PowerShell Cmdlets でBigCommerce データをCSV にエクスポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

BigCommerce Cmdlets

BigCommerce データにリアルタイム連携を実現するPowerShell Cmdlets。Cmdlets を使って、SQL Server と同感覚で多様なデータにリアルタイムアクセス。



標準PowerShell cmdlets を使ってBigCommerce テーブルにアクセスして、CSV にエクスポート。

CData Cmdlets Module for BigCommerce は、直感的なBigCommerce データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、BigCommerce Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

BigCommerce への接続を設定

BigCommerce 認証は標準のOAuth フローに基づいています。

Store ID の取得

BigCommerce Store に接続するには、StoreId が必要です。Store Id を確認するには、以下の手順に従ってください。

  1. BigCommerce アカウントにログインします。
  2. ホームページから[Advanced Settings]->[API Accounts] を選択します。
  3. [Create API Account]->[Create V2/V3 API Token]をクリックします。
  4. 画面にAPI Path という名前のテキストボックスが表示されます。
  5. テキストボックス内に、次の構造のURL が表示されます:https://api.bigcommerce.com/stores/{Store Id}/v3。
  6. 上記で示したように、Store Id は'stores/' と'/v3' パスパラメータの間にあります。
  7. Store Id を取得したら、[キャンセル] をクリックするか、まだ持っていない場合はAPI Account の作成に進むことができます。

個人用アクセストークンの取得

加えて、自分のデータをテストおよびアクセスするには、個人用トークンを取得する必要があります。個人用トークンを取得する方法は次のとおりです。

  1. BigCommerce アカウントにログインします。
  2. ホームページから[Advanced Settings]->[API Accounts] を選択します。
  3. [Create API Account]->[Create V2/V3 API Token]をクリックします。
  4. アカウント名を入力します。
  5. 作成するAPI Account の[OAuth Scopes]を選択します。本製品 は"None" とマークされたデータにアクセスできません。また、"read-only" とマークされたデータを変更できません。
  6. [保存]をクリックします。

BigCommerce への認証

次に、以下を設定してデータに接続できます。
  • StoreId:API Path テキストボックスから取得したStore ID に設定。
  • OAuthAccessToken:生成したトークンに設定。
  • InitiateOAuth:OFF に設定。

$conn = Connect-BigCommerce  -OAuthClientId "$OAuthClientId" -OAuthClientSecret "$OAuthClientSecret" -StoreId "$StoreId" -CallbackURL "$CallbackURL"

BigCommerce データを取得してCSV にパイプライン

次の手順で、Customers テーブルデータを取得して、結果をCSV ファイルにエクスポートします:

Select-BigCommerce -Connection $conn -Table Customers | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myCustomersData.csv -NoTypeInformation

このように、Select-BigCommerce から取得した結果を、Select-Object cmdlet に流し、Export-Csv cmdlet に渡す前にいくつかのプロパティを除外しています。これは、CData Cmdlets が接続情報、テーブル、およびカラム情報が結果セットのそれぞれの"行"に挿入されるためです。それらの情報を表示したくない場合に、Export-Csv cmdlet に渡す前に除外を先に行い、それからCSV ファイルにエクスポートします。。

CData Cmdlets から、次のCmdlets にデータをパイプラインするところでは、接続、テーブル、カラムの情報が必要です。

データの削除

以下のように、指定に合致するレコードを削除することができます:

Select-BigCommerce -Connection $conn -Table Customers -Where "FirstName = Bob" | Remove-BigCommerce

データの挿入と更新

CData Cmdlets は、データの加工やクレンジングを行うことができます。以下の手順では、CSV ファイルのデータを、挿入対象のオブジェクトに同じレコードが存在するかを確認した上で、存在する場合にはデータの更新、存在しない場合にはデータの挿入を行います。

Import-Csv -Path C:\MyCustomersUpdates.csv | %{
  $record = Select-BigCommerce -Connection $BigCommerce -Table Customers -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  if($record){
    Update-BigCommerce -Connection $bigcommerce -Table Customers -Columns ("FirstName","LastName") -Values ($_.FirstName, $_.LastName) -Where ("Id = `'"+$_.Id+"`'")
  }else{
    Add-BigCommerce -Connection $bigcommerce -Table Customers -Columns ("FirstName","LastName") -Values ($_.FirstName, $_.LastName)
  }
}

このように、CData Cmdlets でデータ連携をシンプルに構成できます。Cmdlets では、モジュールのインストール、接続プロパティの設定だけで、データ連携の構築を始めることができます。是非、CData PowerShell Cmdlets の無償試用版をダウンロードして、シンプルかつパワフルなデータ連携を体感してください。