CData Mule コネクタをオンプレミスまたはクラウドにデプロイ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Lake Storage MuleSoft Connector



CData MuleSoft Connector for Azure Data Lake Storage をMule アプリケーションに埋め込み、MuleSoft CloudHub またはオンプレミスサーバーにデプロイ。

CData Mule Connector for Azure Data Lake Storage は、Azure Data Lake Storage データをMule アプリケーションに接続し、身近なSQL クエリで読み機能を有効にします。Connector を使用することで、ユーザーはライブAzure Data Lake Storage データにアクセスできるMule アプリケーションを簡単に作成できます。また、内部アクセスのためのオンプレミスサーバーへのデプロイや、ダイレクトクラウドアクセスのためのMuleSoft CloudHub へのデプロイが可能になります。

Mule アプリへのAzure Data Lake Storage 接続を追加する

この記事では、CData Mule Connector for Azure Data Lake Storage をアプリケーションに組み込み、そのアプリケーションをMuleSoft CloudHub およびオンプレミスサーバーにデプロイする手順を説明します。CData Azure Data Lake Storage Connector に加えて、Mule およびAnypoint Studio をインストールする必要があります。

Azure Data Lake Storage 接続を埋め込む

以下のステップは、Azure Data Lake Storage Connector をプロジェクトに追加し、接続とコネクタを構成する方法の概要です。

  1. Anypoint Studio で新しいMule プロジェクトを作成します。
  2. CData Azure Data Lake Storage Connector をアプリケーションに追加します。
  3. 新しいConnection を作成(または既存のものを編集)し、Azure Data Lake Storage に接続するプロパティを設定します。(以下を参照)接続を設定したら、「Test Connection」をクリックしてAzure Data Lake Storage への接続を確認します。

    Authenticating to a Gen 1 DataLakeStore Account

    Gen 1 uses OAuth 2.0 in Azure AD for authentication.

    For this, an Active Directory web application is required. You can create one as follows:

    1. Sign in to your Azure Account through the .
    2. Select "Azure Active Directory".
    3. Select "App registrations".
    4. Select "New application registration".
    5. Provide a name and URL for the application. Select Web app for the type of application you want to create.
    6. Select "Required permissions" and change the required permissions for this app. At a minimum, "Azure Data Lake" and "Windows Azure Service Management API" are required.
    7. Select "Key" and generate a new key. Add a description, a duration, and take note of the generated key. You won't be able to see it again.

    To authenticate against a Gen 1 DataLakeStore account, the following properties are required:

    • Schema: Set this to ADLSGen1.
    • Account: Set this to the name of the account.
    • OAuthClientId: Set this to the application Id of the app you created.
    • OAuthClientSecret: Set this to the key generated for the app you created.
    • TenantId: Set this to the tenant Id. See the property for more information on how to acquire this.
    • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.

    Authenticating to a Gen 2 DataLakeStore Account

    To authenticate against a Gen 2 DataLakeStore account, the following properties are required:

    • Schema: Set this to ADLSGen2.
    • Account: Set this to the name of the account.
    • FileSystem: Set this to the file system which will be used for this account.
    • AccessKey: Set this to the access key which will be used to authenticate the calls to the API. See the property for more information on how to acquire this.
    • Directory: Set this to the path which will be used to store the replicated file. If not specified, the root directory will be used.
  4. Operation、Query タイプ、SQL クエリを使用してCData Azure Data Lake Storage Connector を構成します。
  5. アプリケーションを終了して保存します。

アプリケーションが完成したら、Anypoint Studio をAnypoint Platform と組み合わせて使用し、MuleSoft CloudHub インスタンスまたはオンプレミスサーバーにアプリケーションをデプロイできます。

MuleSoft CloudHub にデプロイする

  1. 「Project」を右クリックし、「Anypoint Platform」->「Deploy to Cloud」を選択します。
  2. デプロイメントを設定し、「Deploy Application」をクリックします。
  3. デプロイが完了したら、Anypoint Platform Runtime Manager に移動してデプロイされたアプリケーションを管理します。

アプリケーションがデプロイされると、必要なパラメータを追加してApp URL に移動することで、Web 上のどこからでもアクセスできるようになります。

オンプレミスサーバーにデプロイする

Anypoint Platform を介してMule アプリケーションをオンプレミスサーバーにデプロイするには、Mule Server インスタンスをマシンにインストールする必要があります。以下のステップでは、Anypoint Platform にオンプレミスサーバーを追加し、Mule アプリケーションをデプロイする方法を説明します。

オンプレミスMule Server をAnypoint Platform に追加する

  1. 実行中の場合、オンプレミスのMule Server を停止します。
  2. Anypoint Platform に移動して「Add Server」をクリックし、サーバーを追加するセキュリティトークンを含むコマンドを表示します。
  3. MuleSoft Runtime Manager Agent をセットアップします(Windows の場合、amc_setup.bat ... を実行)。

    %MULE_HOME%\bin> amc_setup -H 12ab3cd4-567e-8fa9-0123-4b56c7de8901---234567 MYSERVER
  4. オンプレミスMule Server を開始します(Windows の場合、mule.bat を実行)。

    %MULE_HOME%\bin> mule

Mule アプリケーションをデプロイする

  1. Anypoint Studio で、「project」を右クリックし、「Export」を選択します。
    • Mule フォルダにて、「Anypoint Studio Project to Mule Deployable Archive」を選択し、「Next」をクリックしてデプロイ可能なファイルを作成します。
  2. Anypoint Platform Runtime Manager で「Applications」に移動し、「Deploy Application」をクリックします。
    • アプリケーションに名前を付けます。
    • Deployment Target としてオンプレミスサーバーを選択します。
    • 「Application File」の下で「Choose file」->「Upload file」とクリックし、エクスポートしたプロジェクトを選択します。
    • 「Deploy Application」をクリックします。

アプリケーションをオンプレミスサーバーにデプロイすると、サ-バーにアクセス可能な任意のブラウザからアクセスできるようになります。サーバーのアドレスとポートに移動し、アプリケーションに必要なURL パラメータを追加します。

これで、Azure Data Lake Storage データを使用するMule アプリケーションがデプロイできました。Mule Connector for Azure Data Lake Storage の30日間の無償トライアルをダウンロードして、Mule アプリケーションでCData の強力なデータ連携をご体感ください。