今すぐお試しください!

製品の詳細CData BizTalk Adapter for Amazon Athena を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Use Updategrams with Amazon Athena Data

You can use updategrams to insert, update, and delete Amazon Athena data. This guide shows how to use the CData BizTalk Adapter for Amazon Athena to generate updategram schemas and instances.

In this article, you will create updategrams that can be executed by the CData BizTalk Adapter for Amazon Athena. You will design a schema and use it as a template for generating insert, update, and delete updategrams.

Add the Adapter for Amazon Athena to Your Project

Use the Add Adapter wizard to add the adapter to a BizTalk Server project in Visual Studio. You will use the adapter to query Amazon Athena for metadata about the table you want to modify.

  1. Right-click on the project in the Solution Explorer and click Add -> Add Generated Items.
  2. Select Add Adapter Metadata in the resulting dialog box.
  3. In the resulting Add Adapter Wizard, select the CData BizTalk Adapter for Amazon Athena from the list view.
  4. In the Port menu, leave the selection blank. Or, select a receive location or send port that has been configured to use the adapter.
  5. When you click Next, the Schema Wizard is displayed.

Generate a Schema for an Updategram

Follow the steps below to create a schema in a BizTalk Server project in Visual Studio.

  1. If you have not already done so, add the Amazon Athena adapter to your project.
  2. On the Connection String page of the Add Adapter wizard, enter authentication credentials and other connection properties, if they were not already configured in the send port or receive location. Below is a typical connection string:

    AccessKey='a123';SecretKey='s123';Region='IRELAND';Database='sampledb';S3StagingDirectory='s3://bucket/staging/';

    Amazon Athena への接続

    Amazon Athena リクエストの認証には、アカウントの管理のクレデンシャルか、IAM ユーザーのカスタムPermission を設定します。 AccessKey にAccess Key Id、SecretKey にはSecret Access Key を設定します。

    Note: AWS アカウントアドミニストレータとしてアクセスできる場合でも、AWS サービスへの接続にはIAM ユーザークレデンシャルを使用することが推奨されます。

    Access Key の取得

    IAM ユーザーのクレデンシャル取得は以下のとおり:

    1. IAM コンソールにログイン。
    2. Navigation ペインで[ユーザー]を選択。
    3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択。

    AWS ルートアカウントのクレデンシャル取得は以下のとおり:

    1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインイン。
    2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択。
    3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成。

    EC2 インスタンスからの認証

    EC2 インスタンスから本製品を使用していて、そのインスタンスにIAM ロールが割り当てられている場合は、認証にIAM ロールを使用できます。 これを行うには、UseEC2Roles をtrue に設定しAccessKeySecretKey を空のままにします。 本製品は自動的にIAM ロールの認証情報を取得し、それらを使って認証します。

    AWS ロールとして認証

    多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。 代わりにRoleARN を指定してAWS ロールを使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。 (すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、役割を担うIAM ユーザーのAccessKeySecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey およびSecretKey を指定する場合、 ロールは使用できません。

    MFA での認証

    多要素認証を必要とするユーザーおよびロールには、MFASerialNumber およびMFAToken 接続プロパティを指定してください。 これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでMFA 認証情報を送信します。一時的な認証情報の有効期間 (デフォルトは3600秒)は、TemporaryTokenDuration プロパティを介して制御できます。

    Amazon Athena への接続

    AccessKeySecretKey プロパティに加え、DatabaseS3StagingDirectoryRegion を設定します。Region をAmazon Athena データがホストされているリージョンに設定します。S3StagingDirectory をクエリの結果を格納したいS3内のフォルダに設定します。

    接続にDatabase が設定されていない場合は、本製品はAmazon Athena に設定されているデフォルトデータベースに接続します。

    See the "BizTalk Configuration" chapter in the help documentation for more information on the required connection properties.

  3. On the Schema Information page, click Send Port in the General Options section. Select Updategram from the CommandType menu. If you are using the adapter in a solicit-response send port, disable the One-Way option.
  4. On the next page, Statement Information, select the type of the updategram: Insert, Update, or Delete. Select the Table name and the columns you want to include in the schema. If you want to update or delete, the Id column is required.

    Note: When you create the updategram, you are limited to modifying the columns you include in the schema.

  5. Click Next to view a summary of the schema and finish the wizard to create the schema. The resulting .xsd file is added to your project.

Generate Insert, Update, and Delete Instance Messages

After you create the updategram schema, you can use the .xsd file to generate the updategram: Right-click the .xsd file and select Generate Instance. You can also use this file as a template to manually create updategrams. Below are example generated updategram instances for inserts, updates, and deletes:

Insert

An example of INSERT is below. In this instance, there is only an after block, which specifies how the data will change.

<ns0:parameters xmlns:ns0="http://www.cdata.com/jp/AmazonAthenaProvider"> <ns0:sync> <ns0:before></ns0:before> <ns0:after> <ns0:Customers Name="Name_0" TotalDue="TotalDue_1" /> </ns0:after> </ns0:sync> </ns0:parameters>

Update

An example of UPDATE is below. In this instance, there is both a before block (how the data currently exists in the table) and an after block (how the data will change).

<ns0:parameters xmlns:ns0="http://www.cdata.com/jp/AmazonAthenaProvider"> <ns0:sync> <ns0:before> <ns0:Customers Id=001d000000YBRseAAH></ns0:Customers> </ns0:before> <ns0:after> <ns0:Customers Name="Name_0" TotalDue="TotalDue_1" ></ns0:Customers> </ns0:after> </ns0:sync> </ns0:parameters>

Delete

An example for DELETE is below. The after block will be empty to show that it is removing the item.

<ns0:parameters xmlns:ns0="http://www.cdata.com/jp/AmazonAthenaProvider"> <ns0:sync> <ns0:before> <ns0:Customers Id=001d000000YBRseAAH></ns0:Customers> </ns0:before> <ns0:after></ns0:after> </ns0:sync> </ns0:parameters>

Processing Schemas

To use updategrams to insert, update, or delete Amazon Athena records, see the tutorial.

 
 
ダウンロード