PowerBuilder からAzure Data Catalog データに接続してみた

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Catalog ADO.NET Provider

Azure Data Catalog データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



この記事ではCData ADO.NET Provider for Azure Data Catalog を使ってPowerBuilder からAzure Data Catalog にアクセスする方法を説明します。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for Azure Data Catalog をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for Azure Data Catalog を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    InitiateOAuth=GETANDREFRESH

    You can optionally set the following to read the different catalog data returned from Azure Data Catalog.

      CatalogName: Set this to the CatalogName associated with your Azure Data Catalog. To get your Catalog name, navigate to your Azure Portal home page > Data Catalog > Catalog Name

    Connect Using OAuth Authentication

    You must use OAuth to authenticate with Azure Data Catalog. OAuth requires the authenticating user to interact with Azure Data Catalog using the browser. For more information, refer to the OAuth section in the help documentation.

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=Id}" Header="Id" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=DslAddressDatabase}" Header="DslAddressDatabase" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for Azure Data Catalog アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.AzureDataCatalog.AzureDataCatalogConnection conn conn = create System.Data.CData.AzureDataCatalog.AzureDataCatalogConnection(connectionString) System.Data.CData.AzureDataCatalog.AzureDataCatalogCommand comm comm = create System.Data.CData.AzureDataCatalog.AzureDataCatalogCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.AzureDataCatalog.AzureDataCatalogDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.AzureDataCatalog.AzureDataCatalogDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。