます。小さく軽量で高速なキャッシュデータベースは、パーシスタントストレージとして複数の接続が可能です。

JDBC Driver を使ったキャッシュは、以下を含む多くのオプションにより柔軟な設定ができます。

  • オートキャッシュ - すべての要求に対し、自動でデータのローカルキャッシュを保持。CData プロバイダーを使うと、SELECT クエリを実行するたびに自動的にデータをキャッシュデータベースにロードします。クエリで返された各行は、必要に応じてキャッシュデータベースの対応するテーブルに挿入および更新されます。
  • エクスプリシットキャッシュ - オンデマンドでのキャッシュ。格納するデータとそれを更新するタイミングを細かく設定できます。エクスプリシットキャッシュでCACHE ステートメントを明示的に実行すると、キャッシュコンテンツをフルコントロールできます。
  • ノーキャッシュ - すべての要求はライブデータにのみアクセスし、ローカルキャッシュファイルは作成されません。

このパワフルなキャッシング機能を使うとアプリケーションのパフォーマンスを向上し、オフラインでもアプリケーションの一部機能を継続的に利用できます。ローカルストレージや、データのシリアライゼーション / デシリアライゼーションのためのコーディングは不要です。

JDBC Driver のキャッシングに関する情報およびベストプラクティスは、ヘルプファイルをご覧ください。


Open Exchange Rates JDBC Driver のスタートアップガイド

Open Exchange Rates JDBC Driver の利用を始めましょう。標準Java JDBC ドライバーであるOpen Exchange Rates Driver は、Java/J2EE アプリケーションと同様にEclipse、IntelliJ、NetBeans などの主要なIDE にシームレスに統合します。

 

Eclipse 統合 - データエクスプローラー

JDBC ドライバーである Open Exchange Rates JDBC Driver を使って、Open Exchange Rates データに一般的なJava IDE で利用可能なデータソースエクスプローラーから直接アクセスできます。


方法はとても簡単です。JDBC の標準ドライバーとして、ほかの標準データベースに接続するのと同様の方法でデータソースエクスプローラーからOpen Exchange Rates JDBC Driver にアクセスできます。

  1. サーバーエクスプローラーで[接続の追加]からOpen Exchange Rates データソースを選択します。
  2. 設定画面でお客様のOpen Exchange Rates アカウントデータにアクセスするための基本的な接続プロパティ設定を行います。

リアルタイムデータを使ってみましょう!Open Exchange Rates JDBC Driver を使って、あらゆるモダンなJava IDE からOpen Exchange Rates ライブデータに簡単にアクセスできます。

  1. 接続の設定後、Open Exchange Rates JDBC ドライバーから提供されるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャを参照できます。
  2. この構造はOpen Exchange Rates のライブデータを返し、開発者はIDE から直接利用が可能です。