Powershell からの Act-On データ連携タスクを自動化

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On ADO.NET Provider

Act-On マーケティングオートメーションデータに簡単にデータ連携して.NET アプリケーションに Campaigns、Programs、Reports を統合!



PowerShell から Act-On に簡単に接続する方法をお探しですか? CData ADO.NET Provider for Act-On は、PowerShell スクリプトの優位性を使い、シンプルで簡単に使えるADO.NET インターフェース を提供します。PowerShell スクリプトで、ADO.NET オブジェクトを使って簡単にAct-On に接続して、同期、自動化、ダウンロードなどが可能!



CData ADO.NET Provider for Act-On は、ADO.NET 標準インターフェースへ統合し、PowerShell のような. NET アプリケーションからAct-On API へのデータ連携を可能にします。このプロバイダーは、Act-On の認証および相互作用を簡単にします。このチュートリアルでは、PowerShell から直接SQL クエリを実行するための、いくつかの一般的なADO.NET オブジェクトの使い方を説明します。

CRUD コマンドの実行

次の3つのステップに従って SELECT クエリ PowerShell からリアルタイムAct-On に実行:

  1. プロバイダーのアセンブリをロード:

    [Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\Program Files\CData\CData ADO.NET Provider for Act-On\lib\System.Data.CData.ActOn.dll")
  2. Act-On に接続:

    ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

    認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

    $constr = "" $conn= New-Object System.Data.CData.ActOn.ActOnConnection($constr) $conn.Open()
  3. ActOnDataAdapter のインスタンスを生成してSQL クエリを実行し、結果を出力:

    $sql="SELECT Id, Name from Images" $da= New-Object System.Data.CData.ActOn.ActOnDataAdapter($sql, $conn) $dt= New-Object System.Data.DataTable $da.Fill($dt) $dt.Rows | foreach { Write-Host $_.id $_.name }