DBArtisan でAct-On データに連携

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act-On ODBC Driver

Act-On ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートする多様なツールからAct-On にデータ連携。

Act-On にDB と同感覚でODBC インターフェースでアクセスが可能に。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

DBArtisan のウィザードを使って、Act-On をデータソースとして連携利用。



DB Artisan からAct-On データに連携

ODBC

DB Artisan

CData ODBC Driver for Act-On は、DBArtisan などのデータベースツールとAct-On data を連携し、RDB のような感覚でAct-On データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でAct-On データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にAct-On Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Act-On への接続に必要なプロパティを設定します。

ActOn はOAuth 認証標準を利用しています。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得する必要があります。

認証方法についての詳細は、ヘルプドキュメントの「認証の使用」を参照してください。

次の方法で、プロジェクトにAct-On データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してAct-On への接続を完了します。Act-On のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにAct-On データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。